FC2ブログ

上には上がいるのだあっ!

仕事もせずにダラダラしているぐうたらとしては、

突然なるドアホーンの

ピンポ~ン

に胸がギクリとする。
何故って? そりゃ前もお話しましたけど、

白鳥の湖もどきにちょいと毛がはえているような恰好をしているわけで、
(さすがに白鳥の湖はやめたのだ!)

人まえで、さらせるような姿ではございません。


まあありがたいことに、最近はインターホンというものあるし、

ましてや集合住宅なので、いきなり我が家のドア前ピンポンではなく
共同玄関でのピンポンになるので、

宅配以外は早々にひきとっていただき
ドアをあけることなく、ことなきを得ております。

ほっ~
ただ、勧誘だったりしたとき
インターホン越しでも、
電話でも、断り方って難しいよねえええ???

わたしは、モノに興味なければ、
きっぱり秒殺で断るタイプです。

お互い時間の無駄だし、
話聞いても、まず心変わりすることが、この長い人生でないからであります。


まあ、勧誘する人も必死だしね。
さっさか断られたら、気分も悪いだろうけど、

でもほしくないもんは、話聞いてもしょうがありません。

それでもしつこい相手は、
こちらが切ろうとしても、しゃべり続けます、

こんな場合、、


「ごめんなさあああい、いりませええん。じゃあ失礼しまああす。」

と相手の言葉と同時にしゃべりながら受話器を置く。(ひどいっ! ふんだ!)
途中で受話器を置くということに一応良心の呵責があるわけで、、

でも!

自分がしゃべりながら、
相手の声聞こえてないし、とりあえず謝ってるし、、
その上切りますよおと一応断ってるし、と、

わたしながらの少しばかりの言い訳でございます。


ところが実家は違うぜええ


ずっと前の話でございます。
(今はこのような強気の押し売りはいなくなりつつあると思いますが)

前にさ、実家で勧誘が来たとき、

母は不用心にもドアのカギを締めてなかったのです。


ピンポーンとなり、

母はインターホンで

『どなた?』

だが、勧誘はちょいと押し売りもどきだった。
で、いきなり玄関の門をガタンとあけて、


『奥さあああん、こんにちわあああ』

と外であいさつするや、いきなり玄関ドアノブを回した!
(それって、わたしの心理状態と一緒じゃん?
一応、あいさつしてるもんね、だからおじゃましますよ、的な?!!)


『おくさあああん、おくさああああん、』

わたしたちは、居間にいて、
押し売りの生ライブって感じで、
もう、リビングのドアあければ、すぐそこに押し売りは迫ってるわけですよ。

勿論、一応今のところ玄関内に留まっていて、部屋には入ってきてない。
(あたりまえ、不法侵入だよっ)


それなのに、母は、インターホンの受話器を放しません。


『はい、なんでしょうか?』

押し売りだって、母の声が生ライブで伝わってるのですから、
負けません。

『おくさああんん、ちょっといいですか?』

『はい、何でしょう?』

母は絶対にインターホン越しで話します。

この押し問答が、4,5回続いた、、、

orz

先に心が折れたのは、押し売りだったのでございます。
何度もする押し問答にゴウをにやし、

ついには、押し売りはドアをあけて、外にでていき、
インターホン越しにしゃべりにいきました。

「奥さん、、〇〇 要りませんか?」

「いりません!!!!」

疲労困憊した押し売りさんは、戦意喪失して、
すごすごと帰って行きました。


あんた誰っ??哀れなりぃ


今日の一言:昔子供の頃さああ、あまりにもいう事を聞かないので、よく母から、『アンタは橋の下で拾ってきた』と脅されたもんだったが、今となりゃ、そんな血がわたしの体を駆け巡るくらいなら橋の下のほうが、、、などと頭を掠めたりします。

だが、オットー曰く、『絶対、間違いなくおかあさんの子だよ!』

ガーンっ!! (昭和の擬音だよっ!)
     

コメント

Secre

     
ランキングに参加しています。
ポチリいただければ 嬉しいです。深謝~vv


にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

ノパール

Author:ノパール
パトロン付きの毎日を満喫している自由人でございます。これ、きちんと訳しますと、勝手気ままに生きている専業主婦でございます。
年齢言いたがらない?これってかなり年だと思われます。でも心はいつでも年齢5チャイ!おいっ!

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
474位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
wow