FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

こんな飼い主でごめんよ~2

  • 2017/06/08(木) 20:30:00


本日朝~





オットーが朝起きて
ミスタービーシーの様子をみれば
平常となんら変わらぬ様子で、


ただ、時折、気になるのか

傷口をナメナメしていたとのこと。





今日は病院へ行かなくては!






そう思って朝起きるノパール。


さて、傷口はどうなってるのでしょうか?










結構エグイですので、


どうか苦手な方はスルーにて


















BCscur3.jpg 





全体的に赤いけれど、

乾いている感じです。





けれど、こんなに痛々しい傷なのに、


未だ、腑に落ちない、
いったい、どうして怪我してしまったのか?



ようく観察してみます。

昨夜と違って黒っぽい部分が(なめなめしたのか)
キレイになって赤い傷口に変わっています。



噛み傷や、ナイフでささ~と切れた傷、

というよりも、


擦り傷のように見えます。
ところどころ内出血もあるし…





そこで、ノパールの錆びている脳を
朝からフル回転する。




擦るようなことを何かしただろうか?




擦り傷、


何かにこすれる


摩擦…




昨日の記憶を
フラッシュバックさせて、


なんとか、擦るアクションと
連想する動作がなかったか、

古いといえどもノパールの脳が
データー処理していきます。








そこで思い当たったのが、











そういえば、





シートベルト…







昨日、5分の場所に行くのに、
車に乗せてもらったノパールは、

ミスタービーシーを抱っこしたまま

その上からシートベルトをしたのですが、




降りる段になって、

リードとシートベルトがからまって、


また重いミスタービーシーを抱っこしたまま
ベルトを取ろうと、

四苦八苦していたことを思い出す。



結構手間取ってベルトをはずすまで
時間がかかったのを思い起こします。





からまったリードとBCを
力任せにベルトを引っ張って
最終的には、やっとこさベルトから解放されたのですが、





もしや、そのとき、

力任せに引っ張ったベルトが

ミスタービーシ―の柔らかい足の付け根の部分を

かなり強く擦ってしまったのではあるまいか?







いや、あると思う。




いや、きっとそうだ。







思い起こした記憶の中で、


可能性大の出来事に、

ノパールは府におちます。






あのとき、ミスタービーシ―は

バタバタと暴れてて、
だからこそ、余計ベルトが外しにくい状態だったし、

ミスタービーシーは、止まった車のドアから、早く出ようと
それしか思ってなく、

神経が痛みに集中するより、

別の方に(車から降りる~)
そっちに意識が集中していたので、

ベルトがかなり足の内側を擦れても
痛みを感じなかったということでしょうか?




犬や動物は痛みに鈍いと言われてますが、


やはり違和感はあるのでしょうね。




あんだけ擦れてたんですから、
しかも毛の少ない、
一番柔らかな部分が出ている箇所で
痛まないわけがない。



だから、昨日はずっと寝ていたのかもしれません。



しかも、床だと痛かったのか、


ふわっとしたソファの上で、

しかも珍しくわたしにくっついて寝てましたから、


ミスタービーシーなりに、

疲労感あり~
足にいつもと違う違和感あり~


ということだったんでしょう。








ごめんよ~こんながさつな飼い主で~


己のシートベルトを外すことだけに集中していた
ノパールに飼われてて、ごめんよ~







ということで、なんとなく怪我した理由もおぼろげにわかり、

そうなりゃ、朝イチで、動物病院ちい先生の門を叩きます。






先生に、昨日のミスタービーシーの行動と、
(ドッグランやお外にいたこと)

そしてケガの可能性としての

シートベルトのことを話しました。






ちい先生、はっきりと、



『うん、これは擦り傷ですからね、
ベルトで擦れたのは十分考えられますね。』


とおっさられました。



やっぱり、


大ショック!


ワイヤーだ!有刺鉄線だ!
まだ見ぬ影の陰謀説にして
勝手に事件をねつ造していたオンナ

犯人はノパールだったよ。

ごめんよ~ビーシー

傷ものにしちまって、ごめんよ~
さすがのオンナも反省しましたよ…






そして、ステロイドと抗生物質が入っている塗り薬を処方していただきました。





『舐めさせないでくださいね』








ということですので、現在、


ミスタービーシーは、こんなです。







BCscur2.jpg 






暑くてかわいそうに~


蒸すんだよね~




ということで、エアコンと扇風機で

環境を作っております。




光熱費はいくらかかっても仕方ございません。

とにかくごめんよ~


そして、早くよくなってねえええ~





こんな飼い主に飼われて、
フンダリケッタリ~~
そんなアッシにポチリンを~

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    BCちゃん、心配ね。

    でも、擦り傷ですから。
    大丈夫。ちゃんと治ります!!

    ノパールさんもそんなにご自分を責めないで!
    わざとじゃないんだし、どうしようもないことって
    ありますよ。

    2人とも早く元気になってね☆

    • 投稿者: JUN
    • 2017/06/09(金) 09:02:25
    • [編集]

    Re: タイトルなし

    JUNさん:

    いつも温かいお言葉あんがとね~

    でも一夜あけたら、
    すっかりどこ吹く風~って

    そんなお調子こくわたしに、
    オットーが朝でかけに、

    本当に気を付けてよ!

    と、釘をさされました。

    はい、なので、
    反省しすぎるくらいがちょうどいいオンナらしい。(笑ww

    • 投稿者: ノパール
    • 2017/06/09(金) 11:48:44
    • [編集]

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する