FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2020 / 06 ≫

ジャニュアリィーーーーーーーっ!!!!

  • 2013/01/11(金) 06:51:08

10年前くらいの話でございます。アメリカの片田舎に住んでいた時、2年制大学のcommunity collegeでコンピューターグラフィック講座に興味があり、ウェッブデザインという講座の初級を取っていたんであります。学校の授業は3か月ごとに終了致します。

昨日もお話しましたが、色のコンビネーションなども、このウェッブデザインで才を試されることとなったのですが、orz、まったく単純な色のモノしかできません。

そのクラスで仲良くなったのが、Januaryジャニュアリー”1月ちゃん”という名前のベトナム系アメリカンでございました。

1月チャンは、18歳のピチピチのお年頃、なのに、同じ東洋の血に、年老いたわたくしにもとても親切でございます。英語がいっぱい、いっぱいのわたしによく補足して教えてくれました。いい子だあ、いい子だあ!



ノパールは、親切な人を決して見逃しません。

限りなく優しいジャニュアリーの隣をいつも狙ってすわっておりましたの。ほほほ。

実は彼女は、ボートピープルで7歳のときお母さんと弟君とでやってきたのであります。知り合ったとき、18歳だったから、11年アメリカに住んでいる。ネーティブスピーカーのようにはしゃべれないというのが彼女の口癖だったけど、ノパールからしてみたら、ティーンのヤツラのすっげえええええスラングの多い、早口の英語を普通に理解できるわけだし、しゃべりだって、モンダイナイ!!!って感じですよ。


まあ、その彼女の色の才能がすごい。初めて授業で作った、彼女のサイトを見た時、ぶっ飛んだ

絶対、わたしが使わない色ばかり、使ったコンビネーション。だけどあったかくて素敵。その才能を見つけたのは、ノパールだけではございません。講座の先生も、びっくりしてた!

黄土色、いわゆる、んこ色とか、えび茶とか、若草色とか、茶色とか、何だか、本当に汚い色(わたしからするとね)そんな色をうまく組み合わせにサイトを構成。ひいいいいい、す、すごい。

でも、その感覚が、東洋だけでなく、あああ、やっぱりこの子には、アフリカンアメリカンの血が半分流れているんだなああ、って実感した!

そう、ジャニュアリーはお母さんがベトナム人で、お父さんがアフリカンアメリカンなのです。たぶん、ベトナム戦争のどさくさか??お父さんはアメリカに帰ったか、捨てられちゃったか、、、それで、ボートピープル何ですって。

その話聞いてたけど、忘れてた。だって、ジャニュアリーは、肌が少し浅黒かったけど、外見は黒髪の大きな黒目の、どこからみてもアジア人だったし、、、

けどね、彼女の選ぶ、色、見た時に、何か根底に流れる、アフリカンソウルを感じたのであります。

そんな優しいわたしのクラスメートは、3か月後初級講座を終えると、

わたし、やっぱ、もう少しプログラミングしたい

と言って、JAVASCript講座を取るって言って、わたしも誘ってくれたけど、わたしは、ウェッブデザインの中級へと進むことにして、お別れとなったのでございます。


学校は大きなコンピュータルームがあって、50台以上のPCやMACが置いてある。グラフィックで出される宿題とか、ソフトいちいちお高くて買ってられないので、学校のコンピュータルームでやったりするわけ。すべてのソフトがダウンロードしてあるから。

で、わたしも、その日、クラスの宿題をそのルームでやっていたわけです。そしたら、隣の空いてるPCにクラスの男の子が座った。コヤツは初級から一緒だったけど、中級になっても挨拶しか交わしたことないし、一度もしゃべったこともない。まああ、ティーンの男子からしたら、年上のおばさん、しかも変な英語しゃべるひと、サワラヌカミニタタリナシ ってなもんでありましょうか。

なので、その日も隣同士になりつつ

ハーイ!

とあいさつを交わしったきり、お互い無言でモクモクと宿題をしておりました。

私達が座っている席は、廊下が見える席です。ドアが少し開いていて、廊下で通る人の姿が見えるのであります。

偶然、わたしは廊下を見ていた時、馴染みの顔が通ったのであります。

あああああ、ジャニュアリーーー!!

そうです、初級のときにお世話になった優しい彼女が通ったのです。

わたしにシッポがあれば、きっとバタバタと振られていたことでありましょうが、とにかくわたしは、嬉しくてドア越しに走りながら、

エープリルゥゥゥゥゥーーーーっ!!!

と叫びながら、、、その後ろで、あのクラスメートの男子が吐き捨てるように、

ジャニュアリィーだしっ。

そう突っ込まれたのでございました。


 

今日の一言:外国にもツッコミ文化はある?!

  • | Edit
  • この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する