FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2020 / 06 ≫

またまた頭がイタイ~

  • 2016/05/12(木) 20:32:32


ビションフリーゼという犬種は

比較的無駄吠え(あまりスキな言葉ではないですが) 

といいますか、

人に吠えたり、動物に吠えたり、

ずっと吠えていたり的なことはないように思えます。

その証拠に、


犬種の紹介では、

吠えの少ないワンコという風になっています。




でもね、ここを誤解しないでいただきたいのは、

ワンコですから吠えます。吠えるのは当然なんですね。



ところが、ヤホー知恵袋やら、犬の掲示板とかとか、

初めてワンコを飼われる方の質問とかで、

吠えないワンコで静かで、
躾しやすい~ってことで、

よくビションの名前があがっているのを見かけたりするのですが、



吠えますからね。

ちゃんと吠えますからね。
バウバウ~(・∀・∪)



あのお顔とはウラハラに
結構吠え声はデカく、
隣で急に突然吠えられるときは、
ドキっとびっくりしますから~

そのくらい、でっかい声なんです。


特徴としては、ワン ワオ~ン的、最後は遠吠えチックな吠えで、

これは警戒音マックスの時の吠えですが、


本当にデカイ声です。
小型犬の、きゃんきゃん~という甲高い吠えでなく、

かなりしっかりとした声なのです。


だからといって、
外を歩いていて
人にいきなり吠え掛かったり
遠くからやってくる犬に警戒音を発したりということは、

ミスタービーシ―の場合、今のところ皆無なので、

それどころか、人大好きワンコ大好き

これがいわゆるビションは友好的なワンコと

言われるゆえんなのでしょうけど、



でも、ワンコですから、

記載されてある定義が全てではないので、
その辺を考慮された上で、


『吠えの少ないワンコ』

と理解していただけたらな~と思います。vv


(ビション飼ってまだ1年も経ってない、
トウのだいぶたった{かなりだよ! 新人飼い主がいうのも
おこがましいのですが、


最近ネットを徘徊してて、
ちょっと気になっちゃったので、老婆心ながら~




で、最近のコマッタコマたろ~こと、
ミスタービーシ―ですが、


とにかく、物音に敏感で、

警戒音を発します。


おそらく幼少時に、じゃら~ん的音で脅して
言うことを聞かせていたツケが
ここにきてやってきたのか、




nopalhansei.jpg
{少しはしているノパール~ふん!





家の中から聞こえる
全ての音に反応し、

う~ワンという大きな声を発し、

テレビとか見てて突然大きな声に、
しばしば、中高年ノパールの心臓が
びっくらこいちゃう~なんてことがしばしば~





そして、暑くなってきましたので、


窓や玄関を開けて、玄関網戸サッシで通気性をよくしていますと、

集合住宅ですから、

共同廊下を歩く音が聞こえたり、
また、玄関ドア前を誰か横切ったりする~





もう、そのときは警戒音マックスで


ううう~うわんうわんうわんうわおおおおんん~


と、でっかい声で吠え続け、廊下を脱兎のごとく駆け抜け、

玄関先に向かって吠えております。


こうなってしまうと、

悠長に、

『ビーシー!ノーっ!!』

なんて声だけのコマンドを出しても、

もう、聞いてない!

制御不可能なオトコに化し、


初めてノパールが重い腰をあげ
吠えてるBCの前に立ちはだかり、


『座れ!』

の、コマンドでなんとかおさまる。

まあ、この時にはすでに、BCの懸念事象はとっくに終わってますから、


果してわたしの『座れ!』のコマンドで、言うことを聞いたのか、

それともひとしきりBCの恐怖材料が消し去られ満足したのか、

その辺は、わかりませんがね…





外では一切、
工事の音、電車の音、踏切音、車、子供たちの歓声、足音などなど、

臭いを嗅ぐことにいそがしいのか
とにかくまったくもって無関心のBCなのに、



部屋の中では、

とにかく全ての音に、ビクっとなって吠えるんです。





警戒音と、先に書いたけど、

BCにしてみると、怖いんだと思うんですね。

得体のしれない物音が不安な感じのようです。



で、同じ音でも、
出所がわかれば、

つまりやってる人がわかれば吠えません。

彼がイヤ~な気持ちになるのは、

原因がわからないで鳴る音~らしいんですね。




たとえば、家の中に入ってきた風が襖をがたがた鳴らしたり、

誰もいないキッチンで、鍋の蓋が沸騰してグツグツと動いたり、


そうなりゃ、

うう~ウォ~ンというでっかい声で一鳴き二鳴きですが、


わたしが襖をがたがた鳴らしているのを見てたり、

キッチンにわたしがいて、鍋の蓋がグツグツと動いても

彼は、無視するがごとく、平常心~




また遊んでいたり、

何かに集中していたりすると、

外でカチャンという音がして、


あ!吠えるかも?


