FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

秘書室のルシーナ

  • 2014/05/27(火) 20:01:25

昨日に引き続きルシーナの登場~


わたしは秘書フロアーで働いておりましたが、
入社以来、

社長秘書が不在、
といいますか、ずっとずっとずっと鋭意面接中。

一説によると、社長のオメガネに適う応募者が
なかなか見つからないということで、

のちに社長秘書に決定する、アリー
アリー

この女性が決まるまでは、
秘書席は、欠番、いやいや、社長秘書は存在しなかった。

だが、社長は、メキシコの中でもかなりのやり手で、
メキシコ産業界経済界でも
顔がものすごおおおおく広いんです。

おそらく、ポリティックと呼ばれる
裏の影ボスとも懇意なのでは?

つう感じで

金にかけてはシビアで、
冷徹冷静な商談さばきで
一代で、
メキシコシティで、かなりの財を築いたようです。


そんな社長の秘書ですから、
そんじょそこらじゃ、社長も気に入らなかったようです。

でも敵(社長)もさること、

秘書の席をあけたままでは、

1分刻みのスケジュールをこなしたり、
もろもろの管理など、支障をきたす、

てええんで、

代々、社長秘書アシスタントを雇うわけです。

ブラックだ~ブラック企業か?

秘書もいないのに、
アシスタントと役付をさせ、

そうすりゃ、秘書アシの給料なんぞ、

二束三文ってなもんですよ。

まったく、黒々とした腹の持ち主。
しかし、こうでなければ、おそらく
1代であのような(どんな?)財は築けなかったでしょう。

さてさて、

前置きが長くなりましたが、

このルシーナも、


わたしが入社したときからすでに

未だ存在しない秘書のアシスタントとして
仕事を切り盛りしておりました。

明るい娘~

つまりルシーナの秘書アシ歴は、もうすぐ1年というところでした。

でもね、未だ秘書はいない、、

となれば、自分が秘書に昇格したい!

そんな風な野望がでてきてもおかしくないでございましょう。

何度も社長にいいます。

『社長、わたしを秘書に昇格させてください!』

その度にやり手社長は、のらりくらり~
けれど、最後ははっきりと声に出す。

『ノー!』

入社したての頃は、
まったくひどい話だよなああ、と思いながら、

ルシーナの仕事ぶりを観察していたんだけど、、

わたしはね、何だかわかっちゃったんだよね。

社長の求めているものが、

おそらく、彼は、

沈着冷静で、守秘義務厳守の
周囲と一線、ラインを引く、
仕事出来ますオーラ満載の完璧秘書

これが彼の追い求めている秘書なのでしょう。

けっ!いるか、そんなやあつ、
とわたしは舌打ちしましたけど、

わたしのボスは、日本人ですから、

この辺は同じフロアーで働いていても、

特別わたしに非が及ぶことはないわけで、

しばし傍観でございます。


で、このルシーナ、

社長の求める理想の秘書とは、
180度違うんでございます。

顔はカワイイ系のベビーフェース。
よく昔の少女マンガにでてくるような
目が大きくてめちゃくちゃ明るい、

どんな逆境にも負けない~~

そして正直で、オープンマインドで
誰とでも友達になっちゃう。

だから、日本人のわたしにもすぐ優しくしてくれたし、
すぐに仲良くなっちゃったけど、、、

どうやら、女の戦いが繰り広げられているらしく

昔から、

財務・経理本部長秘書キャスきゃす


営業本部長秘書 秘書界のお局~バサダーバサダー

この秘書室の女たちはここに仲が悪く、

異国のわたしが入ってきたことで、

ノパールの全てを把握しておきたい ← バサダー

ノパールにすり寄る ← キャス

テンションあうからノパールは友達 ⇔ ルシーナ

というような各々の図式が出来上がっているわけです。

なので、メキシコ人秘書たちの横のつながりは一切なく、
よって、ルシーナも秘書アシとはいえ、
バサダー、キャスとは、バチバチのご様子です。

ルシーナのいないところで、バサダーはこういう。

『分不相応なことを何言ってんの?あの子!
だいいたい、社長秘書の品格がないのよ。
社長が、彼女を秘書に抜擢するわけがないわ!』

はああ、わたしは、無言で、ただ話を聞くだけ。
だって、女同士のドロドロってめんどうだから、
この際、全てにわたって、ノーコメントを通します。

ただし、しゃべりたければ、どうぞ~的なスタンス。

かたや、キャスの弁。

『口が軽そうで、だれにでも愛想がいいのって、
何だか媚びてる感じ。ノパールもアンタ、利用されないようにね。』

などと心底、心配した声を出す。

ふん!誰が利用されるって?

わたしとしちゃ、過去の痛い経験のお蔭で、

何を、言ってんじゃ、このアマは?!(お下劣よっ!!)

みたいな心の叫びを発しながら、顔は神妙な顔で聞いたりする。


そして、トウの本人ルシーナが

再三に渡り、社長秘書になれないのは、

たぶん容姿のせいだと、

間違った方向へ=== 走ってちゃったああ


ちょっとまってええええ~~

げげげっ

かくて、ルシーナ間違った変身大作戦が始まるのであります

つつく~~


  • | Edit
  • この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する