FC2ブログ

老後の覚書2014~ツゥー

いやあああ、久々にこれぞエンターテイメントというお話です。

歴史が好きなくせに、
戦国時代の誰が誰とどうした~~~的な、

あと順番とか場所とか、

そういうものがチンプンカンプンなんだけど、、
だって人が多過ぎる!語る人が多すぎる!


そういう歴史でみてみると、

平安時代だけは、

なぜか安泰で雅で文化の華~~

出てくる人物像も、
藤原氏
後の 平家源氏で、なんとなくそれほど多くないし
(トーシローの意見ですからね、だんな)

華の人々といえば、お公家様~~~ 

という貴族の時代。

恋愛も素敵じゃない?オサレな感じで。

ふみなどのやり取りでもオツだし、、
オサレな会話満載の浪漫がある時代~~~

ついでに陰陽師ありありの、
オマケファンタジーもあるし、夢があるわ~~


そんな時代の雅の一言に尽きるお話はこちらです。


貴公子の求婚 (SHYノベルス)貴公子の求婚 (SHYノベルス)
(2008/12/22)
和泉 桂

商品詳細を見る


ほうら、表紙絵もすてきすてき!

ということで
いつもの勝手気まま
ときどきネタバレありでもいいよ、
という方だけこちらからどうぞvvv



お話は、

書を好む、けれどそれ以外は全てに不調法な男が、
貴族のハシクレとはいえ金がなくボロ屋に住み、

家人に背中をおされ、お家の為にとある姫君に夜襲をかける、、、

きゃああああああ~~~vv

ところが、

何て日だ!なんてやつだっ!

つうくらい、おっちょっこ間違いで、

夜這いをかけた相手が雅な貴公子さま、、

って、ちょっとちょっとおおおおっ!!


もうこれだけで笑えるし、

主人公の小野朝家が、
いい味だしているのであります。

決してハンサムではない彼だけど、

書を愛する純粋さや熱心さ、
世慣れてない分、初心で純真、

こんな馬鹿がつくほどの正直な人間、

都の様々な黒い渦の中で
すっかり心も疲れ果てたた貴公子さまにとっては
清涼の一服、癒しの極み~~~~

だんだん、朝家という男を手放したくなくなるのでございます。


お話は、色々とエピソードもてんこ盛りで、楽しいのですが、

わたしは、やっぱり、この朝家と蘇芳(二人だけの通り名)の

オサレなのらりくらりの会話が、たまらなく引きこまれました。

お蔭であっというまの一気読みです。

読み終わった後も、

何でしょう、爽快で後味がとてもよいものでした。

どうやら、こちらの本は、
本にもたびたび登場する、
源実朝と狭霧との間に繰り広げられたラブのスピンオフなんですって。

本編は、『姫君の輿入れ』
姫君の輿入れ (SHYノベルス145)姫君の輿入れ (SHYノベルス145)
(2005/12/22)
和泉 桂

商品詳細を見る
ってことらしい。

まあ、チャンスがあれば、その本はいつか手にとるとして、

わたしは、このスピンオフだけでも大満足なのです。

本編を読まなくても何の支障もなく、
とてもわかり易く話は展開していく、

何よりも何よりも、

あっというまにわたしを平安時代に誘ってくれるのは、

作者さま、和泉桂さんの、全編にわたる美しい古風な文体。

古臭いっていうのとは違いますよ!おくさま!

なんとなく、平安時代を彷彿とさせる文章なんです。


なので、その文章のおかげで、興ざめすることもなく、
すっかり、心は平安時代へ~~~

本物の平安時代は知りません。

けれど、歴史とという過去の遺物は、
それぞれの胸の中で、
起こった事象とともに自分で想像を広げていく楽しさがあり、

この『貴公子の求婚』は、

まさにわたしの思い描いていた平安時代を再現してくれた~~


エンターテイメントヒストリーファンタジーなのでございます。


とてもとてもとても楽しくて面白かった!

読後感スッキリ!

どんなにおもしろいBLを読んでも、
どんなに最後はハピエンでも、

いつもわたしの中には、

男同志の不確かな危うさ(男女間ですら絶対はありえないのに)は、

この先別れてしまうかもしれないなあああ、

と読み終わっていつも思ってしまう。

まことに勝手ながら、

そんなことを老婆心ながら心配してしまう、わたしのBL小説読書の常ですが、

このお話だけは、

ジ エンド のあとに、めでたしめでたし

がいつまでもわたしの心の中に響き渡って行くのでありました。
     

コメント

Secre

     
ランキングに参加しています。
ポチリいただければ 嬉しいです。深謝~vv


にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

ノパール

Author:ノパール
パトロン付きの毎日を満喫している自由人でございます。これ、きちんと訳しますと、勝手気ままに生きている専業主婦でございます。
年齢言いたがらない?これってかなり年だと思われます。でも心はいつでも年齢5チャイ!おいっ!

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
427位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
wow