FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2020 / 06 ≫

癒されたああああ!

  • 2012/12/09(日) 20:11:25

本日はいわさきちひろ美術館に言ってきたザンス。

いわさきちひろ美術館


この美術館、大好きなんです!

普通の住宅街にポン!て存在する。
小っちゃくて、隠れ家みたいで、とってもコージー!

ほうらね、普通っぽい!☟

何とも普通の外観


日曜日行っても、
12月行っても、静かにじっと思い思いに絵を見る人たちばかりだし、
本当にいわさきちひろ先生が好き!ってひとばかりなんです。


今日はクリスマスシーズンだったので、入口にはキリスト生誕の飾りでお迎え。

チェコで毎年クリスマスにはかかせない『ベトレーム』と呼ばれる
キリスト降誕際の飾りです。

御想像の通り(?)焼き菓子で出来てます。

はちみつと香辛料で焼いたお菓子をこれは『ペルーニク』と呼ぶんですと。

すげええええ!超細かい!
キリスト様誕生



で、わたしの行事は、必ず新しい年のカレンダーをここに調達しにいくのです。
2013年用、買いましたぜ。

天国にいらっしゃるいわさきちひろ先生にはまことに申し訳、、なのですが、
このカレンダーを我が家のトイレに飾るのです。

わたしは、トイレにカレンダーを飾るのが好きでないんです。
その昔は。

というのも、大切の安らぎの貴重な時間を
日付をみたり日程を見たりするのめちゃくちゃイヤ!
あれしなきゃ、これしなきゃと思うのがイヤ。

でもいわさきちひろカレンダーは絵画のようなんです。
日付はオマケって感じ。
だから、毎日、毎日優しい絵をみてほおおおお、
と、ついで用もタス、(おいコラっ!)

何だろう、色使い、構図、すっごくいい。

本当に色合いが、無限大の組み合わせで、信じられない。
アンビリーバボ!!

いわさきちひろ先生といえば、子供の絵が有名。
どの子たちもとってもオシャレで、とても1970年代に描いたとは思えないほど
トレンディな子供たちが、優しい自然と融合してほっとする。

でもわたしが本当に好きなのは、
実は、この先生の書く、大人の女性なんです。
女性誌の挿し絵を描いていたころの記事の挿し絵らしくて、

大人の女の人、お母さんや、働く女性が、なんとなく素敵。
仕事帰りの女性が何気に花と紙袋もっていたり、、とか、、

なんか、仕事持っている現代のキャリアウーマンというよりも、
仕事しながらも、たぶん、温かい家庭が見えるようだし、
着ている服もファッショナブルでありながら、嫌味がない。

女性らしい、優しい線とその骨格も好き!

あああ、女性誌時代の挿し絵集って売ってないのかしら???

とにかく見てると胸がキュンとなります。

今日の一言: わざわざ人がうじゃうじゃいるところのパワースポットに行って疲れて帰ってくるくらいなら、、自分だけのパワースポットを見つけた方が、明日の活力になるんじゃ!

  • | Edit
  • この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する