と、密かにBCの様子をうかがっていても、

このオトコ、全くどこ吹く風~なのですね。




つまりBCの集中力によっては、

音の恐怖心が生まれないということです。
(気にも留めない というのが正しい解釈かしら?






わたしは最初、BCが音に吠えるので、

しかも家にいるときだけ吠えるから、


めちゃくちゃテリトリー意識が強い犬なのかしら?


と思っていたのですが、



どうも散歩する態度や

家での態度を見ていると、

ピンポンには吠えるけど、

ドアが開いて人が見えれば、もう吠えないし~とか、


そんなことを観察していけば、

今一つテリトリー意識の危機管理にかけてるようにも思え


じゃ、何が原因で音に吠えるのか?



訓練士のトモコさんにご相談申し上げ、

実験してもらったところ、

明らかに音に対する恐怖心があるというのがわかりました。

だから吠えちゃうんだね~



別に吠えるのはいいんですが、


音が怖い~不安~っていうのは、
BCにとってかなりストレスがたまることだと思います。


だから、トモ子さんにお願いして、



今後のBCトレーニングの最終着地点を


1.集中力を高めること

2.興奮時のコントロール


ということに決めました。




音が怖くて吠えても、すぐにアイコンタクトや
別のことに集中させてしまえば、

おのずと恐怖心を忘れ、目の前のことに集中できます。

結果的にはBCの音への克服の自信にもつながるかもしれません。


また、吠えても、コマンドでのコントロール可能ならば、
すぐに吠えるのをやめるでしょうから、

ノパールがわざわざ腰を上げて
{大概ソファで寝っ転がってる~

玄関先までいって、BCの目の前に立ちはだかる必要もなくなります。
{それが楽ちん~






つまりは、吠えても、

ノパールのコマンドで、

BCに、怖がらなくていいよ~という信号を送りたいのであります。





目標を簡単に書きましたけど、

もう、ミスタービーシーをなまじ知ってるだけに、

気のとおおおおおお~くなりそうな訓練でございます。




しかも訓練所にいれるわけではありませんから、

日頃のトレーニングはノパールが地道にやっていくという、



継続は力なり~


ありがたきもノパールの一番苦手な言葉~





はあああ~~3




具体的なトレーニング内容は
また明日~

もう疲れちゃった~~~










こちらの気もしらず、

トレーニング中、随時エサをもらえるご機嫌なオトコはこちら~






BChitnose.jpg












にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    ふむふむ。これは酒を飲んでない時にじっくり読もうと思って
    昼間にやって来ましたよ(・∀・)

    (珍しく)反省してるの?これ、私にも思い当たることがある~
    ウニが小さい頃、やっぱり集合住宅だから吠えないように(見えない所から)ペットボトル投げたりしてたら、家の中の音に敏感になった気がする!神経質というか・・
    今は耳が遠くなったからなくなったけどね( ̄◇ ̄;)

    その方法が気になるわ~
    BCちゃん、カミナリは平気なのかな?ウチはカミナリには困った・・抱っこしても何しても治まらない興奮状態・・それも今は無くなったけどね(^_^;)

    • 投稿者: ウニの飼い主
    • 2016/05/13(金) 13:24:56
    • [編集]

    Re: タイトルなし

    ウニちゃん飼い主さん:

    ノパールも(少し)反省してたけど、
    オットーのあの鬼の首を取ったようなシタリ顔で、
    チン!反省終了~

    まだ雷の季節には当たってないので…ドキドキ。
    去年は花火には吠えてたけど、
    とりあえずまだチビだったから、
    なんとか落ち着かせたけど、

    今年が山場ね。

    とにかく訓練、気が遠くなる~~ひええ~

    • 投稿者: ノパール
    • 2016/05/13(金) 17:06:39
    • [編集]

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する