FC2ブログ

毎日のこと、笑っちゃったこと、書いていきます。小説も覗いてね。安らぎのひとときを!ワンコ・ビションフリーゼも活躍中~

  面白いこと探そ!のナビゲーター   トップページ > 2015年10月  
RSS   |   Archives   |   

オフのため、アゲアゲ~

2015 - 10/01 [Thu] - 09:13



やっと少し落ち着いたので、

今日は、創作のストックに集中しますね。

なので、あげあげ~します。





BCoffmode.jpg

来てから1週間1

2015 - 10/02 [Fri] - 18:22


日々、成長している我がミスタービーシー。

わたしの記憶のためにも、
少しずつ色々なことを書いて行こう
と、思うのであります。



これは、ノパール家のしつけ方の記録であり、

あくまでもわたしとオットーとBCとの関係において

暗中模索の中で実行しているもので、

これが正解だというわけではありません。

ご参考程度に読んでいただければと思います。









ペットショップから連れてこられたBC。
まず、我が家に放たれる~~~







nopalhouse2.jpg

我が家のおうちの見取り図ですね。
わかりにくいけど。

茶色の楕円形がそれぞれの部屋に入るドア。
青が、廊下側から入る緑の部屋への襖。


そして、リビングのフローリングと
緑の部屋はバリアフリーで
囲いがありません。
廊下側からは襖でシャットダウンできるけど、


リビング側からは、ボーダーレスです。





事前にオットーと相談していたのは、




とにかく、廊下とダイニング、
及びソファーの置いてあるリビングで
放し飼いにしましょう~


BCのテリトリーは、

フローリングのところだけ。
(これが、ダイニング・リビング
そして廊下ね)

そこで飼いましょう。


外出時と眠るときは、
ケージにいれる。


ケージの置き場は
ダイニングのところです。

nopalhouse3.jpg

こんな感じね。


だから、
ケージの中でトイレの癖をつけてしまうと、
食卓に臭いがついても嫌なので、


本場モノのトイレは、

廊下に置いて、


nopalhouse4.jpg




ケージに入っている
睡眠時や、
わたしが外出しているときに、

やむおえない場合の
緊急のときのために、

一応寝床にペットシートは置くことにしました。


とにかく、わたしはぐうたらなだけに
時間だけはたくさんあるので、

わたしが徹底的にしつけができるわけです。





さて、話を戻しますね。

BCを我が家に連れてきて、廊下に放ちました。

とりあえずは、家の臭いになれてもらいたいし、


そして何より何より、

BCが本当に歩いたり走ったりできるのか?

その姿を見たかったのです。


だって、ペットショップでは、

ガラスの中だけしか動いているのみえないし、

触るときはいつも抱っこしかさせてもらえなかったので、

犬らしい動きなどみたことがなかった~~







つうことで、クンクン、クンクン、

大雑把な感じで嗅ぎまわる。




『きゃああ、歩いてるよ。
歩けるんだねえ~』


とわたしの感嘆している声と、

中高年まっただかになって
ペット初体験のオットーは、

『かわいいね~かわいいね~』


と、まるで、可愛いOLさんのような
黄色い声ではしゃぎます。







あっ?!




バカ夫婦が互いにキャッキャッとしてるまに、

BCは着々と己の臭いをマーキング?
いや、単にオシッコがしたかったのか、


あろうことか、緑の部屋のじゅうたんに

ちゃあああ~~





『のー!ノー!』




わたしの怒声が響きます。
あわてて、BCを抱え廊下トイレへ
彼をおきますが、

BCにしてみれば、スッキリンコン。


出すものはすでに、絨毯で出し切ったご様子です。


わたしは、



『トイレ! トイレ!』


ペットシートに置いたBCに
何度も連呼します。




勿論、赤ちゃんのBCが理解するわけではありません。

けれど、人間の発する言葉を耳に残すことは、

決して無駄ではないとわたしは思っています。




わたしの犬歴は、ざっとこんな感じ。


alldogs.jpg


躾に関しては、
5の柴タローと6のダッキーは、
わたしが、
お座り、待て、とかお預けとか、
あと、トイレとか、

そんなのを仕込んだので、

犬の躾に関しては、
自信もあるし、あまり心配はしてなかったんですね。




だから、我が家のBCも初日から、


オシッコを変なところでしたら、

『ノー!


という大きな声で怒るのと、

トイレ場所では『トイレ』
を連呼する。



これを初日からやったんです。



勿論、訓練ではなくて、

大声の『ノー!』は
BCにとって不快な音であること、


トイレという言葉は、
おしっこをするたびの
関連性を、理屈ではなく、
パブロフの犬みたいな
反射的に体にしみ込ませるつもりで。



ものの本では、


クンクンと嗅ぎ始めたら
オシッコとか、んこ のサインなので、

ワンコををトイレに誘導したあげましょう~





というのが定番で、


出来れば、抱っこなどせず、
犬自ら、トイレへ行く様に仕向ける~



と書かれてあります。


だが、そんなのは無理な話。

クンクンし始めて、
こっちが誘導もへったくれもないうちに

BCにはちゃあ~されてしまうので、


クンクン嗅ぎ始めたら、素早く
抱っこしてトイレシートに置いて、


ノパール家、トイレ呼称歌~開始~


とばかりに、


『トイレ!トイレ!トイレ!トイレ!』

2拍子のリズムで囃したて、
BCの耳に体で覚えさせる。



この抱っこ作戦とトイレ奨励歌はセットで、
1日目にかなりの成功と思いきや、



わたしが目を放してる隙に、

緑のじゅうたんで再び~~



そして、オットーにトイレ監視を頼んでたら、
オットーは犬を飼うのがはじめてなので、
今一つ、オシッコしたそうなタイミングを逃し、



3度目の緑のじゅうたんでのおもらし~~





どんなに消臭して、
絨毯を掃除したって、
こちとら素人です。


完璧なオシッコの臭いが
取れるわけではないんです!
そして相手は、臭覚鋭敏のプロ!
これはどうあっても、もう勝ち目がありません。


もうBCの頭の中では、
そこがトイレと思ったに違いありません。

思ってしまったら、
もうどんなに ノー!と
声をはりあげたって、無理な話です。




そこで、ウィキの女は、ネットの海に、ざぶ~ん。

犬の行動学について知ることにしました。




すると、犬は、己の臭いがついてない場所で、
初めておしっこしたとき、

肉球の感触で覚えていて、


その感触が不快でなければ、
その記憶と臭いを頼りに同じ場所でオシッコをする。


つまり、我が家の唯一の絨毯があるのが、
あの緑の部屋~


つまりBCはそこが気にいって、
肉球の感触と、臭いの元から、
絨毯でクンクンすると自動的にちゃあ~~~

うわあああ~~ん、


それは、困る!困るんだよ!




まだ、我が家の床を踏んで、

一夜も開けてないうちに、

勝手に絨毯をトイレと思っては…




敗北!ノパール、敗北!!



まあまあ、ノパールさん、
躾はゆっくりと、

まずは、わんちゃんをお家に慣らさせてあげて~



って、ほとんどの方ならそういでしょう。

オットーも、まさにそのクチです。





でも、わたしは最初が肝心だと思っている。
だから、まだちっちゃい赤ちゃん仔犬で
理解できないからといっても、

こちらの態度だけは、
毅然と一貫しなくてはいけない!

というのがわたしの犬を躾けるポリシーなのです。





そこで、 兵器を投入することにしました。




それは、これ!
BCtraining1.jpg

ミスタービーシーは小型犬なので、

一番ちっちゃなミニペットボトルを用意しました。

こんなこともあろかと、
以前買ったとき、捨てずにとっておいた~


偉いわ~ノパールさんvv
{って、また自画自賛だね?!






で、からのボトルに、
釘やらネジやらを数個入れます。

BCtraining2.jpg

こんな感じね?




重くなっては凶器になりうるし、
また、たくさん入れてしまうと
音が大きくなりすぎてしまうので、

小型犬は驚き過ぎてしまいます。






で、ここで大切なのは、中身が飛び出さないように
しっかりとボトルの蓋をしめることです。






さて、これで準備完了です。





いつでも来いや~~~!





ほーほほほほ~


やってきました。
案の定、BCは緑の絨毯を堂々と
クンクンし始め、


ああ、これは、トイレですな?


彼が鼻を絨毯につけて嗅いで、
無防備になっている、その瞬間、



ペットボトルを少し強めに叩きつけるのと同時に、

『ノー!』 と声をを発しました。





BCtraining3.jpg




これ投げるタイミングが大事です。




前々から緑の絨毯の上にいると

『ノー!』 と言葉が発せられていて、
それでもオシッコをしていたとしても、

この『ノー!』とガシャンとペットボトルが投げられた脅威。


BCの記憶に緑の絨毯にいたら怖いことが起きた!
という事実が刷り込まれます。



この作戦は大いに功を奏します。



それ以降、彼は緑の部屋には
決して近づかない。


かなり厳しい初日でね。

BCにとっては晴天霹靂でありましょう。




けれど、この初日にこの作戦を決行したのには、
BCの性格を見越したんですね。




だって、わたしが大きな声で


『ノー!





と、叱っても廊下に逃げていき、
床でふて寝のスネタロウになりさがってているわりには、


尾っぽが下に丸め込まれていたり、
おどおどしたり、体が震えていたり、


などというビビリ反応ないし、





異常なマイペースだし、
あまり臆病ではなさそうです。





なので、叱っても
理解する段階の前に


言葉の持つ不快音を
察知しないやあつかもしれん!




ならば、



ということで、ビビり音作戦に切り替え

緑の絨毯の部屋は感触がいいけれど、

怖い部屋。つまり居心地はよくない。

トイレには安全ではない。



という記憶が刷り込まれたようです。


故に、まんまと大成功!




successboard2.jpg

ふふ~~んvvとハラグロノパールは
BCの躾に
少しばかり光を見た気がしたのです。





ただこれがわたしの大きな誤算で、


ミスタービーシーは

かなり手ごわい相手だということを

そのときのわたしはまだ知らなかったのでございます。



うわ~ん。




つづく~~~

ワインの味は夢の中へ

2015 - 10/04 [Sun] - 09:44

昨夜ラグビー中継があるからと

ワクワクしていたのに、

ワインでほろ酔いかげん~




気が付けば、







朝、5時半で






ミスタービーシーとオットーの会話で

目覚めた。




大ショック!





結局寝落ちだ。 チッ!


オットーが得意げに、



『でも勝ったんだよ~
すごかったんだよ~~』



なんとなく、オットーが
わたしよりも先に結果をしっている感に
屈辱~~



まあ、いいさ!
こんなこともあろうかと、
録画しておいたんですもの。


コーヒーを飲みながらゆっくり見たし~~





昨夜、ほろ酔いした赤ワインはこちら=


chateau pascaud2010_appx2000


お手頃価格の棚には、
大概、2012年、2013年が多い中、

久々に見る2010年。


まあ、我が家のテーブルワインとしての
お手頃価格にしては、

2000円弱は、ちと高い。


だって、うちは、1000円ちょい超えくらいのラインで
己ににあった味のワインを追究しているのですもの。


このワインは、以前わたしが一人で買ったもの。


大概、オットーとチョイスするのが
ノパール家の慣わしなんですが、

そのときは、ポイントデーかなんかで、
わたし一人でチョイスした。


基本に忠実な女は、
ボルドーなら間違いない!

という我が家の家訓にて、

ボルドーを選んだというわけでございます。




はたしてお味は?



悪くない! 

ワインらしい香りと、
食べ物の味をこわさない嫌味のない感。


オットー曰く、

『ちょっとさっぱりめ?』


とのことですけど、


わたしとしては、

『そうかい?』

って感じ。

変な作られた甘さも残らないし、

ワインらしさも感じられる~




とはいえ、昨夜の味を

翌日の今、記憶貯蔵庫の奥底から
絞りだすように引き出しているので、

あまり詳しい描写は書けないのが本音~~


毎朝5時半起床、週末も同様の女は、

このワイングラス3杯ほどで、
夢の中へ~~


安上がりの女でございます。はい。vv

ミスタービーシー、実家へ行く~

2015 - 10/04 [Sun] - 20:44


そろそろ、BCをノパール家の
ヒエルアルキートップに君臨する実家の母の元へ、

ご挨拶に伺うことにしました。

BCはやっと3か月になったばかりで、
まだ3回目のワクチンをしていないので、

散歩は出来ません。
{これも驚きなの。
昔の子犬は、ワクチンは大概1回だけでよかったのよ~
だって、母犬から母乳もらって免疫ができてたもの。


なので、メッシュの袋にいれて、



BC in a bag


注意:これは撮影のため、自宅に戻って
    パチリしてもらったので、BCが苦しそうですが、
 

     安心してください!


