FC2ブログ

わたしの燦然と輝く部屋は
今日も、整理整頓で、美しい~


なんてすがすがしいんでしょうか?
と整頓された本棚を見ながら、

ふと、隙間風が~ ふらり~と心を揺るがすのです。



それは、本棚が示す通り、


ほぼ2か月、BL本を読んでいないという事実。


もちろん、その間、己の琴線に何かひっかからないかと
ネットの海を泳いでいるのですが、どうにもこうにも
ピンとくるものがなく。


ならば、そろそろ数年前に買った、木原先生の

HOME
(アマゾン購入ページに飛びます)

そろそろ読み時かしら?
などと考えたり、、、


これをすぐに読まないのが、

イタイ!辛い!暗い!という読後の感想が多く、
もちろん、木原先生ですから、間違いない話だとは思うのですが、

こちらの心が不安定だと
なんとなく滅入りそうだな~~という不安があって、

ずっと読むのを先延ばしにしていた本です。



でも、こうも読む本がないと、

そろそろ、手にとろうかしら?とも思う。



さっき、BL本を探すためネットの海をさまよっていて、


アメリカだと、『YAOI』ってワードが
結構、その道のマニアには浸透していて、

もちろん、『BL』ワードもあるにはあるけど、
BL ってだけだとBOYS LOVEの意味のほか、
何かの略語だったり、人のイニシアルだったりと

バラエティな意味があるので、




わたしたちの持つ、BL って意味だと、

YAOI という言葉がぴったりのようです。


でもアメリカで、やおい という言葉が浸透するって
不思議だなあと思って語源を調べてみたら、



やおいって



 山なし


 落ちなし


 意味なし



という、単なる直接的な性描写に特化した話を
こう呼ぶということが、語源らしく、びっくり!



わたしの中の認識では

ヤオイ = 現在のBLって感じで、

たとえファンタジーとはいえ、

山場あり~の落ちあり~の
胸キュンありあり~の作品だと思っていました。



まあ、最初は、そういった性描写だけが
あからさまに
注目を浴びていたのかもしれないけれど、


やっぱり、そればっかじゃ、
飽きられちゃうもんね。


山なし、
落ちなし、
意味なし、

なんていう内容じゃ
つまんない!

{それって、アンタのブログじゃないのかい?
ふん!落ちはあるさ!ふんだ!


なあんてことを思いながら
色々調べてたら、


あ!ちょっと見つけた!

読んでみたい本!

本屋でぺらぺらと明日でも見てみようっと~~

メモメモφ(.. )


 

Comment


        

11 | 2019/12 | 01

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています。
プロフィール
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
アクセスランキング
最新トラックバック
wow