FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

ワタシのレはエルじゃアリマセエエエン!

  • 2014/09/05(金) 20:17:38

今、テレビで、男子サッカー、対ウルグアイ戦を見ているのだけれど、


実は、ちょっと嬉しいのが、
代表監督さんが、


メキシコ人なのでありますね、!


オーラアミーゴ!!!



がんばれ!メヒコ



日本で、メキシコって言葉を聞くと超嬉しくて
vvvvvv

メヒコ贔屓のわたしとしては、

日本人が正しい形で、メキシコを知ってくれることが一番うれしいのだ。


正しい形っていうのは、

『メキシコってフラメンコ有名だよね?』

とか、

『メキシコの言葉って、メキシコ語??』

とかとか、、、
ツッコミどころ満載の知識ではなくて、、



日本人だって外国へ行って、


『オーニホンジンネ?、ワタシ、キムチ、ダイスキデエエース!』

とか、

『ニホン、サムライ、ハラキリー』

その一点張りとかばっかだと、辟易するけど、

意外と、日本にいると、

他国の文化を誤解して認識してることもあるわけで、、、




なので、ハビエル アギーレ監督が超有名になって、
メキシコの文化がもっともっと日本で話題になればいいなあvvvv



さてさて、数日前、何かの記事で読んだけど、


アギーレ監督が日本に向けて言った言葉~


『わたしのアギーレのエルではないです。』


これ、よくあるんですよねえ。


わたしたちの『ラリルレロ』は、

ローマ字だと表記だけど、

発音だと、

LA LI LU LE LO

と聞こえたりするんですね。


意識してないんだけど、


ゆりこ、りりこ、まりこ とかとか、

リコさんがつく名前は、

あえて、舌を丸めたRの発音ではなく、

舌がちょっと歯茎にくっつくような、

Lのような『リコ 』という音を
発しているような気が致します。




そして、ここで特筆するのは、



アギーレ監督は、

AGUIRRE と書き、


Rがダブルで並んだ=RR= 場合のスペイン語のお約束事は、


ドゥーーーーーーー


つまり、巻き舌のレで発音致します。



なので、アギーレ監督は、

アギーレレレ

舌が巻き舌で震える感じの『レ』となります。




日本語で育ったわたしたちには、Rだろうが、Lだろうが
全くもって区別もできませんが、


RとLの違いのわかる国の人たちは、

例えば、、、

Lily という単語を、Rの発音でリリーと言ったり、


Rubyを、Lの発音で、ルビーと言われたりすると


どうやら、お尻がむずむずと気持ちが悪いようです。


ましてや、RRふたつが続く 巻き舌レの発音をしてくれない

己の名字に対して、


アギーレ監督の心中はいかばかりかああああ???



まあ、でも彼は腐ってもメヒコ人 (いや腐ってないし)


ちっちゃいことは気にしない~~
ワカチコワカチコ~~~


という陽気な気質で、
監督の間は、しっかりと日本に根をおろしてくれることでしょう!



ビバ アギーレレレ~~~






  • | Edit
  • この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する