      ちゃんと入ってますよvv

BC in a bag2





さてさて、


30分以上歩いて、
最後は15分のタクシーに揺られ
実家にご到着。



袋の中とはいえ、

初めての街の雑踏やら、

様々な音に、


鼻がお忙しく、クンクンと動き、
かなり緊張モードのご様子で、



初の実家に到着しても



我が家とは違った臭いであるにもかかわらず、

もうお疲れモード。


勿論、最初に、母の足やら体をクンクンかがせたあと、

ミスタービーシー選手

死んだようにバタリ~




BCsleeping.jpg


もう熟睡モードでございます。





そして、初めての場所だというのに、


リビングに入ることをノー!と教えられた彼は、
廊下でぐっすりと眠るだけ~



親ばかでありますが、


なんてお利口なんだっ!




もう、うんともスンともいわず、
熟睡あるのみ。

途中母が、心配して、


『大丈夫なの?』



などと数回覗きに行く。


ふふふ~母も
ミスタービーシーマジックにかかって、
虜な日も近い~~vvv ほほほほ~



のちの躾編で、書くつもりですが、
このBC,クールな子です。


無駄吠えもしないかわりに、

今まで実家で飼っていた
愛しきおバカわんこたちと比べても
まったくもってクール。

特に、眠いときなどは、
もう、わたしたちが名前を呼んでも

無視無視無視~~~


そんなワンコです。



本当に疲れたご様子で、

お眠りになっておりますが、


やはり、時折、母が覗くと、

『えっと~何か?』


的に、目をパチリとあけ、
母に、つぶらな瞳を向けます。




母も、動物にはクールな女です。
動物がキライなわけではなく、


少しずつ情を移していく、
いわゆるステップバイステップで、
愛情が湧いてくる~そういうタイプ。



なので歴代のワンコたちは、

母に献身的に穏やかに懐いておりまして…





そして、うちのミスタービーシー


貴婦人の愛玩犬あらため

大阪あきんどボーイ。


咄嗟のそろばんハジキはお手のモノ~








母が何度か覗いたあとに、


数時間後、母が、もう一度BCを覗きに行くと

デレ~と寝てるくせに、

母の視線に、つぶらな瞳で


じ~っと

bceyes.jpg


じ~っと
bceyes.jpg




そしてじ~っと
bceyes.jpg








はい、落ちた~

母、落ちました~



『あらあら~目覚めちゃったの?』


何つう声じゃっ?
え?


何という甘い声じゃっ?

あたしゃね{ 浅香せんせ~~
聞いたことありませんよ~
母のそんな優しい声~~~


『ほうら、いらっしゃああい~~~』





母には、悪いが、我らのBCは

そんな簡単には、来ない…



来ないはず…って









えええええええええ?!!!!





しっぽ振りながら来ちゃったよ!

えええ? マジ 母のところに来てる~~~



ええええ???




なんて犬だっ??!!





この世に生を受けて3か月、


野生の本能のなせる業なのか?




ノパール家の女王にヘイコラしてるんだよっ!!






madrelaughing.jpg


そして次の瞬間耳を疑うノパール!!



げげげっ









『またいらっしゃいね~~』




ええええ????




わたしには一度も言ったことがないその言葉!

なんですとおおお?!




その後もBCは、しっぽをばたばたと振っている~~




ひええええ~

母を味方につけたオトコ~




母がのたまう。


『ノパちゃん、あんた、BCちゃんに怒りすぎなんじゃないの?』




はあ?



『もう少し優しくしてあげなさいよ~』







はああああ???



思わず、ミスタービーシーのほくそ笑んだ笑いが

聞こえたような気がしたのは、気のせいではない!








だが、わたしはこれからもアンタには
ビシバシとしつけますからね!


覚悟おし!!!









余談:

わたしたちが実家を後にして、

ほどなくして、外出していた姉がご帰宅。


母はすかさず、今日のことを報告したらしいのですが…




『今日ね、ノパちゃんたちが来たんだけど、
ワンコも連れてきたのよ!』


と、開口一番、そういってきたので、

姉は、『ワンコかわいかった?』って聞こうと
息を吸った途端に、



『もうね、かわいかったの~vvv


ですって。ついに母をも陥落したBC。
おそるべし、BC!

来てから1週間・2

2015 - 10/05 [Mon] - 09:33


さて、2日目以降、

トイレトレーニングは順調です。


オットーもオシッコや、んこ のタイミングも
学習したこともあり、


いわゆるシルバー連休中に
ミスターBCをお迎えしたおかげで、


監視の目が
4つという 万全体制の中、

トイレのトレーニングは
誘導してかなりの高率。


んこは、100発100中で、

オシッコはもうミドリの部屋には
絶対にしません。

ただ、時折、時折、
別場所で粗相をするのがオシッコです。




けれど、ものの本によれば、

そればすべてノパールの責任であるとのこと。


だって、床が汚いから、
あなたのペットが平気で
粗相する。


わかりやした!


ってえんで、

もう、1日何度も、

床を磨き、消臭剤の
床を磨き消臭剤の連続です。
(もちろん犬に害のないものを使用しています。)


わたしの努力の成果、

ミスタービーシーも
オシッコの粗相が激的に減少。


そして、3日目には
トイレの誘導なしに、んこをしに
廊下のトイレでやっとった~



きゃあああ~ めちゃくちゃ天才!!


まあ、オシッコは時々粗相~



けれど、それはいいんです。

ミスタービーシーの

トイレトレーニングは、
おそらく、そのうちに完璧に学習する

そんな手ごたえがありました。





けれど…





甘噛みがすごいのでございます。


ええーええー存じてますよ。

仔犬は歯のはえかわりで
ムズムズするってえのは、

わたしが飼っていた歴代ワンコも
そうでしたから。

でもねえ、甘噛みのレベルが痛いんです。

そのうえ、わたしたちが歩くと、
足にじゃれて噛んでくる。

というのも、じゃれてください!
と言わんばかりのスリッパを
このバカ夫婦、はいております。



それは、こんなやあつ。

fiberslipa.jpg



つまり、ぐうたら主腐さん、
少しでも手抜きで掃除に役立てたく、

このファイバースリッパで闊歩することで
チリ・埃などのお役立ちグッズとして活躍~~


これはもう数年前からの習慣だし、

今更ビーシーのためだけに、

スリッパを替えるなんて嫌!です。




ならば、BCになれてもらうしかないのですが…






けれど、ミスタービーシーにとっては、


もう、遊びグッズでしかないのであります。

仔犬の習性は猫に似ていて、
とにかく目の前で動くものにじゃれる、じゃれる。


となればですよ?

このファイバースリッパは、
彼にとっては格好の獲物~

挙句、目玉もついてる動物シリーズならば、
本能が血わき踊り、

もうスリッパにかみつき、

足のかかとも甘噛みしつうつ。

撫でれば手に甘噛みされつうつー



勿論、ノパールさん、躾には厳しいですから、


甘噛みされるたびに


『痛い!』


大きな声で威嚇します。


でも、何度やってもビーシーには通じません。







ものの本には、

決して怒ってはいけないこと。
甘噛みされたら、『痛い!』ということ。
そして、それでも収まらないときは、
無視をすること。




ところがですよ?


こやつ、人呼んで、ミスタービーシー




しつけの厳しいノパールが


強めに甘噛みされるたびに


『ノー!!』


わたしが低い声で唸って怒ればですよ?


BCも小っちゃくても本能はある。
一応、怖いんでしょうね、
廊下に逃げ込むのですが、


その後がいけません。


もう、完全なスネタロー!
に,なり下がります。




歴代のわたしが飼っていた犬も、
怒られれば、ハウスに逃げ帰る。


そして、怒ったほうも冷却期間を置くべく、
2,30分くらいは、ペット犬と、
完全に、無視を貫く。


けれど喉元過ぎて、

そろそろ許してやるべ!



と、こちらが思って、



『柴タローvv』


と呼べば、
犬は、嬉しくなって、はちきれんばかりの尻尾フリフリと



さっきは、ごめんね~



と、言わんばかりに、わたしの体をぺろぺろとなめてくれる~
これが歴代の犬たちの反省の仕方です。






ところが、





このBC





スネタローと化したまま、
ずっとスネタローであり、




わたしがホトボリ冷めて、
そろそろ許してやっか~

的に、BCを呼ぶならば、


『おいで~~BCvv おいで~~』



あやつは無視なのです。
まだ、名前を覚えてないこともあるでしょうけれど、
その前に、完全無視~~


うるへ~とばかりに、
わたしに背中を向けるのです。




一度スネタロー、いえ、BCがむくれ、

ホトボリ冷めて、BCを呼んでも、絶対に!絶対!に

来やしない!!











BCfutene.jpg











それならば、無視すればいい!


確かにそうなんですが、


こちらが無視をすればするほど、
イライラしてくるのは、こっち。


だって、アイツは、わたしに無視されていようが、

この行為自体、理解していないというか、

お屁の河童。




数時間後、BCの傍に行けば、


別段唸るわけでも、威嚇してくるわけでもなく、

いわゆる、置きもの状態です。



こちらも怒り過ぎたかと、
手を差し伸べて抱き上げれば、
無抵抗に抱っこされる。


けれど、しっぽを振って嬉しさを表すわけでもなく、



ただただ、大人しく抱っこされるだけ。






仔犬の感情はとても起伏が激しく、

オンオフの差が激しいのは、

犬を飼ったことがある方なら、
おわかりでしょうが、




とにかく、スイッチがはいっちゃうと、
もう、おもちゃを咥えては
テリトリー中、駆け回り、

嬉しい声の唸りをあげて、

わたしたちの前で
遊んで~くれ~ 的要求で、
ぴょん~と後に下がっては、
また逃げていく。


手を出して触ろうものなら、

ガブリガブリの甘噛みで、

赤ちゃんだから許されるレベルの痛さではない。




そして、オフスイッチに戻されれば、

まるでジキルとハイド氏のように、

がらりと大人しくなり、
ぬいぐるみ化になっていく。




ただし、BCの場合、

オンだろうがオフだろうが、

わたしたちが呼んでも来ることは
ほとんどない!!


特にわたしは年中、

『ノー!』

『痛い!』

『こらっ!』

しか言わないので、BCは


この人、なんかウルサイ人!




としか認識してないようで、

ごはんあげるときだけ、

たったったっと尾を振りながらやってくるけれど…



哀しいかな、
BCにとって、わたしは、

かなりウルサイ、単なる飯たきオバサンとしか

思ってないようなんです。




トイレは順調に覚えていってくれてるのに、
何故か、わたしにストレスがたまっていく。




外出するときも、
就寝時も、



『ケージ!』


と言って、おりの中にいれてしまい、
外側に毛布で覆い、

『バイバイ』

あるいは

『おやすみ』




と、声をかけてわたしが完全に部屋から出ていけば、

無駄吠えもせず、
静かにケージの中で落ち着くBC.



あんた、ケージの方が好きなんじゃね?



オットーが会社に行っている間、
家を開放しているのにもかかわらず、

下手すりゃ、すぐ、ケージの中で休んでいるというBC.






わたしはね、犬が飼いたいんだよ!

呼べばやってくる、しっぽをフリフリして
何の疑いももたず、
わたしのところに飛んでくる犬がほしいんだよおおっ!!!


今のBCじゃ、単なるぬいぐるみじゃんか?!!!




最近やけに床がピカピカしている部屋の真ん中で

そう叫んだのであります。







BCignorant.jpg

来てから1週間・3

2015 - 10/05 [Mon] - 21:19





これは、ノパール家のしつけ方の記録であり、

あくまでもわたしとオットーとBCとの関係において

暗中模索の中で実行しているもので、

これが正解だというわけではありません。

ご参考程度に読んでいただければと思います。













ミスタービーシーは


トイレ訓練も順調だし、
2日目からケージで大人しく留守番もし、
(カメラ設置で、留守のときでも無駄吠えをしていない~)

寝るときもケージに入れりゃあ、
無駄吠えもしないし…



けれど、わたしにはフツフツとストレスが~


おいで~~

この合図で、尻尾をふって
わたしのところへやってくる~
そんな姿が見たいのでございます。



わかりやした。

来ぬのなら、来させてやろうホトトギス~




というわけで、

4日目、早速ペットショップで
お菓子・ボーロをゲッツ~


ご褒美おやつならば、
ドッグフードでもいいんですけど、


わたしの親心です。



ミスタービーシーは、

犬らしく育てるつもりですから、

食べ物も、ドッグフードパピ―用しか
あげてませんし、


そののち、おやつやら、骨ガムやらの間食も

今のところ、全く考えておりません。




となれば、一生、ドッグフードの味しかしらない犬~


いや、他の味を一生知らなきゃ、
それはそれで幸せではあろうと思うが、



後に犬同士と交流するときに、

犬のテレパシーコミュニケーションで、

こんな日が来るかも~~




BCoutofconversation.jpg




まあ、そのときが来たら来たらで
それは考えるとして、

とにかく今は人間と犬との共同生活において、

生活基盤をしっかり築いてくことに

心血を注ぐノパール{オーバーな!




でまあ、今のBCにとって
ドッグフードだって大ご馳走なのに、

{とにかく食い意地が張っている。
どこが貴婦人の愛玩犬じゃいっ?!


