FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

覚悟しましょ。

  • 2016/01/05(火) 21:52:58

新年早々、おシモの話ですので、

苦手な方はスルーで、どうぞ。






















さて、食糞ボーイ、ミスタービーシー

飼い主の苦悩もそっちのけ、

忘れたころにシタリ顔でやっちまうやあつです。



色々試し、最後の食糞防止

助けて~シロップマァン~


食糞防止剤をえさに混ぜても
効果なし~~~

この現代のシロモノを持っても、
すでに成す術もないことがわかってしまった~

去年の暮でございます。


大ショック!



んこ処理班は、
暮れにはオットーが増員しましたので、
本来ならば完全体制のはずだったのに、


わたしが台所へ立ち、
オットーがちょっと席を外したその瞬間、


大ショック!



やられちまったのです。


敵ながらミスタービーシーあっぱれ!

手薄のところを狙うとは、

怪盗ルパンに勝るとも劣らない~
{って、ルパンは、んこ、取らねえよっ!




もう最近の んこ処理班としては
特別な作戦があるわけでもなく、

かなり諦めムードで、

ただただ、んこを見逃さず、

したら、サッと取るだけ。


これだけのこと~



これだけのことなのに、




たまに忘れたころに、
ほんの一瞬の隙を突かれ、

やられちまう~


大ショック!





最近わかったことですが、

ミスタービーシーの腸は、

好きな時に絞り出せるボーイなのであり、



どど~んと、 んこ したから、

もう安心ね~と胸をなで下ろし、
んこ処理班も油断して、


少し目を離したすきに、

あやつは、またすごい勢いで
ちょろ~んと絞り出す。


さっきしたわけですからね、

そら、もうほんのチョビリ~
絞り出しのシロモノで、


あやつも渾身の力をふりしぼるわけですが、

それをなんとなあく、鼻につけて

時には口にいれ~的



だが、なんのために、
ミスタービーシーは
そんなことをするんでしょうかねえ?

絞り出してまで~




食糞する犬には明らかに理由があって、


そのほとんどが、ストレスや病気ってことですが、




どうも、我が家のBCは、それとは違って

なんとなく、腹いせ~


って感じがプンプン臭います。




というのも、
必ず食糞するコンディッションは


リビングと廊下の国境の扉が
閉まっているときなのです。


でもわたしたちが食事中ならば、
ドアに張り付いてるガラスから、
ミスタービーシーの挙動を伺ってますから
モーマンタイ~ノープロブレムなのですが、



ノパールが料理中で
ドア越しに見えない、そのとき、


暮れの現場は、
わたしが料理中でも
オットーが監視していたのですが、

オットーがコーヒーを入れてるその一瞬の隙を
狙われたのでございます。




まったく、すごいボーイだよ。

無言のイヤガラセですか?

国境の扉を閉めてんじゃねえよ!とか?







こうなると、散歩中の んこは、

目につくので、
絶対に食べることはないので、
安全なのですが、


あの横断歩道事件のような
垂れ流しの危険性もあるのでございます。




個人的には、もう二度と
あの横断歩道の行ったり来たりは

絶対に絶対に避けたいのでございますが、






こうなると、どっちがいいのか?





食糞覚悟で、んこ処理班のレベル5で
警戒マックスで、ことにあたるか?


あるいは、散歩で んこを出し切るか?
{これは、かなり高度~




色々悩むのでございますが、




現在は、

ミスタービーシーの腸活動自由自在を
逆手にとって、


目が離れちゃうときは、

トイレの門を閉めることにしています。



だいたい、んこの時間も
なんとなあく把握してきてるので、


危なさそう~

でも目が届かない~


ってときだけパタンと門を閉める。

BCbanio1.jpg

100均で買ったネットで作られた
簡易サークルなので
簡単にドアは開けられるけど、

ミスタービーシーはこうなると
諦めるようです。




トイレの門が開くまで、
じっとしているのです。



時折、

もよおしたらしきときは、

なんとなく、わたしに訴えますので

そのときは門を開けたりしますけど、


いずれにしても、門がしまってるのは
目が行き届かない少しの間なので、


我慢できずに~~ってことは
今のところありません。




いずれにしても、
この食糞問題は
一生続くのだと覚悟した
2016年なのでございます。







BCbanio2.jpg










にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する