FC2ブログ

グレコの反乱1


5月にわたしの手下になったグレコ


だいぶ慣れて、
ついには一心同体となったと思ったのは、

わたしだけだったのか?! orz


結局、あやつは、

グレコ~という名前が気に入らず、

虎視眈々と機会をうかがい、


そして、今だ!攻めろおおおお!!



ああああ、不覚にも油断した。





大ショック!




といいますのも、



しがない作家さんぽく、

カフェで、創作話の続きでも書きましょう~


なんつって元気にグレコと一緒にカフェに入る。


実に調子よく、タカタカとキーボードを軽快にたたき、

機嫌よく文が進む、


で、集中力切れれば、

またまたネットの海でひと休み~



なんていう繰り返しをしながら、

小一時間いや、もっと、
90分くらいグレコと戯れ、



コーヒーも空になったので、


おかわりでもしましょうと注文していた、数分、


気が付けば、グレコはスリープモードに入り、

再びログインして、ウィンドウズの中へ入ろうと、、





サインインするために、

グレコが言います。


『パスワードは?』

いつものことなので、わたしは
迷わず、カチカチと打ちます。



『●●●●●』





すると、


『パスワードが違います。』

なんていう返事が返ってきました。



このおっチョコ野郎、よく、打ち間違いをしますから、


『おっといけねえ、いけねえ、いけねえ、』



なあんて、頭をかきながら、もう一度パスワードをいれます。




さすれば、



『パスワードが違います。』



え?


今度は、ちょっとばかり真剣です。

しっかりとキーボードを見ながら、
ひとつひとつ丁寧に打ちました。



『パスワードが違います。』


え?




/カチカチカチ/

『違います!』



え?



/カチカチカチ/

『違います。』


うそだろおおおおお


/カチカチ/

『違います!!!』




この繰り返し、ゆうに10回はやった。

これが銀行の暗証番号だったら、

すでに、カード使用をキャンセルされてるとこですけど、

まあ、PCの話ですから、キャンセルされないまま、

/カチカチカチ/
『違います。』

の続行で、

困ったわたしは、いったんグレコをシャットダウンいたしました。









~  ぷつん   ~








~3





ゆっくり息をはき、落ち着いて、
グレコをオンにします。



そして、パスワードの段になり、




『●●●●●』


懇切丁寧に、そして祈る気持ちでキーボードをたたきます。





グレコ、考え中、

グレコ、考え中、考え中、考え中



画面が考えてます。




わたしはごくりと唾を飲み込み、
グレコの動向をひたすら見守りつうつ、、、








パスワード オッケ!




やっと認証されました。


ほっ~~~3



胸をなでおろしたわたくしでございます。



しかし、安堵したノパールとは裏腹、


ここからがグレコの反撃です。





ウィンドウズが起動しても、




日本語入力の言語バーが見事に消えてしまっていました。




いわゆる microsoft IME っていう

マイクロソフトさんが無料提供している
規定の入力日本語システム、


これが、使えないんです。



どんなに、英語からスイッチしようとも、



グレコは、頑固にも、ひらがなを書くことを無視し、
アルファベットを書き続けます。



『あ』を打つために、
いつもなら、『A』を打つわけです。
{わたしはローマ字変換しかできないので、、


けれど今日のグレコは
『A』は『A』のまま、

完全に、アメリカ人かイギリス人か、
とにかく母国語にABCを使用する人のように、



『ニホンゴ、ワカリマセ~ン』



とでもいいたげな嫌味な野郎に成り代わっております。






『ちょっとちょっと、ノパールさん、
そういうときは、ほらほら、コントロールパネルよ?
ミーコ、ちゃんとそれで、言語バー出せたモンvvv』





なあんて、甘ったれたミーコになんぞ {だれ? 
言われたかあないっ!


あたしゃねえ、腐ってもプチおたく、



PCに何かあれば、一応基本の動作は知ってますって!



そんなことは、とっくにやってんですって!



わたしなりに、できることを全部試しました。

もちろんネットの海にでて、


同じ被害にあわれてる方と、
同類相憐れみ~を分かちあおうと

必死に、検索するのですが、



だが、





いかんせん、ローマ字しか打てません。



『gengo bar kieta totsuzen』


みたいな、『父帰る、』 的 文が並び、

埒があきません。


それでもあきらめず、必死になりましたけど、



グレコ、アメリカ人に戻るの巻~


グレコ勝手に改め


グレゴリー マルコス クロフォード

みたいな、そんな名前を勝手に自負しているような、

{グレコなんてネーミングつけて
わたしが(少しは) 悪かったよ~


などと反省しても、

わたしの悔恨はグレコには届きません。


何を打っても触っても、
うんともすんとも、




返ってくるのは、

UNTOMOSUNTOMO のアルファベットの羅列。




ならば、





わたしは、カフェを出ることにして、


家路に急ぎます。





だって、うちに帰れば、

愛しのロシータがいるんですもの~vv




とはいえ、この数か月、

グレコにかかりっきりで、
ロシータとも会っておりません。


妙にへそを曲げてないことだけを祈ります。






つづく~~
 

Comment


        

11 | 2019/12 | 01

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています。
プロフィール
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
アクセスランキング
最新トラックバック
wow