この上、ほんのり甘いボーロなんて
あげちゃったら、嬉しくて死んじゃうんじゃない??


この食い意地張っているところに目をつけて、

食べ物にモノを言わせて、BCを釣ろう~


そう企てたノパールです。



しかしノパールはひと癖もふた癖もある女。


1回呼んで来るたびに、
ボーロ、丸一個あげるのも、
どうなんでしょう??

{食べ過ぎちゃいそうじゃない?


ということで、ボーロを粗い粉にして、
小さなタッパーにいれ、
人サシ指にチョンと粉をつけて
あげることにしました。

{ケチじゃないわよ!ふんだ!






そこでBCを呼んでみる。





『ビーシー、カァム~おいで~~~~』













『・・・・・・』










来やしねえ!
ふんだ、想定内だ!バッキャロー!!!!






そこで廊下のハウスに寝っ転がっているBCに向かって、


リビング側から、粉ボーロの入っているタッパーを振ってみる。





/シャカシャカシャカシャカ/





何だか今まで聞いたことのない音に、

むっ?とBCはハウスのクッション椅子から
顔を出してこっちの様子をうかがっている。




ふふん~




BCおいで~~


声と同時に、BCが案の定、たったったっと
やってきました。



やった~~!!


目の前にやってきたBCが興味津々に
わたしの前で立ち止まります。




『よおおし、よしよしvv』

わたしはオーバーに大きな声で褒め、
頭を撫でようとするが、BCはサッと逃げるように
体をかわします。

ものの本では、

良いことをしたら、
たくさん褒めてなでてあげましょう~

犬は人間に褒められ、
触られることに喜びを感じるのです。




と、まあ、おおまか似たり寄ったりのことが書いてありますが、

BCを見るに、手を出して触ろうとすると、
手が、ターゲットの獲物のようにみえ、
甘噛みをしようとするし、

威嚇や唸るわけではないけれど、
なでなでされても、別段嬉しそうではない様子。



まあ、そのうちになれるでしょう~~


今は、このひと時を楽しみたい~~

だって呼んだら来るんですもの~~




きゃああ~~~





『BC おいで~!!』



たったったったっ~







『おいで~~』

たったったっ




しつこいようですが、


『おいで~~~』


たったったっ~~




このやり取りが延々に続きます。

今ノパールは犬を飼っている!

確かに犬を飼っている!

この実感に酔いしれております。vvv


勿論、お菓子作戦は大成功ですが、

お菓子、いえいえ、ボーロの粉は、

毎回はあげません。


それでもBCはやってきます。



たったったっ~~



彼にとって、このボーロ、
例え粉であっても、

生まれて3か月、幸せの味~だったのでありましょう。



指からこぼれてしまった粉が床に落ち、

その床をペロペロと必死に舐めております。


おいおい、

チミは腐っても、貴婦人の愛玩犬ではなかったのでは?




まあ、この食い意地のお陰で、


名前呼び大作戦、大成功~~

















『ミスタービーシー、カモ~ン!』







BCruning3.jpg

このおやつ大作戦により、
オットーが呼ぶよりも確率よく
わたしのところへやってくるようになったBC。


オットーは、あからさまに肩を落とす。




『ならば、アンタもおやつ大作戦、やってみなよ!』



そう豪語するノパールにオットーは頑なに首を振る~。


『僕は、BCをモノで釣ったりしないんだ!』




はあああ?また、とんだ理想野郎だよっ!


ふん!とわたしは鼻を鳴らし、
オットーには一瞥だけをくれ、
BCがやってくる喜びにテンションだだあがり~






だが、こんな浮かれ女に
翌日、あんな悲劇が待っていようなどとは…





事件は5日目に起こったのでございます。





つづく~~

来てから1週間・4

2015 - 10/06 [Tue] - 17:30

日々、成長している我がミスタービーシー。

わたしの記憶のためにも、
少しずつ色々なことを書いて行こう
と、思うのであります。



これは、ノパール家のしつけ方の記録であり、

あくまでもわたしとオットーとBCとの関係において

暗中模索の中で実行しているもので、

これが正解だというわけではありません。

ご参考程度に読んでいただければと思います。










さて、


BC おいで~


たったったっ~~


お尻をフリフリ、短い脚を動かしながら、
やってくる愛くるしいBCったらかわいらしい。



もう、家に来てからたった5日目にして
楽しいワンコライフ生活に、ノパールもウキウキvv




例え甘噛みが痛くとも、

ノー! 痛い! 作戦は続いていて、
そろそろ、甘噛み対策もせねばとは思っておりました。



で、BCが家に来てまだ5日目、
されどもう5日目、

まだまだ気をぬいちゃあ~ということで、

毎日の習慣通り

{BCへの習慣ね。
わたしとしちゃあ、ずっとずっと家でゴロゴロしてたいんだけど


とにかく、数時間、買い物もあるしってえんで

外出致します。


BCは、ケージにいれられても
いつものように、ウントモスンとも言わず、

毛布に覆われた暗い中で、
落ち着いたご様子。






外出先でも、

考えるのはBCのことばかり。

もう、呼んできてくれるだけで
犬を飼った醍醐味の半分以上は
味わえたんですから。

あとはじっくりと互いの情愛を深めていきゃあいいわけです。




ってえんで、3時間後、無事帰宅~~



いつものように、すぐにケージのところへは行かず、

洗面所で手を洗い、ガラガラ~とウガイを致します。


この頃には、さすがのBCも、


帰ってきたん? 開けてえなあ?!
窮屈やったで~


的、感じで、キャン、くうん、くうん~と鼻を鳴らします。



おお、そうかい、そうかい、
そんなにうれしいのかい?


ノパールも尾っぽがあれば、ばたばたとなっていたことでしょう。


BCをケージから出し、
BCは脱兎のごとく廊下トイレへと。

その後、ケージで窮屈だった体を伸ばしつつ、
ささやかな自由を満喫中~~~

その間、こちらも、買ってきたものなどを
レフリやら棚にしまうわけです。

廊下のドアを閉め、
こちとらも遅い昼飯にありつきます。






そうして、互いに、ま、そろそろ行きますか?


的な空気に~





廊下のドアを開け、BCに待て!をさせ、


粉ボーロで、

『おいで~~

たったったっ~





ああああ、今日もまたやってくる~
BCは忘れちゃいなかったんだよおおっ!
{ボーロの味がな?!



わたしも、今日も今日とて
仔犬といいながらも、
しっかりと犬っぽくなって
ご主人さまのいうことをきくBCに

満足して、テンションがうなぎ上り~~


そうして、BCのテンションだってうなぎ上りです。
毎回、ボーロの粉をもらえるわけではないとしても、
何回かには1回、ありつける幸せ~


『ドッグフードも美味しいけれど、
こんな美味さもあったんねぇ?vv』


BCの心うちはこんな感じでしょうか?



とにかく、このノパールとBCのテンションは
怒涛の如くはねあがります。




そして、わたしはソファに座り、
BCを抱っこする。

BCはハイパーになっているので、
膝の上ではじっとしておらず、


やおら、 

さっき昼食べた臭いがわたしの口からしているのを
めざとく見つけ、

口をなめようとします。


わたしは、

あ!口をゆすがなかったことを思い出し、


BCに口をなめられないように、横を向く。

BCはそれでもピョンとはねて口を舐めようとする。

ノパールはまた横を向く。




そのとき、おそらくBCのつぶらな瞳に映ったのは、



ノパ―ルの耳!



bceyes_ears.jpg


普段、甘噛みを『ノー!』と厳しく注意されているとはいえ

まだまだ直らない甘噛みだが、

本人にしみてれば、多少自粛しているらしく、

わたしに大きな声でノー!と言われれば、

恨めしそうな顔で、ついで、おもちゃをがガジガジしている。

『本当は、あんサンの手かじりたいんすけど、
怖いんで、あっしは、ボールにしてますがね?
やっぱ、あの手の感じがたらないんす。』


そんなことを思いながらオモチャをかじっているのか、

いずれにしても、ストレスはたまっているはず。







そんなとき、



目の前にぶらさがった耳~




わたしもテンションが上がってるし、
BCだってテンション上がってて、

誰一人理性を持つものはいない、その瞬間、








ガブっ!!!!





いたっ!!!





突然の肉に刺さる強い痛み!

わたしは本能でBCをひきはがし、

そのまま、すごい力で、
BCの顔を両手でガッと掴みました。







『何故噛んだ?!!
痛いだろうがああっ!!!!』





わたしの形相は鬼のようだったと思います。

動こうとするBCの顔を押さえつけ、

『何故噛んだ!?痛いッ!!』

こう叫び続ける。


彼は、不安そうな顔をしていますが、

わたしに立ち向かうような威嚇や唸り、
あるいは異常なおびえ

そんな行動は全くないようです。



ジンジン痛む耳を感じながら、


なおも恫喝し、
そのままBCの頭を叩きました。

『ぎゃん!

ハンパじゃありません。

わたしの怒りが真剣だという事を
わからせるために、またはたきました。



『きゃん!』


手を放すと、

あわててBCは廊下に逃げ込みます。


わたしはBCを隅に追いつめます。
次に何をされるのかわからないので、


わたしの方を見つめながら、じりじりと

もう逃げ道のない完全な隅に、追いつめられました。


わたしはじっとBCの目を睨みます。
彼は反抗するつもりはないようですが、

どうしていいのかわからない顔をしていました。






普通ならここでわたしの方へよってきて
恐る恐るぺろぺろととわたしの体を舐めたりする…




でもBCはどうしていいのかわからず、フリーズ。



ここでわたしの頭に血が上りました。



やおら、BCを掴み、仰向けにし、

喉元にぐっと腕を入れ、
顔を近づけ、

上から、

『痛いだろううう!!!!



ノパールの唸りが廊下中に響きました。




BCは無抵抗でしたけれど、

もうなすがままに、わたしの怒りにぐったりしていました。




BCの体から手を放すと、
わたしから逃げるように
脱兎のごとくかけていき、

わたしから遠い反対側の廊下の隅へと
すごすご逃げ帰ります。
しっぽはさがって、少しだけまるまってましたけど、

攻撃体制でもなく、怖くて震えているわけでもなく、

ただ、じっとわたしを見つめている。




文章に書くと長いですけど、

噛まれてから、廊下の隅においつめるまで、
ものの数分出来事です。



そこで耳が異常にジンジンしているので、
傷跡を見るために、洗面所に~~~


















ひえええ~~~~











鏡に映ったノパールの耳から

かなり大量の血があああ~~


血も滴る~~


ダラダラと、
見れば、肩口に血の滴った後。


ひええええ~~


とにかく、消毒消毒~




丁度タイミングよくオットーが
最寄り駅についたというメールが入ったので
{たまには、ナイスなタイミングでの登場も出来るオトコ~



メールなんて返信してる場合じゃないので、

(´Д`○)もしもし

電話にて、耳を噛まれたこと、

化膿止めの薬をかってきてほしいこと。


そして何よりも、ここが大切。

家についても、そのまま静かに入って
決してBCを撫でたり、声をかけないで
すぐにリビングに来て、廊下のドアをバタンと閉めてほしいこと。


それを伝えました。





ここ数日、BCにとってオットーの存在が

ドッグ―フードの次に大好きなモノになっています。

遊び相手として、いつも優しくて、
怒り方も優しいしから、オットーといるときのBCは
とてもても幸せで、

しっぽが千切れてどっかに飛んでっちゃうじゃないか


そのくらいの尻尾バタバタの熱烈歓迎です。




わたしに怖い目にあわされたBCとしてみれば、


オットーに甘えたい~vv

だって、まだ赤ちゃんですもの~~








んにゃ、それは出来ない相談です。

事故とはいえ、

人間を血が出るほど噛んでしまったその罪の重さを

今、BCは感じ取らなくてはいけません。


理屈ではなく、体で覚えなくてはいけません。





オットーが帰宅すると、
案の定、BCは嬉しくて嬉しくて、
この重い空気を一掃するように、


足元にじゃれついて回ります。


もこもしたファイバースリッパ、

これね

fiberslipa.jpg

そして、ふわふわのBCがまとわりつ姿は、

まるで毛糸玉のようで、

う、う、カワユス~~


未だ血が止まらず、
ダラダラと耳から出血している耳を抑えながら

思わず、顔が緩そうですが、ここは、しっかりと真顔をキープ。


BCがわかっているかわかってないのか

そんなことよりも、


己の一貫した態度を示します。






オットーのほうが、
誘惑と戦っていたと思います。



ノパールに噛んで出血させたとはいえ、

遊びからの事故であり、



こんなつぶらな瞳で必死にオットーに
まとわりついてくるBCを健気に思ったに違いありません。


けれど、ノパールからはBC接近禁止令がだされてますから、
それをむやみに破って、ノパールの逆鱗に触れてもいけません。
そうなったら、血をみるのはオットーのほうです。



