FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

アンタら性格悪すぎ!!!!

  • 2014/06/01(日) 08:05:45

暑い毎日で、

自分の小説サイトのお話の更新も滞りがち、、、

頭も働かず、想像力もヒートして動かないのかしらん、、、

そして、買ったのを忘れていたわけではないが、
ずっと読まないであたためてきた本がこちら



セカンド・セレナーデ full complete version (ビーボーイノベルズ)セカンド・セレナーデ full complete version (ビーボーイノベルズ)
(2005/08/17)
木原 音瀬

商品詳細を見る


木原音瀬先生の作品を読むときはドキドキするので
(結構ディープな話だと、心がずど~んとなりそうだし、、
また世界に浸りたいので、心の余裕があるときに読みたい!)

自分の心のゴーサインが出る時に読むことにしているんですね。

いつものような勝手気ままな感想と
ネタバレありかも、
それでもいいよ方のみコチラから~



本は、背拍子に『complete full version』と
銘打っているわけで、

高校生時代から大学時代への主人公の恋愛模様が
年代とともに描かれています。

高校時代のクラスメートの
明智と掛川のそれぞれの恋愛を軸に

『その後』もおさめられている、
6つの短編集からなっています。


いやあああああ、登場人物、実に実に
嫌なやあつばっかでてくるし、

どいつもこいつも、意地悪だし、いじっぱりだし、、、

本当によくもよくもこれだけの嫌な奴登場してくるもんだよ!

ってくらい、嫌な野郎大行進なのであります。

けれど、そこは木原先生の技と力~

嫌な奴らの集まりなのにそこに静かに流れる歪んだ純愛に
結局心奪われ、胸キュンすらももっていかれるのであります。


高校生明智(超ど級嫌なやっつ) x 砂原先生 愛嬌あるけどブサカワ

この先生も意地っ張りなんだけど、純粋で、結局明智に翻弄される。
だけどミイラ取りがミイラになっちゃう感で、明智も先生ラブなんだね、
歪んでるけどね。

で、明智の同級生、掛川、本当はこの砂原先生が大好きだったのに
気が付けば明智に横恋慕されてるんですね。

そしてそれが彼の性格を歪ませたのか??

その後、彼がつきあう美形の男 橋本、、
これが、明智よりも性格悪いんじゃね?的な嫌な奴で、

だけど、最後には掛川は、この性格悪い橋本でさえも牛耳っていくわけで、

とどのつまり、究極の嫌なイジワル野郎は掛川なんじゃね?みたいな。

でもね、思うんです。
もし掛川が、大好きだった砂原センセと相思相愛になってたら
きっと、掛川は超あまあまな攻めになって
砂原を大切にしていたんだろうなあああ

そして掛川みたいに甘やかして愛してくれれば
センセもつらくて泣くこともなかったんだろう。

けど、山あり谷あり苦があったからこそ

砂原も掛川も今ある幸せと
愛する人の大切さがわかるのでありましょうと、、

とくに嫌な奴橋本が、
掛川にイジワルされながらも、
彼に愛されていくさまは、
ゴロゴロと喉を鳴らしたプライドの高い猫のようでしたもの。

そして砂原も、明智に冷たくされながらも、
なんだかんだ愛をかみしめることができて
やっぱ幸せそうでした。vv

結局おさまるところにおさまったCPvv

そんな雑感でした。

本に収録されている作品の中では

ベタといわれようと、わたしは、

やっぱりセカンド セレナーデが好きです。

タイトルにやられました。はい。

  • | Edit
  • この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    NoTitle

    最初は優位に立っていた方が、いつの間にか
    立場が逆転して相手に翻弄されている!
    木原先生には多い展開w

    でも、最後はスッキリするから好きです。
    ”へへ~んざまあみろぉ”みたいな…

    砂原先生、私は大好き☆
    木原さんは『悪い男』を描くのが断然うまいけど、
    『良い人』を描くのもうまいなぁ~といつも思います…

    蛇足ですが、このコンプリートバージョンの前の
    本では砂原先生がもっとぶさいくに描かれて
    いたそうですよ!
    挿絵の方がそれなりに描いていたのを
    わざわざもっとぶさいくに描き直してもらったそうです。

    • 投稿者: JUN
    • 2014/06/01(日) 16:42:44
    • [編集]

    Re: NoTitle

    JUNさんへ
    へええ、へえええ、へえええ

    いつもありがたいトリビア~
    そうかあ、ブサブサだったのね、砂原センセ。

    でも結構生徒に人気があって、
    特にあの大友さんも慕っていたから、

    やっぱり魅力あるセンセなんだろうなああ。

    やっぱ、楽しく読めた一冊でございました。

    今日本屋に言ったけど、正規の価格で買いたい
    本がみつからなかったよおおおおっ、、、(泣)

    早く710で、会いたい~~

    • 投稿者: ノパール
    • 2014/06/01(日) 21:58:42
    • [編集]

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する