FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

夏休みの宿題かい?

  • 2013/11/24(日) 13:50:37

年のせいでしょうか? (涙)

以前、まったくフラットな場所で、

スッころんでしまったわたし

恥ずかしさのあまり、痛かったけど、必死に起き上がり、

ふふん、転んだの何てへいきだもんねええ

てな顔で、駅へ再びかけて行った。


ところがどうでしょう。ホームで電車を待ってると、転んだ膝がジンジンする。

まあね、結構な勢いでしたから、きっと膝小僧、擦りむいちゃったんだろうな

と、だが待て、ジンジンする膝の痛みに、何やらすーす~するこの感触

え?

うぎゃああああ、
パンツが、膝のところが穴があああ

転んだ時にアスファルトとの摩擦で、パンツに擦り傷でアナがあああ、

あああ、新品だったし、色が気に入っていたのに、、、

orz

まあ、生地が薄手のジーンズだからね、
穴あいたまま、はくっつうのもファッションだからね。


などとはいていたんだけど、

擦れた穴は、糸とかがほころびをよび
穴が大きくなっていくようだし、

第一、若いヤツラじゃあるまいし
良い年こいたおじさんのようなオバサンが
穴のあいたパンツをはいてること自体、

惨めったらしいし貧乏くさい!!!

ならばどうする捨てるのかい?
だってわたしは自慢ではないが、裁縫が出来ない女、
ましてや、ミシンもない、、、

ミシンさえ持っていれば何とか出来たのかい??

素人のわたしですらも、おそらくそんな高等技術のいらないソーイングであろうかと、
ミシンでザアアアっと上下に穴をかががっていけば、穴は簡単になくなるでしょ?

そんなしっかり穴の傷跡が無くならなくても、

まあ、穴を埋めちゃったくらいのジーンズだったら何とか普段でもはけるしね。



そうだ!リフォームやさんで穴をかがってもらおおお!


そう言ってやってきましたのが、
街の主婦のおばさまが一人でやってなさるリフォーム屋さん。

洋服お直し、ジッパー なんでもござい。

となれば、

たのもおおおおっ!
門を叩いて、中に入る。

『すんません、アナをかがってください。』
『はい、かしこまりました。』


『いついつが仕上がりです。』

わたしは、ご主人の仕上がり期日がよく聞こえなかったので、

思わず、

『えっ???』

つい大きな声で言ってしまった。

そのご主人は驚いたように、ひいっとなって、

『ああ、そうですよね
1週間もかかるなんて、ちょっとかかりますよね?
もう少し早い方がいいですか?』

と、あせりながらタジタジなさっておっしゃる。

初めて出来上がり日が聞き取れたので、
実は内心、そうか1週間も、そんなにかかるのかと驚いた。

素人目にも簡単な作業と思えるが、
まあ、一人で切り盛りしているし、
色々事情もあるのだろうと、温情を持ち、

『あ、すみません、本当によく聞こえなかったので、
ああ、わかりました。じゃあ1週間後ですね。』

わたしはオーナーの言葉に承諾をしたわけでございます。

ほおおおお=3 オーナーさんの安堵のため息は聞こえなかったが、
何となくわたしの答えにホッとした様子。

じゃ任せたぜ!ってなもんで、

わたしはリフォーム屋を後にしたわけです。



さて1週間後。

おっと、忘れるとこだったぜ、

丁度出先でございます。そうよそうよ、パンツが出来上がるはず。

時間を見れば、時間は14時を20分すぎたところ。


『ちわああああ~~』

ご主人が一人でミシンと格闘しているところへ
わたしが入っていく。

ご主人、『あっ?!』という顔。

『あの、パンツをピックアップに来たんですが、
青紫色のパンツなんですが??』

あわてて、パンツを探し、女主人が言うわけです。

『あの、お約束は、今日の15時のお引き取りですが、、』


時間は先ほども言いましたが、14時20分を過ぎている。
つまり15時まで、もう40分もないわけですよ。

その言い方だと、まだできてない、、ってこと??
まさか?!

『あのお、1週間もオアズケしてたんですが、まだなんでしょうか?』
『ええ、なんせ一人でやってるのですみません。』


謝ってるけど、何となくあんまりな気がした。
だって、素人目にみても、わたしのお直し、
ミシンでざああっと直線で篝縫いだけで、
ものの、10分で終わりそうなものですよ。

だからこそ、最初、お直しの期日を1週間後と告げた時、
オーナーさんもちょっと罪の意識にかられてたわけでしょ?

だけど、わたしは、ご事情を察し、そのオーナーさんの条件を
飲みこみ、今日まで待ったわけですよ。

それをね、40分前だからって、、、なんだろうか?


カチン!!!!

わたしの中で、何かがキレタ。でも、大人なので勿論声はあらげません。
あくまでも冷静に理屈で攻めます。

『ええと、1週間も余裕があったのに、まだやってないということですか?』

『あ、はい、、まだお時間があったものですから、、』


つまり、ビンゴ!なわけだ。
この穴を縫う、篝縫いはやっぱり簡単で、
オーナーの手にかかれば、ものの、5分で仕上がるわけなんでしょう。

だから、時間ギリギリまで、やらなかった、、、という、、、、



あまりの手際の悪さにわたしは、ガッカリとうなだれた。


『どうしますか?待ってていただければ、すぐ出来上がりますが、、?』


出先なもので、買い物荷物もわんさかもってて、もうその場で待ってる気力も、
どこかで30分ほど暇をつぶす余裕の心も持ち合わせてない。

『いいです。明日又きます。』

『はい、すみませんねええ、なんせ、一人でやってるものですから、、、』


一応悪そうに頭をさげるオーナーだが、

どうにもこうにもやりきれない。

一人云々の問題より前に、手際と順序、が間違っている気がするのだが、、、、

そしてそして何より、その計画性の無さ!!!
まあ、ぐうたらにはいわれたくないだろうが、
敢えて言ってやる!!

アンタは子供かっ?!

アンタは何かい?
夏休み31日に泣きながら宿題をやる子供かい?


今日の一言:パンツはお陰さまで、とりあえず穴はかがられ、よかったこと。vvv

  • | Edit
  • この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する