というわけで、その夜はずっと、ケージにはいるまでは、

BCは廊下でひとり一匹でした。

リビングとの敷居のドアをバタンとしめられ、
4時間ほど、廊下です。

一度クンクンと鼻をならしましたが、

わたしが、ペットボトルをガシャンと振れば、
その音で静けさが蘇りました。





わたしもその4時間色々と考えました。


耳の傷は完全に血は止まっておりませんが、


消毒、クスリ、消毒、クスリの繰り返しで、
徐々におさまってきています。




あのとき、遊んでいて
互いにテンションが高くなっていて、

そのうえ、わたしの口の周りには
食べ物の臭がぷう~んと漂い、

普段から怒られていて
噛みたいのを我慢していたストレスが


すべての条件が重なったときに
誘発されておこってしまった大事故なのだと。


たとえば、わたしに威嚇してとか、

あるいは、臆病ゆえの行動だったりとか、

そういった根っこにある問題行動からなる噛みではなく、

遊んでいてたまたまやっちゃた~的な事故です。

そうなるとBCは悪くはありません。

甘噛み自体は、

仔犬ならどの子もやる。


ただ、甘噛みの危険の強さを
BCは決定的に知らないのです。


人間と暮らす以上

簡単に武器となりうる牙をもつBCに、
決しては強く噛んではいけないことを

教え込まなくてはなりません。


たまたま噛んで血を出した、では、
すまされないことです。



今まで実家にいたペットたちは、

みな甘噛みをしていましたが、
決して血がでるほど噛んだりする犬は
一匹たりともいませんでした。


それは、すべてみんな3か月以上、
柴タロウにいたっては、4,5か月くらいで
我が家の一員になった。

みんなペット屋さんで買ったワンコばかりでしたが、


ラッキーなことに、動物の社会性をちゃんと
親犬や兄弟犬から学んでいたのだと思います。

だから、甘噛みの強さの度合いを学習して、

わたしたちに甘噛みしても、
それほどには痛くなかったのです。



そしてわたしも反省です。


BCと接するときには、
ちゃんと、口をゆすいで
食べ物の臭いはさせないこと。




それから感情的になって
廊下でBCを仰向けにしてどなったこと
これも反省しました。


ただし、
痛さのあまりに反射的に
BCを叩いたこと、
これは反省致しません!


噛まれたら、叱らないこと!
暴力を振るわないこと!
ものの本にはよく書いております。

これは、噛む度合いによると
思います。





だから、本能的にガシッとBCの顔をおさえこみ

2発ガツンと殴ったことは後悔していません。


わたしは死ぬほど痛かったんですから、

通常の甘噛みの限度をこえているのであります。





BCbites.jpg



噛まれたとき、ムツゴ/ロ/ウ先生のように、
手をひっぱらないで、
BCの喉元へ噛まれたまま、
手を押し返せばよかったんですね。



けど、そんなこと
トーシローに出来るわけもありません。

咄嗟の痛みに、

BCを耳から引きはがした。






BCbites2.jpg


結果、耳に亀裂が入ったんですね。




そんなわけで、この日はいっぱい考えることがありました。



その夜、
オットーがBCを就寝のために
ケージにいれるまえ、



一縷の望みをもって、

廊下のドアを開けて、呼んでみました。






『BCおいで~~』



案の定、彼は廊下の真ん中でスネタロウ中。





BCsunetaro.jpg





こちらをみているが、来る気配もない。




ああ~ 







ならば、



/シャカシャカシャカ/


ボーロのタッパーを振ってみる。












『……』









BCsunetaro2.jpg










大ショック!





うわん~~
おやつ大作戦で培った、

『おいで~たったったっ~』


の、やり取りが、あの一瞬でパーだ!





また一からやり直さなくてはならないのだろうか??













はああ~3
大ショック!



来てから1週間・5

2015 - 10/07 [Wed] - 09:12

日々、成長している我がミスタービーシー。

わたしの記憶のためにも、
少しずつ色々なことを書いて行こう
と、思うのであります。



これは、ノパール家のしつけ方の記録であり、

あくまでもわたしとオットーとBCとの関係において

暗中模索の中で実行しているもので、

これが正解だというわけではありません。

ご参考程度に読んでいただければと思います。












耳を噛まれた翌朝、

BCは案の定、一番に起きたオットーの足元にじゃれついて、

最高の幸せな時間を過ごしております。


わたしが起きて廊下にでたら、
オシルシ程度のご挨拶で、

すぐにオットーのところへかけていく。



わたしは呼んでみました。



『BC~おいで~~』





『……』





チン!はい、来ません。

はい、想定内。

またまたスタート以下に逆戻りです。




でもね、昨日、ベッドの中で考えたんです。

結局、BCは、ちゃんと母犬や兄弟たちから、
犬の社会を教わらないうちに、引き離されてしまった。


だから、わたしが教えないとだめなんですね。


なにかあって、悪いなあとおもったら、
とりあえず、側によってきて、寄り添って、なめるとか。

甘噛みしても、絶対に血がでちゃうほど噛んではダメ。

だから、甘噛みは軽くよ。軽く。
だって、歯がかゆいから、
甘噛みしちゃうのは、しょうがないけれど、


それは絶対に力を加減しなくてはいけないのだ!


ということを教え込まなければなりません。



じゃあ、そのために、どうすればいいのでしょうか?






まずは、お互いをしることから始めることにしました。



ノパールさんは、

自慢じゃございませんが、


ぐうたら主腐~~



時間なんて、もう、死ぬほど山ほどあるのでございます。



わかりました。


となれば、

リビングとのしきりのドアをパタンと閉め、
わたしも廊下にでて、
心行くまでBCと過ごすことにしました。



今日は廊下で本を読むことにします。


BCは、わたしとの距離を一定に保ちます。

まずは、BCを呼んでみました。
想定通り、来ません。


わたしは、BCに背をむけます。

再び読書を始めました。


すると、とことことこと静かな足音がして、

わたしのお尻をくんくん嗅ぎ出しました。
わたしは読書を続けます。
わたしの前にまわってきて、クンクンしています。



では、今度はわたしが距離を取ります。



廊下の端に行き、一応呼んでみます。


『おいで~~』




『…… 』

チン! 


はい、来ません。



ならば、背中を向けて、読書をします。


すると、しばらくすれば、トコトコとやってきて
わたしのお尻をかいで、前にやってくる。


触ろうとすると甘噛みをしようとするので、

ならばと、また距離をとる。



ずっとその繰り返しです。


やってくる。臭いを嗅ぐ。
手を出せば、甘噛みする。

この繰り返し。


でも、わたしは暇ですからね~~


ずっとずっとこの繰り返しです。



1時間くらい経ったころ、

わたしが移動して読書を始めれば、
いつのまに、BCも隣に寄りそうようになりました。


手の甲でBCの体で軽く撫で、
甘噛みしないのを確認して、

また撫でていく。


すると、だんだんBCも撫でられることに
慣れてきます。




で、 BCから少し離れたところに移動して、


『BCおいで~』



と呼んでみる~~~







すると。









/トコトコトコ/


おやつ大作戦のような勢いはありませんが、

来ます。



でも来ます~




来ました~~~vvvv





もう一度やってみます。



/トコトコトコ/



来ました!!!!!





ああああ~~~




これは、おやつ大作戦よりも


感動です。


なんかBCと少し心が通じた~~瞬間~

nopalmoved.jpg




BCがペットショップから来て
怒涛のような1週間でした。

急速に進化するミスタービーシー

2015 - 10/07 [Wed] - 10:09

現在のBCは、
10月1日で3か月になりました。


今日が7日ですから、

我が家に来て16日、ほぼ2週間強ですな。



毎日、観察してますが、
まあ、成長の早いというか、

マッハで知恵がついていて、進化してます。

昨日のBCは今日のBCとは違います。

まだまだ、甘噛みしてます。
けれど、最初の頃と比べれば、
かなり加減を覚えたようです。

そして、

『痛い!』

といえば、

『アッシは、噛んでやせんで~
舐めてるんですぜ~』


と言わんばかりにぺろぺろしてくる確信犯です。


だんだん、暮らしてみると、
BCの性格がわかってきます。

とにかく自我が強い!!!
{誰かに似てないかい?うるへ~!

来た当初は、何もわからなかったから、

知恵よりも何よりも
本当に赤ちゃんって感じで、
意思の疎通もへったくれもない!




ところがこの1週間で、

自我の目覚めで、

己を主張するのでございます。

嫌なこと、好きなことがものすごくはっきりしている。






遊んで攻撃が強く、

遊べ遊べと、わんわんと吠える。


そこにわたしが大声で、

うるさい!
ノー!
STAY!
コラッ!

などと怒鳴ってコマンドをしようものなら、



さらにわんわんと大きな声でかぶさって吠えてくる。


いわゆる、ものの本に書いてある通り、
叱る言葉さえも、カマッテもらえるのだと勘違いして

ますます調子にのって、わんわんとする。



知恵がついてきてるんですね。



だからこそ、ここで、『無視』 という技が意味を持ちます。



まだ吠え続けているのなら、


『あ、そう、』

と言って、あっさり、わたしは廊下のドアをバタンと閉めます。



そのあと騒いだりしても無視ですが、

大概、BCは黙りこくります。

5分くらいたって、ドアを開けると、
まったく人が、いや、犬が変わったBCがおります。


『アッシ、大人しいですぜ?旦那?』


などという純朴な仮面をかぶったBCが
ドア前に寝転がっておりますので、


『おいで~』


リビングに入れて一緒だと、また興奮する。


コマンドを何回も言っていうことをきかないと

また廊下に出す。


今はこの繰り返しです。




BCの知恵のつき方がハンパでないので、

今日、効果的だった叱り方や躾方でも、

明日、通用するとは限らないのです。


こちらも気が抜けない状態で、
毎日試行錯誤~~~。




まだ、散歩もできないので、
多分ストレスがたまりまくっているのでしょう。



けれど、この散歩もまた頭痛のタネ~3


だって、今、首輪とリードをつけて家の中と玄関で
練習してるのですが、


もうね、自分が嫌だといったら、てこでも動きません。

まあ、ちっちゃくて軽いから、わたしが力で引っ張れば


ずずず~~と体ごと引っ張られる感じで来ますが、

ハタメからみれば、虐待しているように見えるんですね。




しかも、このミスタービーシー
ずる賢いというか、頭がいい。


ぐうたらで、ズボラなわたしは、

BCが来て早々、
足を踏んだり、
尻尾を踏んだり、

またケージから出すとき、

ケージの扉に彼の前足がからまってるのを知らず、
開けてしまって、前足がはさまって、

『きゃいいいいいいいいん

と、この世の終わりの鳴き声をあげさせたこともありますし、



とにかく、あんまり丁寧には扱わないノパール。




STAY!待て!が出来るようになったのだって、


わたしがコマンドをかけて、

STAY!って言ったあと、

リビングのドアをバタンとしめたとき、
コマンドをきかずに動いたBCの体が
ドアにはさまって

『きゃいいいいいん』


と悲鳴をあげ、

BCなりに、コマンドとドアに挟まれた因果関係で

STAY!がかかったときは、慎重に行動するようになったBC。




そんなことから、BCは結構、痛い目にあっているのですが
{わざとじゃないのよ。事故ですからね。不注意の事故!




でもね、わたしだって鬼じゃない。





きゃいいいんと叫び声をあげる度に、




『どうしたの???大丈夫??』



BCに向かって
ノパールは心配そうに、優しい声を出します。


普段は、怖い声なので、これは珍しいことだとBCは学習。




以来、

ちょっとのことでも



『きゃいいいいいん』


とオーバーな声をあげます。








玄関で散歩練習をしていたときだって、

あまり勝手に動くから、
リードを引っ張っり、首がしまることにより、
勝手に動いてはいけないことを学ぶはずなのに、



首がしまってキツイからと、




『きゃいいいいん{みなさん、
きゃいいいいいん{アッシ、虐められてますぜ~

きゃいいいいいん
{この人、ひどいんです~たあすぅけぇて~~~』




的なBCの悲痛な叫びが

早朝から我が集合住宅中に響きます。

住民の中には、愛犬家が
たくさんいらっしゃいます。



そんな方々に訴えるように

BCは悲痛な泣き声をあげる。



アンタ、それ、ずるくないかい?



そのうち、わたし、冤罪で捕まるんじゃね?

ミスタービーシーは、ウソ泣きを覚えたフシがございます。


まったく、まじ、確信犯なのでございます。






BCabusefox.jpg

ああ~驚いた!

2015 - 10/08 [Thu] - 22:29



道路工事をしているところを歩いていて、

車と人の横断を、工事の人が制限してたんですね。

よく旗振って、交通などを誘導しているやあつね。

『すみません。ちょっと車通します~』




constructionworker.jpg

こんな感じね。




で、横断歩道で待っていて、

信号が青になったので

誘導員の合図も待たずに、
勝手に横断歩道を渡ったんでございます。




そしたら、その矢先、






『あのさああ~ 早いんだよね?』




少しわたしから離れた向こう側にいる

工事のオジサンが大きな声で怒鳴ります。


え?

