FC2ブログ

ルシーナの続き~

わたしは入社してまもなく、

ルシーナと話をする機会が増えたのですが、
彼女は、アッケラカンなオープンマインド。

当時、たぶん、32,3歳だったルシーナ、
童顔だから若く見えたけど、

彼女は、高校卒業後、

ふらふら~~と結婚したか、同棲したかで、
子供出来ちゃって、それで別れてシングルマザーへ、

という個人的話まで
すぐに教えてくれて、

当時6歳の息子と、
ロバートという同棲相手と暮らしておりました。

ロバートは、ルシーナの息子とは
血がつながっていないけれど、

とっても素敵なナイスガイで、

息子ちゃんと超仲良し。
確か、ルシーナの息子も
パパと呼んでたような気がする、、、

で、わたしは、入社を機に、
新しい住居を探している最中で、

ルシーナが、

『うちに1部屋余ってる?
借りてくれる?』

『えっと、いくら?』

『まるまるペソス!
これ、食費も光熱費も込み!』

ええええええ??


それは破格な値段。
その上、駐車場もついている。
そんなお安くていいの??

世の中には下宿代とは別に食費光熱費を請求されることもあり、
もっと家賃が高いところもあるのに、、

その上、わたしは、最終的には一人暮らしを目標にしていたので、
せいぜい半年くらいの下宿を考えていたのであります。

そうわたしが正直に言うと、

『友達価格!
息子もいるし、パートナーのロバートもいるから、
あまり身持ちの悪い変な人は下宿してもらいたくないもの。
それに、短期の方がわたしたちも好都合よ!
だからノパールなら超オッケー!』

うわああああい、

つうか、何かい?え?ルシーナさん、

まあ息子はおいといても、
どうせ、わたしはロバートを誘惑
もしくは、ロバートに惚れられちゃって、
超難しい三角関係になっちゃうような、

女イケイケフェロモン~出てなくて
悪かったね!ふんだ!


そうなんです、メヒコでは結構
フェロモン垂れ流しの女~がいっぱいいるから、

一緒に顔をあわせていれば、
パートナーをとられちゃう可能性もあるわけですが、

ノパールなら安心ね!って、ふんだ!


つうことで、わたしは入社早々、
ルシーナのタナコにあいなりまして、、

そうなると二人の結びつきは強くなるわけですね。


『ねえ、ノパール、
わたしね、ロバートともう1年以上も同棲しているし、
トマス(息子)もすごくなついているし、
ロバートも私たち二人をすごく愛してくれるのに、
何故、結婚してくれないだろう?、、、』

そんなシリアスな相談ごとも持ちかけられます。

30過ぎても未だ独身のわたしに、
聞くことじゃあなかろう!

なんてこと思うなかれ!!

腐ってもノパール、
耳は色々と聞いている~
王様の耳は~~~

つうことで、わたしなりの分析結果を言えば、

彼女は、何だか、ストーンと喉につかえていたトゲがとれたとでも言わんばかり、

『すごい!ノパール!』

などと、まるで、新宿の母ならぬ、

ノパールをメヒコのママンとばかりに崇めはじめました。

その後は、もう会社が終わって家に帰ってからの

夜は、もっぱら、ルシーナの相談ごとにのる、
ノパール占いの館~絶賛オープン中!

ついに、ルシーナはあの話に触れます。

『ね、ね、どうして社長は、
わたしを秘書に昇格してくれないんだと思う?』


毎日会社でも家でも顔をあわせていれば
言いたいことは山ほどあった!{性格とかの悪口とかじゃなくね)

ちょっとおおざっぱなところとか、
仕事の優先順位とか
決断力の即断が出来ないとかとか、

(自分の欠点は置いといてっと、、
他人のこととなれば、
ずら~りと問題点があがるわけですよ、ほほほ。)

でも、ズバリということは避けたい!
それでなくてもわたしのスペイン語は
直ストレートすぎるから、、、

つうことで、

オブラートの上に、餃子の皮でも包むくらいの
柔らかい感じで言ってみたのであります。


ほうら、ルシーナって顔がかわいいじゃない?
だから、幼くみえちゃって、社長からすると
小娘的に思われてるんじゃない?


それに、トマスがいると、
急な仕事で夜遅くまで残らせるの悪いとか、
そんな風に思ってるんじゃないかな?


