FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2020 / 06 ≫

老後のための覚書2015シリーズvv

  • 2015/04/08(水) 08:39:03


チョコチョコと、時間があいたときに
おもてなしBL本お客様を読んでて、

その中でお迎えした桂和泉さんの本、

やっぱ、安定感抜群で、
安心して読める文章の匠~~

なんてことを感心しつつ、

でも本日の感想は、
桂さんではなく、

こちら~~



この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫)この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫)
(2007/05)
李丘 那岐

商品詳細を見る



これは、結構読み漁った
李丘那岐さんの
このそのシリーズのスピンオフ。

主人公鋭の弟、亮のお話でございます。


これ、大好きなシリーズもので、


この運命を笑え (幻冬舎ルチル文庫)この運命を笑え (幻冬舎ルチル文庫)
(2008/06/16)
李丘 那岐

商品詳細を見る

この純情を暴け、{商品画像が見つからなかった!


こちらの2冊読んでて、
間違いない!
わたしの好みのお話。

で、このスピンオフ、

是非とも、『この愛を喰らえ!』

これが読みたくて、

ずううううっとずうううっと探していて、
見つからず、オーマイガッ! orz orz orz


半ばあきらめていたら、


そしたら、今回おもてなし文庫箱に、


じゃああああ~~~ん


この本を見つけた時の嬉しさったらないわああvvv

やった!やった!やった!
なんて小躍りしてテンション上がってたら、



プレゼント~~って大師匠さまが
おっしゃってくださった。


あんがとよおおおおお!


テンションあがりまくったものの、


カーム ダウン、カーム ダウン、落ち着いて~

こういう興奮状態のときに読むよりも、

少しほとぼりが冷めてから読みましょう!



己を諌め、


しばし、焦らして読まなかった。


そして、この度、もう我慢が出来ず、

読んでしまった~~~~~


その感想はコチラ


あい変らず、勝手な個人の意見と
ネタバレありありかもしれないけれど
それでもいいよ~というかたのみこちらから~







やっぱ、好みドンピシャなんだよ!


わたしはやっぱり人情ものに弱い!
この一言に尽きるシリーズなんです。



反社会的勢力に属している颯洵 x 義侠心満載の鋭

これがメインの二人で、

この間にちょこまか、チョコマカと
邪魔しに入ってくる、

甘ちゃんひねくれ弟、亮と

ひょうひょうとして
何を考えているわからない医者の藍川


スピンオフはこの二人が軸に
話が進むものの、

あい変らず人情に厚いお兄ちゃんキャラの鋭とか
当然、颯洵とか、
あと、鋭を慕う仲間たちなどで
賑わいをみせ、

二人の恋愛話に色を添えていく。



やっぱ、こういうのがいいんだなあ。

恋愛話に色をそえてくれる、

家族の情や、人の温かみ、


そして、李丘那岐さんの文章に
青葉のような若々しくイキイキとした流れにのって
わたしを素敵な世界に導いてくれる。

難しいことは何も考えず、
ああ、やっぱ、人の情けはいいもんだ~

なあんてことを読後感に思える幸せ。


単純なようだけど、これが人生の真理で、

男が男を愛するっていう大きさのようなものを
感じさせる、これぞ、BLの真髄~




甘ちゃんの亮は、
最後まで甘ちゃんだけれど、
それでも少しずつ少しずつ
お兄ちゃん離れもしつうつ、

何でも包み込んでくれる大人の藍川に
溺愛される。

このツボもわたしの萌えポイント~~



美しき冷酷な男 颯洵 が
あい変らず鋭を真剣に想っているのも
垣間見れる、嬉しい1冊~~



ありがとよ~~vvv

大師匠~~~こんな素敵なプレゼント~~

これで完全3冊で1セット、

本棚に堂々と光り輝きまあす

  • | Edit
  • この記事に対するコメント

    そんなに喜んで頂けたら、送ったこちらも送り甲斐があります☆

    このシリーズ、きっと人気あるのね。
    なかなか古本屋で見かけないもの。
    だから、見つけた瞬間『あったよ!ノパールさん!!』って
    心の中で叫んじゃった(笑)

    コンプリート出来て、ホント良かった!

    自分好みのBL小説(いや、BLじゃなくても)に出会うと
    本当に嬉しいよね♪
    本って何度でも読み返せるし、何気ない時にスッと手にとって
    その世界に入りこめるのが素晴らしいと思うわ。
    映画とかだと、ちょっとワンクッションあるじゃない?
    もちろん映画も好きだけど、DVDで見るとしても本ほどの手軽さはない。

    やはり本は良いなぁとしみじみ思います。
    でも、最近は好みのBLに出会えなくて、四苦八苦。
    …もっともっと初めての作家さんにも手を出さなきゃダメかしら???

    お互いに萌えBL探しの旅…頑張ろう~!!

    あ、最後になりましたが、足の筋大丈夫ですか?
    どうぞお大事にね。

    • 投稿者: JUN
    • 2015/04/08(水) 09:03:08
    • [編集]

    Re: タイトルなし

    JUNさん、

    ありがとね。

    もう完璧にシリーズそろっちゃったから
    嬉しい限り~~~小躍り中~


    スピンオフも面白かったけど、
    やっぱり、本編の二人のその後やら
    もうひとつのスピンオフ、伊沢x津田も
    もっと読みたいわたくしでございます。

    お陰さまで、足も平気なようでほっ!
    あたたかいお言葉ありがと~~vv

    ここのところ、BL作家さんの探索は
    ちょっと息切れで、諦めモード。

    なかなか榎田先生の
    艶っぽい時代のような自分の萌えツボを
    刺激する作品には出会えないなあ。


    木原先生も大好きだけど、
    でも読むとき緊張するし、
    未だ、HOME読んでないって、どうよ?

    玄上さんのは、現代もの楽しみです。

    まだまだ、おもてなしの箱は
    宝物が残っているので、
    寝る前の密かな楽しみです。


    いつもありがとね。vvv

    • 投稿者: ノパール
    • 2015/04/08(水) 14:00:28
    • [編集]

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する