わたし?え?


一瞬、ドキリとしました。


もしかして、旗を見ずに、道路を横断したから
注意された?




するとその、少しばかり遠くにいたおじさんが
さらに、畳みかけるように怒鳴ります。





『あのさ、もう少し、タイミングよく旗あげてよ?』




え?

今、旗って言いました?


丁度わたしのいで立ちは、

ストライプのオーバーオールに、帽子。

その帽子が、まあ、遠くからみれば、
ヘルメットにも見えないことはない?{見えねえよっ!

グレーニットの正チャン帽に、
蛍光色系黄色のラインがみえるから、


もしかして、もしかして、向こうで怒鳴ってるおじさん、
わたしのこと、こちら側の誘導員のオジサンと
見間違えてる???



nopalworkshopfashion.jpg



いや、いくらなんでもそれはないだろうけど…



すると、今度は、


『ウエノさん!{ノパールの苗字
アンタ、もうちょっと、そこ人どけて!』



え?

え?



なんで、わたしの苗字??




やっぱ、わたしに言ってる?

え?

え?

人をどかす??




と、パニクっていたら、
わたしのすぐ後ろで声がする。



『わりぃ~!』



へ?



すると、わたしの傍の誘導員のおじさんが、
大きな声で答えているわけで、



ああ、オジサンもウエノさんね?

そうだよね~

いくらなんでもね?

間違えるわけないよね?



つうか、

このおじさん、わたしと同姓だったのね~

ひええ~~~偶然~~~



などと胸をなで下ろし、
帰路へと急ぐノパール。



つうかね、わたしね、自慢じゃないんですが、


実は、工事をしているオジサンと
間違われた苦い経験があるんですが…


まあ、その話は、また今度

ネタが尽きたときのお話ということで~~




今日の一言:間違われたトラウマは今も苦く残ってる~~

集中力のなさ~

2015 - 10/09 [Fri] - 08:52


わがミスタービーシーの
あまりの集中力のなさに、

思わず、おもいっき~~り溜息をもらした~~3




ああ~ だが、人のこと、もとい、犬のことは言えん!!


BCとの生活もやっと少し落ち着いて、
互いにルーティンが出来た~今日この頃~



だがしかし、

BCが赤ちゃん犬なのをいいことに
{つまりやよく眠る仔犬なのだ。


わたしも、掃除が終わった朝の8時頃から

うとうと~二度寝~~



あるいは、ねっころがって録画した番組観賞三昧~


あるいは、結局BCと遊んでる。



本来なら、BCのスリーピングタイム、
創作話を書けるはず。


いや、一応、書こう!書こう!と
思い立って、何度もワー/ドを立ち上げたのだけれど、


結局、どこまで話が展開していたのか忘れて、

前の話を読み返し、

それでその日、終わり~とか、

はたまた次の日は、

ワー/ドを開いて安心しちゃった~的で、

はい!終了~~とか、


またまたつぎの日は、

『そして』という接続詞を打ってみたところで、


あ~そういえば、


仔犬の散歩ってどうやってしつけるんだろう?
なんて思って、検索の海へ~

とか、

カリフラワーのいいのがあったんで買ったけど、

酒のツマミの調理法って?

から始まって、

あとは、ヤッフーUSAやらメヒコやらの
検索探検へと出発~~


なあんてやってるうちに、

あっというまに数時間たって、


は!とワー/ドをみれば、










【そして、】










だけの文字…








大ショック!



なんて、集中力のない女、


これでは、ミスタービーシーと

目く● ハナク●の低次元争いの集中力ではないか?!






結局BCが来るずっと前から

小説更新が停滞して、


もうマジやめちゃいたい~~




だけど、世の中には本当に
努力の人々がいる~


お仕事をしているかたわら

素敵奥さまとして主婦活躍中のかたわら

育児をなさっているかたわら

介護やそのほかもろもろ問題を抱えていても、


必ず定期的に更新なさるサイト管理者の皆さま~~




わたしには真似できない~~


止まない雨はない~と励ましてくださった、

BL本大師匠さまだって、

有言実行だし、{本当、ツメの垢のエア飲み~



わたしは有言理想のダメ女~~



はああああ~~



なんて口だけでは殊勝なことをいっているけれど


結局、1分も持たない崇高な精神~~


lazycard.jpg


さてと、BCと遊びながら、
コーヒーでも飲もうかしらん~vvvv

ほうらね?


言っている傍から、すぐこれだ!

ビュン=========






追記: JSさんへ
拍手で、エールをありがとうごぜえます。

そう考えると気持ちも楽に~
実際は、やめちゃったら己に負ける気がするから
できないけれど、
でも、逃げ道がある~ってだけで、
気が楽ですもん。うん。ありがとうvvv

初めての訪問者

2015 - 10/10 [Sat] - 12:05



3か月目になったミスタービーシーのお食事ですが、

そろそろお湯にひたさないドッグフードを
食べる準備段階なので、

10月に入ってからは、


ミスタービーシー・離乳食
お料理講座~~

qpchan.jpg


チャチャチャンチャンチャア~ン

チャチャちゃんチャチャア~ン 


1日3回に分けて食べております。

1回分の目安分量


パピ―用のドッグフード30g

お湯適量
水適量


ということで、
ドッグフード半分を
お湯に浸し、
お湯が冷めるまで置いておく(15分くらい)

残りのドッグフードを
レッツジョインして、
かき混ぜて、出来上がり~~~





我がミスタービーシは

何度も言いますが、

貴婦人の愛玩犬とも
呼ばれる犬種なのにものかかわらず、

うちのミスタービーシーは、
お品の欠片もない、

めちゃくちゃめちゃくちゃ
食欲旺盛の
食い意地のはったワンコでございます。
{ワンコじゃないけど、そんな人、どっかにいたね?
って、わたしじゃないわよ!ふんだ!



つうことで、

湯につかったやわやわドッグ―フードと
通常のドッグ―フードを混ぜて、
あげているんですが、



これが、あっというまに食べちゃうんです。


本当にあっというまに飲んじゃうの~

そのあと、しばし、空のおわんを
食器洗浄機にかけたように、
ぺろぺろとなめてくださる。


アンタ、そのどこが貴婦人の愛玩犬じゃっ?!!




とまあ、こんな感じの繰り返しですから、




10月に入ってから、

汚いお話、

うん の調子が、
なかなかに悪しでね、


ときに普通っぽいんだけど、
いつもより量が少ない、

そしてやがて、

そこそこカチカチのうんが

何度かにわけで少量ずつ。

しかもドッグフードがあんまり
こなれてないようなご様子。




お腹を触っても、

普段なら、ごはん前ならそこそこに、
やわらかいお腹も、

未だ、ポンポン張ってる感、満載。



で、その日の朝は、


ドッグフード3分の2を湯に浸し、

さらに残りをレッツジョインしてもすぐにあげず、

少しだけ放置して、柔らかいドッグフードと
なじませるように差し上げたのです。



腹がパンパンなのに、

ごはんのおわんを見るや、
もう、バタバタバタの尻尾の動き。


未だお座り、お預け、の下りができないBCを


まるで松の廊下の殿中でござる~

のごとく、おさえつけ、


よし!の号令で一気にガツガツガツ~~~






『……』

チ~ン!



はい、終了~~~




あっという間に終わった朝食。

3回は空のおわんを見つめ、

長い間ペロペロ攻撃にて、

さすがに諦めたのか、
リビングでPCに興じているノパールのところにやってきた。




自分のベッドクッションにどかん~と座る。




BCbeforethrowup.jpg




まあ、いい御身分ですこと~




とはいえ、めちゃくちゃカワユスお姿に、


PCをしながらも、ついつい顔が緩む~~




こちらをちらりと見るBC


つぶらなおめめと目が合えば~







あああ~カワユス~~~



げええ~~~======




アイツはわたしの顔をみて吐いた!


ゲボ~


吐しゃ物は、かなりこなれたドッグ―フードだが、

きっと前の消化物が残っている腹の中では、

新たな朝食を飲み込んだ分、

胃のキャパがもうかなりパンパンで、

苦しかったのかもしれません。



吐しゃ物をみれば、

血液やら、

多量の粘膜液・胃液など、
みあたらない、

ごく普通の消化途中のドッグ―フードでしたから、


おおかた、飲み込むような早食いに
お腹がびっくりしたということでありましょう。





一応心配なので、

動物病院とかのサイトとか
犬の病気とか、そういうサイトでチェックしてみます。




すると、吐しゃ物に異常がないようならば、

ワンコの様子をその日は見てみましょう~


とのことでございましたので、

そうすることにいたします。




すると…






わたしがPCでネットを探索してたり、


テレビを見たり、

トイレにたったり~

そしてウトウト寝てたり~



その間中、ベッドクッションで、


ずっとずっとずっとBCはぐったりしています。



さすがにちょっと心配になりました。


うん が出ないのは、苦しい!

わたしは便秘症ではありませんからこそ、

毎日規則正しくだしていて、
それが、一回滞ると、
それはそれは、不快なものです。




BCも毎日正しくだしていて、

ここのところ便秘ではありませんが、

快適なすっきり『うん』は

出ていないようです。



なので、ぐったりしているお気持ち
お察し申し上げます。



普段は、ノー!とか痛い!とかしか言わないわたしも、

鬼ではございませんので、


前に読んだことのある、

消化を助ける犬のツボを押しながら、

マッサージをしてあげます。



おお、気持ちがよさそうです。


いつもなら、甘噛みを試みようとするボーイですが、

今日は、やっぱり辛いのでしょう。

猫のように、ミャ~ンというようなあくびをしながら、

仰向けにゴロゴロしています。



こうなると本当にカワユス~


ついつい~



『グート~

出来もしないドイツ語で
ネコナデ声を出してしまうノパール。





そして、やっぱりぐったりしています。





そして、数時間放置しても、


トイレに数回行っただけ、

廊下で、あるいは、リビングでと、
場所は変えますが、ぐったりしています。




仔犬も寝るのが商売ですが、


いつもは、このぐったりとオネムタイムの合間に、

いわゆるハイテンションモードがというのがあり、


ガブガブとボールを噛みながら、
うなり、走り、わたしに吠えて遊ぼう攻撃をしかけ、

わたしが、少しだけ遊んで、飽きちゃうと、
一匹でヒトリ遊びをガブガブと噛んでしているのに…






今日はこのハイテンションモードがないまま、



いつまでもいつまでもぐったりとしています。




もしかして、マジ、具合悪いのでは??


一抹の不安がよぎりますが、
今日いっぱいは様子見をしてみることにして、




とりあえず、昼は抜いたほうがいいかもな~

と思い、じゃ、ノパールは昼飯でも食べてみるかい?


サンドイッチが食べたい!
けれど、家にはそんなシロモノがない!

買に行くのも面倒だな~~~~



と、もって生まれたぐうたら精神が
むくむくと起き上がって参りまして…


チャラ~~ン

すると、携帯が鳴った!






モシモシ( ̄▽ ̄[]ゝ


実の姉からでございます。




『アンタ、今日暇?』
『うん、どこも行かないけど~』


『なら、今からアンタんち行ってもいい?』






家族のヒエルアルキートップに君臨する母に
BCをお披露目したときに、
姉は不在でしたので、

BCとは対面していない姉。

母を懐柔させたワンコの噂を聞きつけ、

姉もどうやら興味が湧いたご様子です。



昼を食べてないらしい姉なので、
一緒に昼食を我が家で食べることに~





あああ~神様はいた!



『お姉さん!サンドイッチ買ってきてーvvvv』


わたしは携帯に思わず叫んだのでございます。


つづく~

結局働く素敵奥さま~

2015 - 10/10 [Sat] - 20:31


週末はミスタービーシーの待ちに待った日々です。


最近では大好物のドッグフードと甲乙つけがたく

それでもかろうじて1位を保っているドッグフードですが、

今やドッグフードと飛ぶ鳥を落とす勢いで急上昇中~

BCの大大大好きなものがオットーなのでございます。



なので、週末は超ご機嫌のBCでございます。




なので、わたくし、

ゆっくりできるかしらん~と思いつうつも

哀しいサガで、朝5時半起床は、もう
体が覚えちゃってるわけで…


それでも6時まではグダグダして、

ご飯食べてはグダグダして、

昼からワインを飲み始めたら、

ますますグダグダリン~になって、




そうしたら、面倒くさ~ってなっちゃって



『夕飯は作りたくない!!!!』


ノパール宣言!



『今日はオットーが作れ!』



すると素直なオットーは、

『ラーメンでいい?』



オットーの大好物を掲げてイチモニモナク即回答。



おお!作ってくれるなら、なんでもよろし!



ってえんで、夕方から、二人でラーメンの生めんを買いに行き、

そうだ、焼き豚も出来合いのものを買いましょう~vv


ってことになりましたのん。





だけど…











大ショック!






出来合いの美味そうな焼き豚がない?!

二軒いったけど、ない!!!


大ショック!





