FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2020 / 06 ≫

首は良好3~天国編

  • 2016/12/07(水) 11:12:00


ノパールの手術の話がだらだらと続きますが、
己のためにも書き記します。

ご興味のない方は、スルーにて。








手術日は決まりました。
そして手術する2日前に入院しなくてはなりません。


絶対的マスト!と病院から言われたもの~

浴衣
タオル
大きなバスタオル
T字帯(出産したかたなら知ってる方も多いでしょうが、
ノパールにはお初物でございます。


あとは、歯磨きセットとか
旅行準備的に、己に必要なものを準備します。


ノパール的にマスト~なのは、

PCとアイフォンと本でございます。
アイフォンは、BC監視カメラとの連動のため
やむなく買ったものですが、
これがWi-Fiの役目をするので、
便利なのでございます。
ならば、アイフォンだけでいいじゃないか!
若いお友達はそうおっさるかもしれませんが、
年寄りにはPCが使い勝手がとてもよろしいのです。
画面もでかいしねvv



さあ、荷物を入れて、病院へゴーvv


この2日間は、


看護師さんが巡回して来るたびの

検温、血圧チェック、採血くらいで、


病院内を自由に歩き回れ、

特別な制約もなく、

そして食事制限もなし、





yellingeatwell.jpg 



ということで、なんだか、

本当に不謹慎で申し訳ないのですが、

ちょっとした別荘に来ているような

日常生活と違うことに
{オサンドンもしなくてもいい~
BCから解放され~
何より、オットーやBCに対しイライラしなくていい~



そんなこんなんで、


快適に{何度もいいますが不謹慎なようですが

その上とても健康的に{規則正しいから

過ごしており、


出された食事は全て完食、

感謝感謝の全て完食~

なおかつ、食事制限のないオンナは
売店へ行き、めぼしい食料を買い、
そして食間に食べる~~



『ここの病院食は、それほど美味しくありませんよ。』



入院する前に、そんな風な感想もあり、{*個人の意見です~
ああ病院食ですものねえ、と思っていたのですが、



やはり、何もせず3食昼寝付き{もちろんタダじゃないけど
自分で料理をしなくてもいい~

という代価としての食事は美味い!

美味かったのでございます。




こんな風にオキラクに過ごした2日間でございます。


手術前日には、麻酔科の先生とのお話がありました。


麻酔科といえば、

手術の要~などと認識しているノパールですから
{昨今のテレビドラマのせいで認知度があがったの。ミーハ~



女医先生の説明を聞き、


ついでに先生にわたしの不整脈の話もしときます。


最近、期外収縮というありがたくない病気が一個増えたノパールで
半年ごとの検査通院{いわゆる要観察ね。
をしているので、事前にその循環器科の先生から、

『あなたの心臓が手術中、
絶対に止まらないこと保証するけど、
いきなり不整脈とかなって
麻酔科の先生がびっくりするといけないから
一応診断書を書いておいたげるね~』


というありがたい診断書も提出いたしました。
{事前に手術執刀担当医の先生に渡しておいたのですが、
麻酔科にもそれをもっていきました。


わたしの期外収縮は、
まだ軽い~ものなので、
麻酔科の先生も、

『はい、大丈夫です。』

別段、深刻そうな感じでも、
難しいオペになるぞ~的感じでもなく

いたって平常心。



ノパールが

『麻酔から覚めないってことは?』

『ありません。』




『じゃ、逆に手術中、目が冷めちゃうことは?』

『そうならないようにわたしたちがいるのです。』


先生は、最後まで 平・常・心でございました。




手術は、翌日の午後14時と決まりました。
ただ、その前にオペが入っているので、
もしかしたら、時間は変動するとのこと。




うううむ。なんだか、少しドキドキしてきました。



とはいえ、この夜も早々と配膳された夕食は完食!




この日は月1度かなんか知らんが、
病院側で、ちょっとした馳走のメニューとあたり
丁度手術前夜にありつけて、ラッキーvv






opebefore1.jpg 

テレビをゆっくりみながら、
秋の気配を感じる食事を堪能しながら


更けていく夜を堪能しつうつ就寝でしたが、


ぐっすりとはいかず、

やはり緊張していたのか
はたまた、術後の苦しさを予感していたのか{不吉~

夜は何度も目が覚めました。




そうなのです。

わたしの天国は終わるのです。


呑気にしていたツケがまわってっくるのか
わたしなりの地獄が待っているのでございます。






そしてその頃、あのオトコは…






母から、みんなのくつろぐリビングまで
入っていいことを許され
{廊下側のエリアだけはBC入室許可が出て~


大好きな姉を好きなだけ追いかけまわし、

怒られることもなく、

実家に君臨する母に大いに気に入られ、

大満足そうでございます。




opebeforeBC.jpg 

ダレんちのワンコなんだよっ?!!ってくらい
リッラクスの面持ち~{フンだ!








つづく~










  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する