FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

反抗期の入り口3

  • 2016/01/12(火) 21:42:47




反抗期は飼い主としての反応を
試されているような気になります。
{そんな気がします。






わたしが実践している怒り方は、
わたしとBCの間で成り立つ怒り方なので、
これを推奨しているわけではありませんので、
その辺を汲んで読んでいただけると幸いです。













なので、わたしは

ずっとずっと一貫性で、

赤ちゃんワンコの時から変わらない

怒り方を貫いてます。


それは

コラー!とノー!
あるいは、低い声で唸ります。
所謂、威嚇ですね。

{悲しいかな、あれだけ赤ちゃん犬のとき
恐れおののいたじゃら~ん攻撃は
今では何の効力ももたないのです。



そしてそれでもダメなときは、


首の皮を引っぱって、

『ひゃん!』

というまで離しません。


でもね、これ、あんまり痛くないみたい。
というのも、わたし自身、加減がわからないので、
上手に首の皮をツネれないの。


仔犬に対し母犬のあの絶妙な噛み方が
やっぱりできないんですね。


で、一応、ひゃん!っていうから離してみると、

場合によっちゃ、兄弟犬とのじゃれ合い程度にしか
思ってないようで、すぐに遊びを再開してしまう。




ということで、最近は


『ケージ!』


というコマンドを使うことにしています。







幸い、ミスタービーシーは

はじめっからガミガミと小言をいうノパールの



『噛んでんの?
おらおら~噛んでんンの?!!』



という言葉を理解している様子ですので、




『アンタ、噛んだらケージだからね?』

と、今にも何かに噛みそうなBCに

警告を入れます。



一時ペットシーツを噛んで
バラバラにして困ったけれど、


とにかく現場を押さえ、



『アンタ噛んでんの?』(警告1)


『アンタ噛んだらケージだよ!』(警告2)


『噛んだらケージだって言ったよ!』(警告3)




このステップでやめないと、

BCを抱えすぐさまケージに10分いれます。



ミスタービーシーはケージが好きだから、
たいした罰にはならないとは思ったんですけど、



あやつは、己が自らケージに入るのいいのだけれど

強制的に入るのはイヤな様子。

その上、大好きなオットーが帰宅しているときに、

わたしにケージにいれられるのは、かなり堪えるようです。




何度かペナルティでケージに入れて以来、

ペットシーツを噛む行動は
今のところおさまっています。


これで味をしめたノパールは、

今度食糞したら、
否応なくケージに入れてやる~!


と張り切っているのですが、

このケージ罰を取り入れてからなのか

はたまた迅速 んこ処理班のお陰か、

ミスタービーシーは今のところ
食糞していないのでございます。




わたしの我慢は3度までと決めてるので、

どんなときでも、警告を発し、
3回言ってもきかないとき、

何らかのアクションを取る!

これは絶対に実行します。






『ステイ!』


のコマンドが効かないとき、

捕まえようとするとスルリと逃げるので、


どこまでも追いかけリードにつなぎ、

かなり短くしたリードでお座りをさせ
数分間、ステイをさせます。


数分間動かなかったら
エサをあげて撫でまくる~


このお陰で、

再びステイコマンドも復活致しましたvv





とにかくわたしは
絶対に妥協しない飼い主なのだ!!

ということをミスタービーシーが

理解してくれればいいなあ~

と思っております。





そして一貫性といえば、

このオトコ、

meercat3rd.jpg


そう、このオトコ、




ミスタービーシーが来たときから
ずうっと甘いオトコです。



そしてBCがガウガウしても

あの男は一貫して甘さを貫いています。



なので、


わたしにどっぶり叱られたBCの拠り所は


オットーのお膝の上なのでございます。





まあ、怖さと甘さで、ミスタービーシーには
そこそこバランスがとれてるのかもしれません。








BCspoiled.jpg


オットーの腕の中で
いつもミスタービーシの鼻が
ピスピスしてます。










にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    私、オットーさんタイプだわ~( ´艸`)
    そしてウチのヒロシはノパールさんタイプ~( ´艸`)
    そうそう!バランスなのよ~( ´艸`)
    おもしろ~い♪

    うなぎ犬ナイス!!!

    起こる時に名前を呼ばないって基本よね♪出来なかったけど(´・ω・`)

    • 投稿者: ウニの飼い主
    • 2016/01/14(木) 22:18:52
    • [編集]

    Re: タイトルなし

    ウニちゃん飼い主さん:

    本日は博士と助手の会話で
    お届け致します。

    博士『では玉木君、ノパール家の
    勢力図方程式を言ってみたまえ!』

    助手『はい、N>BC>Oの直立方式です。』

    博士『うむ。ノパール家はノパールが
    頂点に君臨し、次いでBC、オットーは
    一番弱い立場だね。』

    助手『となるとウニ家も、頂点が違うだけで、
    やはり直立方式ですよね?』
    博士『む?』

    助手『ヒロシさんを頂点にH>U>U飼い主
    という直立式が出来上がります。』

    博士『チッ!チッ!チッ!玉木君!
    キミは何年わたしの助手を務めてるのだね?!』
    助手『来年で30年です。』
    博士『あ~情けない!だからキミは万年助手だと
    陰口を叩かれているのだよ!』
    助手『え?!叩かれているんですか?』

    博士『こ、コホン! と、とにかく、
    研究者というのは机での論理も大事だが、
    真実を見極める目というのを
    養はなくてはならんのだ!』

    助手『と、いいますと?』

    博士『ウニ家は、確かにウニちゃん飼い主さんは
    ウニ氏には甘い。そしてヒロシ氏は、
    ウニ氏には厳しい。』

    助手『はい。ご本人がそう言ってらっしゃいます。』

    博士『だから、ウニ家もノパール家と同じだという結論に
    キミは飛びついたようだがね?』
    助手『はい。』

    博士『チッ!チッ!チッ!だから浅はかなんじゃ!
    いいかい?肝心なのは、
    ヒロシ氏とウニちゃん飼い主さんとの関係じゃ!
    わたしの方程式では絶大な力をもって
    U飼い主>H という結論になる。』

    助手『え?!そ、そんなことは
    どこにも書いてありませんが?』

    博士『ふん!そんなことはウログを読めば明白じゃ!
    だから、ウニ家は H>U>U飼い主>H
    というサークル方式が適用される!』

    助手『さ、さすが、博士ッ!!』

    博士(玉木君は来年も助手だな…)



    遊んでみました~
    wwww ヾ(≧▽≦) ノ

    • 投稿者: ノパール
    • 2016/01/15(金) 11:45:46
    • [編集]

    あははー!!!おもしろいっ!すごいっ!

    そうなのよ~( ´艸`)

    • 投稿者: ウニの飼い主
    • 2016/01/15(金) 21:02:27
    • [編集]

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する