ここで、奥さまには二種類いらっしゃる。


『もう、いいわ。作りたくないんだから、出来合いのこれで!』

そう言って、まずそうな出来上がった焼き豚を手に取る奥さま~






あるいは、




『ああ、作りたくない!
けど、焼き豚は食べたいけど、
こんなまずそうなんじゃ満足できない!!!




そういって、生のバラ肉やモモ肉焼き豚用を手にする奥さま~~。





ノパールは断然、後者です!



焼き豚は食べたいが、
まずそうな焼き豚を食べてまで、
太るのはいやっ!!!!


ということで、生豚肉を~~所望~


でも、さすがに面倒臭いので、


すでに焼き豚用~っの準備段階の
網がかかっているお豚さまを
お買い上げ~~~




ああ~
大ショック!


墓穴を掘っちまった~



これで、家に着いても、
また、ひと働きしなきゃなんねえ!



『僕が、作ろうか?』


meeacatramen.jpg



おんどりゃあ~だーっとれ!

おめえに作れるわけがねえっ!!!







はい、結局、わたくしが作りました!



puercoguisadoparaRamen.jpg



お味は、ハッカクもいれたので

美味しくできたんですけど、


出来合いの焼き豚調理用を
買ってしまったため、
肉が硬かった!!!大ショック!




やっぱり、横着しないでバラ肉買って
作ればよかったよおおおおおおお!!!



とはいえ、オットーが作ったラーメンですが、

さすがにラーメン好きのオトコ、

なかなかに美味かったスvvv






ironchef.jpg

ああ~BC、カワユス~

2015 - 10/10 [Sat] - 20:35





BCdormidobonito.jpg

続・初めての訪問者

2015 - 10/11 [Sun] - 10:41



初めての訪問者の続きでございます。



しばし、サンドイッチが食べれる喜びに
小躍りしておりましたノパールですが、

ハタ、と気づきます。



我が家にやってくる姉は、
ミスタービーシーにとっては
ノパールの血縁といえ、第三者。



はたして、どんな反応を示すのか?




ましてや、今日は具合も悪そうですし、


そんなときに見知らぬ人がやってきたら、

不快な気持ちで、姉に反抗的に吠えまくるのではないか?

甘噛みが少しはよくなっているとはいえ、
まだまだ油断の出来ない甘噛みであり、


そんなときに見知らぬ人がやってきたら、

いきなり、ガブリとするのではないか?




『不審者です!アッシ、こんな生物見たことないっす!』


とばかりに吠えまくるのではないか?





サンドイッチの誘惑に負け、

いささか、BCのことをオザナリにしていたことに、

思わず恥ずかしさと少しばかりの罪の意識が

ボっと生まれました。



そうだ、今日はBCは具合が悪かったんですよ。


サンドイッチは、
ツナと卵を頼んだけれど、

姉の話では、
ツナにはアボカドも入っているというサンドイッチで、

そんなノパールの
大好物大行進が歩いてくるサンドイッチが食べれることに、
再び小躍りしていたノパールですけれど、


サンドイッチで頭を埋め尽くす中に、

ミスタービーシーの辛さを

少しでも考えたことがあったかい?





すまん、BC…

わたしが少しは悪かった。



nopalhansei.jpg




姉の訪問を断ろうか?


姉はもうすでにこちらに向かっています。
いや、すでに最寄り駅を降りているかもしれません。


だいたい、ミスタービーシーは

飼い主であるわたしとでさえも、
まだ半分以下のコミュニケーション関係で、


BCの気分次第での、
コマンド成功率であり、


随時一緒にいるわたしとは、
別段珍しくもないことであり、

まあ、ごはんタイムのときくらいしか、

わたしに対しての尻尾フリフリは
みることしかできません。




姉は確かに血をわけていますから、
まあ、わたしと似ています。



以前も書きましたが


とにかくわたしと声が似ている~


痩せてる太ってる~を抜きにすれば、
雰囲気も似ている~

わけでございます。



わたしと同じように、声もデカいですから、

もしかたら、今日のような体調が思わしくない日、

BCにとっては


デカい声がふたりになって、イラっとくるかもしれません。









/ピンポ~ン/





そうこうしていくうちに、玄関ベルがなります。

姉が来たようです。







ピンポ~ン=オットーの帰宅



と、今のところ思っているBCは、


はっとした顔をして、玄関に走り出し、
バッタンバッタン尻尾を千切れんばかり振っています。




/ガチャリ~/




『こんにちは~』





姉が大きな声で玄関に入ってきました。





ミスタービーシーは、

ドアから現れた人間がオットーではない!


と、はっきり認識したようです。


わたしは、すかさず姉に忠告をしておきます。


『お姉さん、あのさ、
あんまり大きな声でしゃべんないようにしてね。』

『え?何で?』

『だって、BCの体調が…』












『え?BCの体調?』


姉の問いかけが終わらないうちに
彼女の足元に猫のようにしつこくじゃれついている~





えええええ??????


我がBCの頭を撫でながら、
姉はキョトンとして、


『BC具合悪いの?』
と、聞いてきます。




もしかして、BC、アンタってやあつは?!



具合が悪いのに、
におい~でわかったのかい?

この人がわたしの姉で、
お愛想振りまいたほうがいいって。

そうなのかい?

アンタって、具合が悪いのに…


必死に愛想をふりまく健気なBCに、
涙にむせびそうになるのをこらえ

ノパールは再びBCを見ました。




30分後…

毛糸玉のように姉の足元にじゃれついたまま、






1時間後、

ソファに座る姉の膝にのろうと、
床からピョンピョンとジャンプするボーイ。








1時間半後、
自分の持っているおもちゃを姉にみせるため、
走っては見せ、廊下に戻り、
また走ってはやってきて、
またおもちゃを見せ…




元気な毛糸玉がコロコロと
床を転がりまわってる~~




『わたしが、おいで~』

なんて声をかけても来やしない!


姉がBCに話かければ、
BCは尻尾をまたちぎれんばかりのバタバタ振り~


ずっと、ずっと、ずっと、
姉の傍から離れません。


『この子、ネコみたいだね?
全然吠えないし、大人しいね。』



嘘だろ?おい?

こやつは、わたしに
口答えしまくるってええのに、

姉には、すっかりかわいい愛玩犬になりさがる~




っつうか、アンタ、さっきまで

ぐったりモードじゃなかったのかよ?


え?体調が悪かったんじゃねえの?




そうこうしているうちにも、
姉にじゃれるBCは、
またまた甘噛みをしていますので、



いつものように、


『こら!痛い!』
/ジャら~ん!!/


わたしが大きな声で怒ると共に
ペットボトル武器を
タンバリンのように鳴らします。



BCも一瞬、ひるみますが、

また、姉にピョンピョンぴょこじゃれては

あまがみしつうつ、

それに、わたしの怒声とジャラン~ン音が鳴り、


その繰り返し~。




結局、姉の訪問中、


ミスタービーシーは、
姉の親衛隊になりさがり、
結局随時つかず離れず~


その間、

わたしは、
こら! 痛い!ノー!の否定音と
ペットボトルのタンバリン叩きのジャラ~ンで、
大忙しでございました。








firstvisiter.jpg








肌の弱い姉は、
しっかりとミミズバレの一歩手前の赤いひっかき傷を
腕にたくさん土産にもらい、



ミスタービーシーの熱烈歓迎を受けたまま、

お帰りになりました。














姉が帰ってからは、




『……』

再び静けさが戻り、
BCはまた、ぐったりモードでございます。





だけど、ここでわたしは、

なんとなく、なんとなく、嫌な予感を覚えます。




わたくしは、赤ちゃんといえども、
手は抜かず、
BCがわかってもわからなくても、

甘噛みされれば、
『痛い!』
しっかりと怒っている声で、
BCを叱ります。


またやっちゃいけないことには、

『ノー! 』

『こらっ!』{昭和のオヤジかっ?!

などの大声をあげます。



はいってはいけない場所では、

ジャラ~ンタンバリンの音で威嚇します。





ところがですよ?




今日、姉が来るまでのBCは
何とも元気がなく病気のような雰囲気さえも醸し出し、


さすがのわたしも、心配していましたし、


姉が来るまでは、

考えてみれば、怒声やジャラ~ン発動は
一度もしていませんでした。

それどころか、





随時優しい声で、


『大丈夫?』
『BC,カワユス~』

『はい、ヾ(・ω・*)なでなで~』



なんとも、優しいノパールだったのでございますが…



姉が来てからの、あのハイテンションぶり~

熱烈大歓迎~~


あの喜び組~は、
オットーに対する嬉しさの上を
いくのではないでしょうか?



ってくらいの、フル回転エンジン発動!

なのでございました。






ということは、ですよ?

ちょっと、便秘気味で、うんが出そうで出ない
アンニュイな気分で、


『このメシタキおばさん=ノパール の
耳障りな声は聞きたくないんす。アッシは。』


なああんて、思ってたんじゃないの?あんたは?!




で、前に、イタイ声だしたら優しくしてもらったの覚えていて、

今回も、それに準じて、ちょっと具合の悪い振りしてみたとか?








アンタね、それ、人間業界では、



仮病っ!っていうんですからっ?!!





まったく、心配して損したわさっ!ふんだ!





そのあとミスタービーシーは、

姉のお陰でハイテンションになり、
胃も活発に動き出したのか、


最後の砦のように、

肛門前でニオウダチしていたらしい
カチンコチンのうんを、


コロン~コロン~コロン~と
3個出したのち、


すっかり身軽になって、



飛び跳ねていましたとさ。





そういえば、わたしの愛読書、

動物のお医者さん
(amazon. co.jpのリンクに飛びます) にも

仮病の犬のエピソードがありましたっけ。



恐るべし、ミスタービーシー!







BCfakedsick.jpg




勿論姉が買ってきてくれたサンドイッチは、
めちゃくちゃ美味しく、
卵と ツナ&アボカドを堪能をしたばかりでなく、


姉イチオシの

鶏肉と大葉の和風サンドイッチも
わけてもらい、

美味い!!の声にも拍車がかかる~

そしてお持たせのレアチーズケーキも、
ゴルゴンゾーラ風味のオサレな
チーズケーキで、美味かったのでございます。

ありがちょ~vv お姉さん~~~vvv

子犬、寝るのが商売。

2015 - 10/12 [Mon] - 22:30



今日もミスタービーシー

実家に行く~~







実家で愛想を振るミスタービーシー。




母はBCをメガカワユス~と思っているらしいのだが、


わたしんちのワンコのため、
手放しで褒めない。


『お母さん、BC可愛いっしょ?』

BCisadmirablebymadre.jpg



まったく素直じゃないんだから~



わたしには絶対に褒めることはしない。

例え、ワンコでも。


でもね、BC、愛想づかれして熟睡モードの突入に、





『かわいいわねえ~~』



ですってvvv




ふふふ、そうでしょ、そうでしょ、

この寝姿にダレがあらがうことができましょうて??










BCsleepinginthe bed




それにしてもさ、パチリとカメラを向ける度、

いつも寝てるってどうなのよっ?!




たまには、別なポーズもしてほしい~~

家の臭い~~~3

2015 - 10/13 [Tue] - 10:46


皆様もそうかもしれませんが、


わたしの鼻は、自分のイヤな臭いに敏感です。

{ちょっとちょっと奥さま~誤解しないでよ~!
ノパールの体臭が臭いんではなく、
不快なにおいに敏感ってことですからねっ!フンだ!
ああ~日本語ってむづかしや~


家の臭いも、過去のブログを紐とけば~
色々と格闘していたことがわかります。

臭いこもごも~
臭いこもごも2






そしてその果てに買ったのが、


空気清浄機~



今では、寝室にも置いてある、
オヤジ化してしまった中高年夫婦には、

もうなくてはならないシロモノ~~






リビングに置いてあるスゴワザ空気清浄機、


普段ならこのコだけで
十分な成果を得られるんですが、



なんといっても家にはワンコがおります。


おトイレだけ

出来るようになった子ですから、{他はカラッキシ~(泣)


そのトイレが廊下では、


リビングに置いてあるスグレモノも、
今一つ、完璧な臭いキャッチャーというわけには
いかないようです。


一応、消臭剤などもかけ、


床は、超希釈した漂白液で
毎日拭き掃除です。



ミスタービーシーもおります。
またフローリングのダメージを考慮し、


漂白剤を混ぜた希釈液は、
本当に本当に、オシルシ程度の数滴~
うっすらわずかな塩素の香りがするくらいに
薄まったものです。


洗面器一杯の水に、
漂白剤4滴くらいにとどめます。



そんな涙ぐましい拭き掃除の努力をしても

それでもやはり、ぷうんと臭う。



特に雨降りの日は最悪です。


アスファルトやセメントにしみ込んだ雨が
色々な臭いと溶け合って、

特に犬や猫のオシッコなどを吸い取って
空気中にもわ~んとすると、


もう、何とも言えない嫌な臭い~

生臭いような~なんともいえない臭い~~



先週、雨が続いた日、

外の臭いとあいまって、

我が家のミスタービーシー排泄臭が拍車をかける~




オエオエオエ~~~





何とかしませんと、お鼻が曲がります!隊長っ!