それにさ、ルシーナすっごくフレンドリーで
誰からも好かれるじゃない?
お客さん(社長の訪問客)からも
絶大な人気があって、よく笑いがたえないけど、
社長、それが自分だけ疎外感って感じになっちゃうとか??

等と、ノパール、胸の中で、

頼む!ルシーナ、苦しい胸の内をわかってくれ~

と激しく祈ったわけです。


わたしが言いたかったのは、


明るい嘘のない性格は、逆にちょっと落ち着きがなくみえて、
もう少し沈着冷静な仕事態度が必要だということ。



シングルマザー{誰にも子供を預けられない)ということで、
いつなんどき子供にトラブルがあると、実際
早退・遅刻もかなりあったので、
社長的には、責任ある仕事を任せられないと思っていること。



確かに、屈託ない明るい性格は訪問客から
好印象だが、それが、秘書と客の線引きがなくなって
なあ、なあ的な関係にみられがちだということ。


大まかな問題の核心を餃子の皮にくるんで
ルシーナに言ってみたのですけど、
案の定、ルシーナはあらぬ方向に、

走って行ってしまったのです。ーー


それ以来、

何故か、丸首の大きく胸の開いたサマーセーターや、
開襟シャツにタイトスカート、ヒール、
開襟シャツのボタンを3個くらいはずすとか、、

ゆっくりとしゃべるのはいいのだけど、
目をぱちぱちとしたり、

特に訪問客とのおしゃべりには
媚びを売っているようにみえてしまい、、

わたしは、自分のアドバイスが
こんな風に誤解されてしまったことに愕然

そして罪の意識がああああ~~
ごめんよおおおお、ルシーナ~~

極め付けが、

ポッコリおなかだと、

まるで産後のだらしない体を
そのままさらし続けていると思い込んで

ボン・キュッ・ボン

の体を手に入れるべく

パパイヤ注射を打つことにいいい~~~~~突入。



そんなルシーナの努力も虚しく、

ついに、長い間空いていた秘書の座が

埋まる日がきてしまったのです。

そうです、アリー降臨!アリー


結局、ルシーナは、あのちょっとイケスカナイ女に(わたしの個人の意見でえす)
アシスタントとしてこき使われ、身をボロボロにして、体をこわし、

退社することになったのでございます。


そうなると、ルシーナの財源は、
わたしの下宿代がメイン!

パートナーのロバートも
食費や光熱費の補助はしてくれてたようだけど、
息子の教育費とか持家の税金とか、もろもろの出費は
ルシーナのお金で賄っており

彼女ほとんど貯金がなかったので

はっきりいって、わたしの下宿代が

ルシーナの親子の命綱~~


わたしもルシーナの家に厄介になる前から
ずっと下宿住まいをテンテンとしていたので、

ちょっとばっかし、一人暮らしに憧れており、

ルシーナの家に下宿してから、

半年経った頃、そろそろ一人立ち~何て思ってた矢先の

ルシーナの失業だったので、


一人暮らしはひとまずお蔵入り==となり、

せっせとせっせと下宿代のために、
仕事に励み、

やっと1年くらいで、
ルシーナの下宿を後することとなったのでございます。

下宿を引き払って一人暮らしを始めた嬉しさは、
本当にvvvvv今でも忘れられないくらいの

ウキウキモードでございました。

そのあと、ルシーナは晴れてロバートと籍を入れたと
めでたし話を聞くことができたのです。vv

よかった、よかったという話でございます。

ルシーナは、退社後、

かなり長い間仕事が決まらなかったのですが、

化粧品セールスレディとなって、

会社の同僚たちに化粧品を売りに
ちょくちょく顔を見せることになりました。

勿論、わたしも、せっせと、買いましたととも。
せめてもの、わたしの償い(アドバイスが間違った方向にいっちゃったことへのね。)




     

コメント

Secre

     
ランキングに参加しています。
ポチリいただければ 嬉しいです。深謝~vv


にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

ノパール

Author:ノパール
パトロン付きの毎日を満喫している自由人でございます。これ、きちんと訳しますと、勝手気ままに生きている専業主婦でございます。
年齢言いたがらない?これってかなり年だと思われます。でも心はいつでも年齢5チャイ!おいっ!

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
418位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
wow