FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

首は良好7~本当に良好っvv

  • 2016/12/12(月) 14:31:00

術後5日目~




ついに病院の食事も少しずつ普通になりました。




こんな豚肉だって食べられます。
もちろん、よく噛んでね。



afteropepork.jpg 





鶏肉なんかでも、大きな2cmキューブ状で
出てきたりします。

これでは、絶対に喉に詰まりますので、


小さく小さく咀嚼しますが、

結局鳥のササミなどは
噛んでるうちにパサパサになってしまうので

どんなに小さく噛んでも
飲み込もうとすると
喉につかえ、死ぬ思いをします。

なので、食べるときは
絶対にペットボトルは離せません!


この頃になると
柔らかければいいというのではなく
水分が関係します。

パンも柔らかくても

ねっとりしてるものは
喉についてしまって
やっぱりつかえてしまう。

だからペットボトルは
ノパールの命となっております。



でも、そんなちっちゃなこと~


口からモノを食べれる喜びに比べれば、


わかちこ~的に、

ちっちゃなことは気にしない~って感じ。





ボノ先生は

病院で一般診察もしているから

診察に行く前に

必ず毎朝、病室に顔を出してくれ、

様子を見に来てくれます。






いよいよ、
ボノ先生がおっさいます。



『首の出血の方も、
大丈夫そうに見えるよネ。』





首は、こんな状態~






afteropeherrido.jpg 


片方の甲状腺を取った割には、

なかなかに長さがある傷口。

縫合した糸は、テクノロジ~により
次第に体の中でとけていく~ので、
抜糸もないとのこと。


サージカルテープを等分に切って

傷口の上に綺麗に放射状に並べてくれています。
(首を動かしても取れにくい貼り方らしい。

これは、術後、貼ってくれたテープのままです。
入院中、取り換えたりはしてないものです。


また傷の下から管が出ていて、

それがいわゆるドレインと呼ばれるものです。


このチューブは腹あたりまでの長さがあって

先に袋がついていて、
それに紐があるので首から
下げることができます。


afteropeherrido2.jpg 


ドレインの袋の中は複雑怪奇で
なんか板みたいなものが入って、
そこに血みたいなのがついてる~

うろ覚えなので、ご興味ある方は
ネットでも検索してみてくださいな。






で、ボノ先生は

傷を見て、
また、ドレインの中身を見て


いよいよドレインを取ることを決めます。



術後6日目。


朝採血をしました。


それからX線でレントゲンも取ります。

これで数値を見て、

またレントゲンに写った術後の経過次第で


オケならば午後にはドレインが抜けます~。





午後、ボノ先生の弟子~A先生がきました。


『大丈夫なので抜きますね。』
『痛くないですか?』
『善処します。』


A先生は、イケメン先生ですが
マジメ~すぎるので、
こんな会話です。
{ノパールとすれば、ボケてほしいところ~

でも、ありがたいことに
善処するどころか、
ドレイン抜くのは、
少しの違和感だけで、
ちっとも痛くありませんでした。

病院では、
痛みに弱いノパールというのは
知れ渡っているようですので

真面目A先生は、答えに窮して

『善処します』と言ったものと思われます。


とにかく、わたしは
本当に痛みに弱いのでございます。
チキン~チキン~
ミスタービーシーのこと言えません(汗






そしてついにドレインが抜けました!


もうノパールは、これで

管なしオンナでございますvvv





そして嬉しい一言がA先生から出ました。
すでにボノ先生と
レントゲン写真を見て検討した結果です。




『レントゲンもダイジョウブでした。
  明日退院ですね。』





キタ━━━━(゚∀゚)━ ━━━!!




ひゃっほおお~vvv







nopalyes1.jpg







術後7日目~




晴れて晴れて晴れて退院でございます。


会計を待っていたので、
病院を出たのは
結局昼近くになってしまいました。


実家に戻る前に

会社を休んできてくれたオットーと、

ソバを食べました。


ソバは、退院時にはまだ早かったようで、
なかなかに喉に詰まりましたが、
{流し込むのに苦労します。

ペットボトル、流し込み大作戦が
功を奏し、完食です。

お店の方には、事前に、
飲み込みずらいので、
(申し訳なかったのですが、)
持参したペットボトルを
テーブルに置かせてもらうこと、
快諾していただきました。



あああ~シャバはいい~vv


本当に、太陽がまぶすぅい~vv



空が青い~vvvv



って病室から見た空も青かったお~
(コレ病室の空です。)
afteropesky.jpg 









そして10日ぶりに会うこのオトコ~





ミスタービーシーも


すっかり実家の子でございます。





afteropehome1.jpg 






しかし、そろそろ母も姉も、

このミスタービーシーに

ヘキエキモードの香りが漂っております故、
{なんせ、落ち着きがなさ過ぎるっ!!




そろそろ退散ですよ。


潮時ですよ~





実家には、本日お泊りして、

翌朝、家路へと向かった次第です。







さて入院覚え書きは、これにて落着~ですが、



気が向いたら、その後の雑感を書き記します。

もうすっかり記憶も遠のきつつある{早すぎるっ!


なので、己の為にも気が付いたことは書いておきましょう。

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する