というわけで、

もうこなりゃ

神頼み、ならぬ、線香頼み~~






本当は、お高い香り高き線香やら
アロマなどを使いたいところ、

そこまでご予算もまわらず、


家にある線香といえば、
墓参りに、コンビニで買った安価なもの~


これでは、香り高い~ってわけにもいかず、




それでついにアジアン線香などを買ってきました。




アジアン線香って、

ちょっと香りキツイし、

人によっては、苦手~って方も多々いらっしゃると思います。

わたしも、そうなんですけれど、


もう背にハラは変えられない!!!!





で、買いました。


あまり独特な幻想的なのは避けて、


匂いのフレーバーが明記されてないので、

己の鼻を頼りに、クンクン

結果、トイレの芳香剤スタンダードっぽい臭いのものと、

石鹸っぽい香りのものと、

2種類買ったんですが…。





ここで
ハタと気がついたのは


お線香たてがない







つうんで急遽~


朝ごはんで食べた、

アボカドの皮をよく洗い、


そこに、重曹と、

inciensobakingsoda.jpg

あと、火の不始末が心配なので、


inciensoaguacate2.jpg

その上に湿った紅茶カス。



このとき大事なのが、

半分に切ったアボカドの外側は、

ちゃんとお線香がきっちりと刺さる深さでないと、
途中、線香が倒れて、火事になっても怖いです。


inciensoaguacate1.jpg



また、アボカドの安定が悪いので、

下に使うお皿は安定の良いもので、


inciensoplato.jpg


アボカド皮がほぼ固定される。






線香もしっかり、ささりました。


inciensoaguacate3.jpg




まあ、とにかく火を使う場合、

大きな火でも、

例え小っちゃい火でも、

用心に越したことはありません。




これは、実家が火事をだしたことがある教訓でございます。







今日の一言:


ああ~それにしてもアジアン線香、強烈≫>>

別の意味でハナが曲がる~~~~~33


ぼ~っとしちゃうワンvvv

2015 - 10/14 [Wed] - 08:00



ミスタービーシーの甘噛みはおさまっていませんが、

1日、わたしと過ごしているミスタービーシーに、
わたしがそれを許すはずもなく、

わたしの手を噛もうとするなら、


『ジャラ~ン』音出し 
『痛い!』 声出し攻撃で、


さすがのBCもわたしには噛まなくなっております。



すると、噛みたい~でも噛めない~という衝動を

おもちゃでガジガジすることでストレス発散しているのですが、


あの歯の痒さは、

柔らかいふわっとしたおもちゃでは物足りない~


そこで考えたミスタービーシーは、

オットーの移動式PCテーブルの脚がメタルなので、


それをガジガジ、ガジガジとやっているのです。


本当はやってほしくはないけれど、

あまりノー!っていうと、
今度は己の後ろ足を噛んだりするので、

放置していたのですが、

やはり、出来れば別のもので
甘噛みしてもらいたい。


そこで、

我が家の匠に頼みます。
出来るだけ金を使わずに~~

予算費用500円
(デザイン料は含みません)

そこで貧乏に慣れた工夫の天才、

オットーの匠の出番です。



まずは、今回問題とされた
PC簡易テーブルのメタル脚です。

BCstickbefore.jpg



なんてことでしょう~~




匠の手によって

とりあえず安心で
ひとまず安全な
暖かな噛み噛み脚に生まれ変わりました。









BCstick2.jpg



棒は可動式で。
わんちゃんがどちらからでも噛めるよう
工夫されています。

また、中心をグルグル巻きマジックテープ3重巻により、
棒が取れないようになっていて、とても安心です。


支出費用、428円、予算内でおさめました。





もうワンちゃんも夢中でむさぼっていらっしゃるようです。


BCstick1.jpg










って、ミスタービーシー

アンタ、何時間、そこで過ごしてんのっ??!!






BCsticksatisfied.jpg



とりあえず、小型犬用の噛み噛み棒だけど、
なんか、減りが早いんですけど、大丈夫なのかしら?


下痢になったら、即中止だぜ?わかったね?

ノパール、疑われる!

2015 - 10/15 [Thu] - 07:00

~ちょっとコギタナイ?かもしれない話。
苦手なかたは、スルーで~






我が家は、毎日風呂推奨の家ではなく、

シャワー派なのですが、



メタボ大作戦を開始して以来、

風呂に入り、代謝をあげ、
マッサージして脂肪を絞り出すために、


週2回以上は入ることにしています。




もったいない話なのですが、

我が家はオットーのほかに家族がいないため、


わたしがその日沸かした風呂でも、

オットーが夜遅かったり、
面倒だったりすると、

その日は入らないこともあり、


結局、ノパールだけのために追い炊きをした~
っていう場合も多々ある。

エナジーの無駄遣い~と言われてしまえば
それまでなのですが…

まあ、そんな日が、続いてしまうこともしばし。



お風呂を洗った日、オットーも入り、

翌日、追い炊き、ノパールだけ。

翌日、これまたノパールだけ。


もし、オットーも3日とも風呂を使っていれば、
もう、追い炊き2回は十分だから、
この風呂は、洗うことにもなりましょうが、


いかんせん、追い炊きにつき一人しか入っていないので、

風呂水のほうもキレイに見える~~



そこで、4日目、オットーが風呂に入ると言ったもんですから、


素敵奥さま、合点承知の助とばかりに、
追い炊きのスイッチを押しに行く健気な奥さま~~


でね、一応、お湯がマジキレイか否か、

追い炊きスイッチオ~ンの前に、ちぇーっくっ!









すると、







げげげっ




風呂の底に、

黒い粒が3点ほど点在。


むむ?


それは、もしや追い炊きによる
風呂釜の汚れかい?


いや、中から浮き出てくる汚れではなく、
外からの侵入者のようであります。

隊長、もう少し調査を続けます!
ラジャ!



つことで、じっくりじっくりと水に近づき、

よく見れば、

黒い石のような、いや、
それよりも何よりも、
前に見たことがあるような…





そ、それは、、、?





deersheep.jpg




こんな輩たちが、
コロンコロンとオイドから落としていく

丸いコロコロとした黒い塊~~~



いや、正しくは、そんな大きさではなく、
なんとなく、見ためがそんな感じの
黒い2ミリくらいの●の粒が、
3個、風呂底に沈殿しており、




な、なんだろう??


少しばかりバクバクと動悸が鳴るのを感じるノパール。



そ、そ、それは、

あ、あ、あれですか?


も、もしや、トイレのもよおし~ものが

何気に拭ききれず、

水面下で解き放たれた図~~





ま、まさか?


げげげっ





いやいやいやいやいやいや!!



だって、も、も、も、もしも、
それが事実ならば、



2nurseale.jpg







ノパール…わたし?

しかも、んこ、なんて最悪のシナリオ~






ダラダラダラダラ

どきどきどきどき


無駄な汗と、必要以上の胸の鼓動のビートがハンパない!



いやいやいやいや、待て、落ちつけ、ノパール。






実は、ノパール、ここだけの話、前科がございます


お恥ずかしい話でございますが、

奥さま、どうかひかないでやっておくんなまし。



数年前に、

風呂に入ろうとしたときの話でございます。




ぷか~り ぷか~り、

浮くものが、

それは、白い半透明の紙片のような~





ピンときました!

それは、トイレットペーバーの破片!


アイツです!
きっと、犯人はアイツに違いない!


すぐさま風呂場を飛び出し、

オットーに食ってかかる!




『アンタねえ、今、風呂場に
アンタのトイレの名残の紙が
ぷかぷか浮いてんのよ?!!!




ノパールの怒声が夜の帳に響きます。




一瞬、何のことかとキョトン~としていたオットーですが、


やがて、わたしの言葉をかみ砕くように

ゆっくりと咀嚼して、やがて理解したようで、


ですが、


オットーの次の言葉に愕然とします。




『それ、ノパールのだよ!』




《なにをおおっ?》
わたしの心の声があがります。




『だって、僕、風呂あがる際、
ちゃんとゴミとか掬うもん。』


《え?そ、そんなことをしてるのかい?
人んちの風呂を借りたならいざしらず、
家の風呂でもやるってえのかい?》

心の声、しばし絶句です。



そして、とどめのオットーのイッパツ!




meeacatcalmatitude.jpg





オワターーーーーーーー


チン!


大ショック!



おわた====














この過去のトラウマが、

今、わたしの頭を過り、

風呂底の沈殿物との関連をさぐります。




まさか?

いや、まさか?!



わたしの心の葛藤は、

それがアレ!だというイヤな予感への
肯定と否定で心が揺れます。

グラングラン揺れてます。



現実問題、とにかく、
その沈殿物の正体を暴かなくてはいけない!




逃げていても何の解決にもならないではありませんか。




わたしは、お風呂の水栓を抜いて、
水かさを下げていきます。

だって、追い炊きスイッチを押しに来ただけなのに、

予想だにしなかった現実を真のあたりにしているのです。


勿論証拠品が流れていかないように
細心の注意を払います。



やっと、ユニットバスの湯量が、
腕を伸ばしても濡れない量になったので、

勇気をふりしぼり、むんず!と2ミリの粒を掴みます。





コギタナイ話で恐縮ですが、

もしも、それがアレならば、
摘まんでつぶせば、
なんとなくわかるってもんです。



で、


ナムサン!!



えいやっ!っと潰せば、





2ミリ単位のそれは、
潰れずに弾力ではじき返してきます。


ん?



んこ、ではない?!






そうよ!そうよ!

んなわけ、あるわけないじゃない!


急に一人で活気づくノパールなのでございます。


もう一度潰します。

むんずと、生意気にもその2ミリほどの塊は
元に戻ろうとします。





よかった~~~


よかった~~~~


100%証明されましたvvv


それは、あれではなかったのですvvv

\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/{万歳三唱の図





しかし、ならば、この物体はいったい何か?



また、我が家のXファイルにファイリングされてしまうのか?!







ここは、やはり解明を急ぎます。



なんとなく、このシロモノは、
わたしの記憶と経験の中で、
知っている代物です。


けれど、なんだろう?




黒くて弾力がある、


つまりゴム製か?


黒くてゴム製の風呂場にある…。
























もしやそれはお風呂の栓では?







あわてて、風呂の栓を触ってみれば、




あああ!!!
2nurseale.jpg




そうなんです。古くなった風呂の栓の表面が劣化して、
水をかければ、ボロボロと、沈殿物のようなカスが
出てきます。



風呂場を担当しているのは、オットーで、


オットーは風呂の掃除と

排水口のゴミ取りにはいそしんでいるようですが、

もはや水栓にまで気を配ることはしていないようです。






ふふん!

ここで、イッパツオットーに警告をしておきましょう。

なんせ、過去において、ノパールは
風呂の一件では、オットーに屈辱を感じています。






風呂場を後にして、ドカドカとリビングに入り、

勝ち誇ったようにオットーに言い放ちます!






『あのねえ、風呂に変なモノが沈殿していてるから、
お風呂入りたきゃ、洗うんだね!』


何故か上目線のノパール。


『だいたいね、んこ のような沈殿物があって
汚いったらありゃしないっ!』


わたしはここで一呼吸整えます。

水栓をこまめに掃除しなかったための
んこ のような沈殿物ができたことへの

厳しい注意を促そうと息を吸った瞬間、





『うん、知ってる。
黒い粒でしょう?2ミリくらいの。』


オットーが口火を切る。

そして、勝ち誇ったように、
アヤツが言う。














meeacatadvantage.jpg





な、なんですとおおおお?!!!



1度犯した罪は(トイレットペーパー事件)
{正しくは2度だが

消えないのか?

もはや、消えることはないのか??





そうやって冤罪は作られるのかっ?!





今日の一言:口は災いの元。

そのあと、オットーがどうなったか…

言わぬが花なのでございます。

信頼の種ってどこに売ってるの?

2015 - 10/15 [Thu] - 21:15


いやああ、仔犬の成長は

目覚ましいですよ~


ぐうたらしているわたしに余りある時間が


ミスタービーシーの成長を
しっかりと見届ける大切な宝のような時間に
変わっている今日この頃~

目の当たりに出来る喜びに浸っております。





ワンコの飼い方に正解はなく、

人それぞれで、

その人のライフワークに合わせたワンコに
育てていけば、

それが正解なんだろうと思うのですが、


ただ、時間がなくて、

朝と晩しかワンコと遊べないというライフスタイルは、


この目を見張るような仔犬の成長を

じっくりと見れないというのは、
実にもったいないな~とは思ったりします。







さて、最近の我が家の教育方針でございます。



これは、ノパール家のしつけ方の記録であり、

あくまでもわたしとオットーとBCとの関係において

暗中模索の中で実行しているもので、

これが正解だというわけではありません。

ご参考程度に読んでいただければと思います。









我が家に来てから2週目あたりから、


オフとオンの激しさに目を見張り、

スイッチが入っちゃったときは、
もう、手がつけられません。

めちゃくちゃテンションアゲアゲで、
コントロール不能になったBCには、


無視を決め込みました。


足にからみつき、

バウバウと遊んで攻撃にでて
踊り狂うように手のつけられないボーイを


ひたすら無視し、

わたしは極端に顔を背け、

目も合わせず、


廊下のドアをバタンと閉める。


廊下で頭を少し冷やせ!という意味で、

その数分後、廊下のドアをあければ、
ドア傍で拗ねているミスタービーシー発見!

