FC2ブログ

首は良好~1

さてさて、今年が終わる前に
己の為に記すこと~~



過去ブログにチラリと書いたことがあるのですが、




命にかかわりのない程度に、

ノパールは首に腫物が出来ています。




とはいっても、敵は腫瘍ですから、



一応、良性そうですけどおお?



と、アバウトに


多分、ダイジョウブ~的な、ものですから、
と言われております。



お医者さんも安全である!と
100%断言は致しかねる!ものです。


つまり低い確率だとしても
悪性の可能性もないわけではないということですね。





なので、個人の責任の元{ノパールね、

この腫物を切るか切らないかは、
ノパールの意思任せだったのでございます。



この腫物と初めて対面したのは、



2012年の健康診断でした。


内診で女医さんが首をさわったところ
甲状腺の腫れが見つかったのでございます。




勿論即座に、検査のため病院を転々とし、
{過去ブログにはお怒りモードのノパールがおります。



最終的に、あるドクターに落ち着き、



以来、4年間ずっと要観察で
切らずに腫物と暮らしてまいりました。





その腫物と付き合う上で、

最初の医者がサイアクだったため、
わたしの中では東京都で
甲状腺に特化した専門病院を切り捨て、


自分なりに、ノパールに合ったドクを模索し、

そのドクと共に、腫物を見守ってきたわけですが、



採血と超音波による検査を半年検診で行うのですが、

結局、腫瘍というのは切って病理検査に回してみないと、

良性か?悪性か?
100%判断できないというのが
今の甲状腺癌における医療の現実です。



途中、細胞診などもやってみますけど、
{首の細胞を取るため、
注射液をブスリとさして細胞を採取するのでございます。


結果、たぶん、ダイジョウブ~的、判断であり、

要観察が続行されているわけですね。




ただ、甲状腺のハレモノに関しては、

どのお医者様も10mm以上の大きさになったら、

切除を推薦するのがセオリーで、


ノパールの担当医も毎回検診後、


『多分大丈夫だと思いますけど、
僕は、切ってしまってもいいと思います。』


というご判断でございました。






といいますのも、


ノパールのハレモノは、


ヒトサマの10mmくらいの大きさを

巨大に上回り、


なんと、発見当時でも、すでに
4cmくらいの大きさだったのでございます。




それでもノパールが手術に踏み切らなかったのは、


まあ、安全そうだし、

何より、体にメスをいれるのは嫌だ~



ということで、ずっとずっとハレモノと共に
生活しておりました。

というのも万が一甲状腺癌だとしても、

他の癌(肺癌とか血液のがんとか)に比べると、
甲状腺に出来る癌は非常に進行がゆっくりとしている


というファクターがありましたので、

わたしとしても、

疑わしきものは切除!という結論には
すぐに飛びつけなかったのです。



またわたしの場合、


この甲状腺に関しては、



二人の信頼できるドクターがおりました






一人は、6か月ごとに検診してくださるドクターと、


あとのもう一人は、途中、

セカンドオピニオンで相談に乗ってくださったドクターです。




このセカオピドクの説明や話し方がとてもわたしにはあっていたので、



手術するときは、このセカオピドクターにしていただこう!と


心に決めていたのですが、



なかなかに手術に踏み切れないまま4年の歳月が流れていたのでございます。











そしてこの度、




『ノパール、手術します!』






そう高らかに宣言したのでございました。





つづく~

     

コメント

Secre

     
ランキングに参加しています。
ポチリいただければ 嬉しいです。深謝~vv


にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

ノパール

Author:ノパール
パトロン付きの毎日を満喫している自由人でございます。これ、きちんと訳しますと、勝手気ままに生きている専業主婦でございます。
年齢言いたがらない?これってかなり年だと思われます。でも心はいつでも年齢5チャイ!おいっ!

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
474位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
wow