FC2ブログ
おじいちゃん、おばあちゃん、いえいえ、ノパールの父方、母方の祖父母、両方ともすでに他界しております。
そりゃあああそうだよ、ノパール自体、中高年何ですから!ふふん!

でね、今日実家で仕入れた超怖い話。

それは、母親の話であります。
また、この人は、いきなり怖い話するんですよ。

前回のねずみの話も唐突でしたけどね、だんな!
今日も、その話は唐突に始まりましたの。


『今朝さ、びっくりしたのよ!』

唐突に始まりました。わたしは、台所のテーブルで、
母の入れたお茶をほおおおって飲んでたときにソレは始まりました。
母は、わたしの座っている向かい(彼女の定位置)に座っております。


『あのね、今日おばあちゃまとおじいちゃまが夢にできて、
その後ろにずらあああっと親戚一同が並んで
わたしに向かって、ほら、あの歌、』

『えっ何の歌?』

『ほら、お墓のおお、千の●に~』

『ええええええ、あの、死んだらってやつ?』

『そうそう、その歌を一斉にわたしに歌ってくるの。』

『その親戚一同って?』

『うん、みんな、もうこの世にいない人ばかり、』

『げええええええ!! (((( ;゚ρ゚))) アワワワワ』

わたしの亡くなった祖父母は、カレコレ、20年前に逝っており、
それまで、わたしどもは、尊敬をこめ、

おじいちゃま、おばあちゃま
と呼んでおり、わたしの母も実の親のことを、おじいちゃま、おばあちゃまと呼びます。
その祖父母の墓は、母の出身地の九州にあり、いまとなっては頻繁に墓参りなどということは、母も出来ず、ずっと気になっているらしいのです。

それで、夢の中で、
どうやら、そのおじいちゃまおばあちゃま、親戚一同が、出てきて、
たまには、墓参りでもしてよ~ 的な会話になったらしく
(この辺は夢なので、母も覚えてないらしいのですが、)

とにかく、気の強い母は、とにかく、ヒトサマから後ろ指を指されるのが嫌いなので、

フン! 墓なんてええのはねえ、単に石っていう話でね、
気持ちが大切なのよ!
ほら、歌にもあるでしょ? わたしのぉおおお~♪
あの墓の歌をみんなで歌いなさいよ!気持ちが大事!

と亡くなってる皆様方に説教且つ、音楽指導をしつつ、大きな声で、みんなが歌い始めたと言う話。


きゃああああああああ


でもさ、ちょっと笑えるのが、その当時、まだあの歌ヒットしてなかったから、
おそらく、おじいちゃまも、おばあちゃまも、親戚の皆様も、誰も知らないはずなんですよ。あの歌を。それなのに母は、みなさんに強制して歌わせたっつうんだから、アンタどこまで強いの??ってことです。
ひいいいいい。

まあ、マサユメ、不吉な夢、考えれば色々ありますけど、うちは、こうやって話すことでそして笑いにして浄化していくウチなのでございます。

でもちょっとゾっとしたでしょ?奥様あああ?

今日の一言:ああああ、やっぱり実家になかった、、なくしたSDカード、、がっくし、orz orz



 

Comment


        

11 | 2019/12 | 01

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています。
プロフィール
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
アクセスランキング
最新トラックバック
wow