FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

やっぱエゲレスもの~

  • 2016/01/21(木) 07:48:33



最近のわたしが断然面白い!って思うのは、


イギリスの海外ドラマなのでございます。

Foyle's War
(邦題:刑事フォイル)

現在NHK BSプレミアムで放送しているので、
(NHKBSオンラインへ飛びます。
記事が古くなるとリンク切れの場合がありますのでご了承ください)

録画してじっくり見てるノパール。



ロンドンから少し離れた郊外で働く
フォイル刑事の事件簿なのですが、


普通の探偵・刑事ものと大きく違うのは、


原題に戦争と言っているように、

”第二次世界大戦中” という時代背景なのです。




戦争中というと、戦争だけに焦点があたって、
戦争による残酷で悲惨悲哀なストーリーを連想しますが、


戦争中でも、たくましく生きていかねばならない、
わたしたち人間の日常生活に焦点をあて、

ちょっとしたつまずきから間違いを犯す人々を

フォイル刑事が丁寧な調査に基づいて
犯人を特定していくというお話です。



ジャンルはミステリーものかもしれないのですが、

それだけではない人間ドラマが存分に見て取れるドラマ~





何しろ、このフォイル刑事役の

マイケル キッチン氏がもう素敵なのですvv


素敵すぎます。vv

冷静な判断と、淡々とした物腰、
それでいて人の機微をちゃんとわかる、
そんなフォイル役を見事に演じてくれてます。


また、刑事を盛り立てる登場人物もとっても魅力的~

上目線な言い方ですが、
俳優陣もツブぞろいで、

このドラマの面白さに一役も二役もかっている~



アメリカ製作ドラマは、
スカッと胸のすく展開や、

時として大仰なドラマチックな
展開が用意されてたりします。



それはそれで面白く、
ついつい引き込まれてしまいますが、




ヨーロッパのドラマって、

あまり大きなクライマックスを期待するよりも、

静かに流れていく時間の中で、
ストーリーも人も淡々としていて、

それでいて見終わった後、

何かが心に生まれてる~って感じの話が多い気がします。




このFoyle's Warもまさにそんなドラマです。

イギリスは日本と同じで、
第二次世界大戦中、爆撃を受けてます。

恐ろしい戦火の中でも

人々のささやかな日常生活はあって、

その中の悲喜こもごもがたまらない。

見終わった後、いっつも何だか、ううむって唸っちゃう



前編後編で1話完結なので、

わたしは、いつも毎週というより、

2週分録画して見るようにしています。







今、ネットの海で散策していたら、
このシリーズ、シリーズ8まであるのおおっ!!
(シリーズ8で完結らしい)


NHKさんは、放送してくれるのかなあ??



受信料ちゃんと払ってますんで、


こっくし、こっくししている
爺さんどもの議会中継よりも、

断然、こっちの方が面白い!!

なんとか次回も放映権獲得してくれええっ!!!

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する