少しばかりカームダウンしたのをみて、

またリビングと廊下のドアがバリアフリーとなり、

国境を持たないワンコとして承認される~



まあ、そんなことの繰り返しだったのですが…



3週間目、問題が起きます。


というか、ノパールの頭に疑問が生じます。




わたしの言うことは
そこそこよく聞くミスタービーシーですが、


目を合わせることをしないのでございます。


そして、何よりもわたしの呼ぶ声に、

無視を決め込んでいる。




シャカシャカとポーロの粉タッパーを振れば
振り向く癖に、

わたしの声には、


アンタ、耳悪いんじゃね?

くらい、無視を決め込んでいます。





焦りました。

これは、わたしとBCの間に、



信頼





なんていう高尚なものはまだ存在しないとしても、


そういう高尚なものを育てるべく

心の中に咲く、互いのケミストリーのような
そんな種すらも蒔かれていない、のではないか?





前に聞いたことがあります。




子犬の頃、

従順だったけれど、

知恵がつき始めたら飼い主を
無視するようになった。


その心は、


ワンコには飼い主への愛情が
育ってなかったのだということです。




そのワンコは、
仔犬のときは鬼軍曹のような飼い主が怖かったから
従っていたけれど、

成長するにつれ、

鬼軍曹が怒鳴る声も
子犬ほどには怖くなくなり、

単なる口うるさい変な動物として
認識していったという話。







心がズキンとなりました。






ミスタービーシーは

子犬ながらにして、


非常にわたしにとっては扱いにくいワンコなのです。


今までの実家で飼っていたワンコは、
いい意味でも悪い意味でも、

単純な子たちばかりで、


BCのように、仮病を使ったり、イタイ~とうそぶくワンコなど、

今まで飼ったことがないのでございます。





もしこのままいけば、
わたしとBCの関係も

先に出てきた鬼軍曹とワンコのような
そんな関係になってしまう~



危機感に襲われました。




片や、オットーとミスタービーシーの関係はどうでしょう?



BCからは子分同然と思われているようで、

オットーの言うことなど、
たまにしかきかないBCですが、

はたからみてもわかるほどに、

オットーの溢れる愛情
BCに注ぎまくられています。

BCだって、それはわかっているはずです。


この一人と1匹の間には、

確実に何らかの種は蒔かれています。




勿論、わたしだってBCへの愛情は溢れていますけれど、

何より先より、とにかく、
躾を大切にしているため、

今は、わかってもわからなくても

BCにひたすら届いているは、
わたしの怒りのオーラだけなのかもしれません。






信頼




これが双方にあってこそ、


悪いことをすれば、
飼い主が無視をすればワンコが悲しくもなり、

怒られれば、やっぱりワンコは悲しくなり、


でも飼い主が自分の名前を呼んでくれるだけで、
ワンコは幸せな気持ちになるのでしょう。





今の公式を己にあてはめます。





わたしとBCの間にある




信頼







あるはずもありません。




そして種さえ蒔かれていないのであれば、
将来、それが芽になって出てくるわけもありません。



わたしに無視される。

BC意味がわからないので、
とりあえず退避。

それが拗ねているように見える。


わたしに怒られる。

BCは煩いのでとりあえず避難~

それも拗ねているように見える。





そこには何も生まれない、

ただただ、不毛な二人~~




大ショック!







そこでまずは、


わたしとBCの間を修復することに勤めます。




目を合わせないBCと

アイコンタクトをとることによって、

わたしと彼との距離を少し縮めます。



これが難儀でございます。



何しろ、BCがわたしと目を合わせない

その心は


それはわたしを煙たく思っている!

ということなのでございます。








そこで威力を発揮するのが、ポーロの粉~



ああ、ミスタービーシーが食い意地張ってるワンコで
よかったよおおおおお!!!




モノの本にあるように、

ご褒美に集中させ、

だんだん自分の目元まで持ってきて、

アイコンタクト~~成功!






っていとも簡単に書いてありますが、




ミスタービーシー、


その食い意地は、

スジガネ入りです。




ポーロの粒があまりに小さいので、

とりあえず、タッパーをシャカシャカさせまして

BCの気をひき、

ノパールの目元までタッパーを持っていく~



しかあし、


BCはどこまでも、どこまでも、
タッパーから目線を外さず、
タッパーにロックオン!




それは、腹をすかせた野生のライオンが
獲物を狙うような、

どこまでも食べることへの
貪欲さ、執着の塊であり、



アンタのどこが貴婦人の愛玩犬なのさっ!


と、悪態がついてでてしまうのでございます。







まあ、何度も何度も何度もやっているうちに、
{ポーロを粉にしてよかったよ~

そこそこそ目が合うようになり、

やがて、ちゃんとこちらの方を
向くようになりました。





目が合えば、


ノパールは優しい声をかけ、

怒っていないことを伝えます。



目が合えば、


『グート』

などとちっともしゃべれもしないドイツ語で褒め、
ポーロの粉をあげました。




その日ずっと、

アイコンタクトだけに集中です。



いつものように、

BCがぐずり始める夕方時、

ガウガウ吠えて何かを訴えても、

アイコンタクトで、彼をなだめます。



最初は興奮してましたが、

何度かやってるうちに、



ガウガウしながら、
その吠え声は、やがて、
ボヤキのような吠え声に変わっていきます。


『うっせえ~メシタキばばあは黙ってろぃ!』



と言っていたのが、



『わあったよ、くそムカつくがこの辺にしといてやるぜ!』


となり、

やがて、



『わあったよ。だまりゃいいんだろ?』



的に変わっていきました。


2日間、この繰り返しで、


3日目の今日は、


お互い、意思疎通がパーフェクトではないにしろ、


なんとなく、なんとなく、コミュニケーションが
取れ始めてきたような???




今も、BCはわたしの足元で寝ています。
わたしのスリッパがお気に入りのようです。




BC151015.jpg


前は、あのファイバースリッパが
単にミスタービーシーの獲物でしかなかったのに、


今ではフアフアしている寝心地のいいナニカ~

という風に把握しているようで、



これもミスタービーシーの学習の賜物なのでございます。




追記:
ウニ先生の飼い主さま:
初めましてww(笑)
いつもウニ先生にはお世話になっております。

前から飼い主さまとは、
なんとなあああく、相通づるものがある~
いえいえ、あくまでも、
ウニ先生のお話によればですよ?
あくまでもです。
なので勝手ながら親近感を寄せておりました。

迷惑なお話でしょうが、
今後ともよろしくでございます。vvv

今だから言えること?

2015 - 10/17 [Sat] - 11:05

昨日、実家に行ったら、

バイトがえりの姉と涙の再開した
ミスタービーシーの
喜び組~は、もう、ハタで見てても涙ぐましい~



あああ、それなのに、それなのに、

毒舌の姉が言う~



『最近、アンタのブログ、
ワンコのことばっかじゃん!
しかも、長いし!』



って、しょうがないじゃんかあ~
ふんだ!


ってえんで今日は、これ!





今は亡き、一時代を築いた一人、
ジョン レノン先生は、実はバイでした~(credited by Chilango.com)
(記事は古くなればリンク切れになる場合もありますので、ご容赦下さい。)

という奥さま、オノヨーコ女史の告白記事。


まあ、あの当時もかなり時代の先を行ってるな~

って印象があるから、バイと言われても、へえ~
って感じです。


内容は、

以前の夫婦の会話で、

『人はみなバイセクシュアルであるべきだし、
それを認めないのは社会に問題があって、
結局、そういう嗜好を隠さなくてはいけないから。』

的、会話をしたりして、
ヨーコ女史も夫の意見には同意見。
だからといって、
彼女は女性と寝ようとは思わなかったのこと。


反対に、ジョンレノン先生は、

男性と寝たいと思っていたようで、

けれど、やはり彼自身かなり抑制していたらしいのです。




ヨーコ女史の話の中にあった、


ビートルズを発掘したと言われるマネージャーさん、
MR. Braian Esptein は、
公表こそしてませんでしたが、
ゲイなのはバレバレで、


当時、彼はレノン先生と
噂されていたらしいのですが、


レノン氏は自制心の方が強く、
決して誰ともそういう関係には
ならなかったのだと、

ヨーコ女史が確信しております。






わたしは、中高年といえども、

ビートルズ世代ではないんですね。
{驚いた?ふふん!


だから、ビートルズの曲は知っていても、

そこにまつわる話や、
関わる人々のことをあまり知らないので、


このエプスタイン氏が、
当時ゲイであることがばれていた
っていうことに

びっくりぽんです!{すぐ感化される女~~



当時はまだまだ、色々な意味での差別があって、


ましてや、世界の音楽のページをガラリと変えてしまった

あの超有名偉大グループのマネージャー。


社会からの軋轢や差別とか、

もう今とは比べ物にならないくらいだろうと、

そんなことを思ってしまった記事でした。

日本イチのヘタレ男~

2015 - 10/17 [Sat] - 18:17



本日は、ワクチン3回目の
最後のお注射💉でございます。


こののち、10日後あたりから
いよいよ、ミスタービーシーのお散歩デビュー 
と、あいなります。




動物病院は、わたくしが吟味した、
(ちょっと上から目線で申し訳~ではございますが、
やはり、わたしがこのセンセについていきたい~
そう思う先生がいらっしゃる動物病院を選びました。)


素敵なベテラン女医先生の経営なさる病院です。


とってもちっちゃな、コロボックルのような{知らないお友達は検索でゴー
ミスタービーシーも、そこそこに好みの先生です。



全く疑うこともなく診察台にあがり、
そして、いきなり体温を~~~






あああ~~やめてください!
そこは~~せんせい~~
はあ~きもちよか~~



と思ったかどうか定かではありませんが、


お尻の穴にいきなり~の体温計。


しかあし、意外とダイジョウブなBC
{まさか、アンタ、あっちじゃないでしょうね?///






ところが、お注射の針がいきなりブス~~~






きゃぁぁいいぃぃん~




この世の終わりかと思うような、
実に切ないくらいの、されど、
めちゃくちゃデカい声が、


クリニック中轟きわたりました。


次の患畜さんの柴犬おじいちゃん、

ごめんよ~不安を煽ったに違いありません。





ミスタービーシーは痛みに弱い!

弱すぎるボーイなのだっ!



かあああ、情けなか~~~!








家に帰ってから、スイッチが入って
発狂しまくりモードで部屋を駆け回ったクセに、


わたしが、注射した後をかる~~くタッチしただけで、






キャヒイイ~ン と泣くBC.


1か月後は、狂犬病のお💉よ~?!
ダイジョウブなのかしらん??






BCvacna8.jpg





にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

今日のヴィーノ!

2015 - 10/17 [Sat] - 18:43


無事、ミスタービーシーの
最後のワクチンが終わり、

赤ワインでかんぱ~い
( ^^)/▽☆▽\(^^ ) カンパーイ!



なあんて、カンパイ理由なんぞ、
このバカ夫婦にはなんでもいいわけであります~




さてさて、今日のワインは、

ボルドー2012年です。




bordeauxchateaugrandjean.jpg



シャトー グラン ジャン{ジーンかと思った!







これね、結構なクセモノ~~



コルク開けたてで飲んだら、



むっ?!



なんかちがああああう!!!




ところが、空気に触れていくうちに、

わたしが、ん?って思ったにほいが、
空気とあいまって、


ワインらしい香りに変身しまして、


丁度飲み頃~~~vv


今夜も美味しゅうございます。vv

正真正銘、素敵奥さまのハンドメイド~

2015 - 10/18 [Sun] - 10:13



母のマージャン仲間の方から、

買った首飾り~
{ウソはいけないよ!
コホン! 母に買ってもらいました!はい!


チョーカーチックなネックレス。







handmadeNeckless.jpg



これ、ハンドメイドなんですって。

しかも、ネクタイのリサイクル~なんですって。



ひえええ~~~

信じられない。




でもね、ネクタイを使っているから、
首にあたる感触も、すごく心地よい~

つるり~とした感触が
心地よい~~~




これ、ミスタービーシーの首輪としても
いいんじゃね?いんじゃね?



とは思うものの、
どれだけ面倒臭い工程の針仕事よおお?!

って考えると、BCにはもったいねえ!





わたしが買った買ってもらったこのチョーカーネックレス、

生地もかわいくて、ネイビーブルーと白と紺のビーズ玉とのチョイスも、

ジーンズと白シャツという、とってもシンプルカジュアルにも、

上級コーデー~~~~




とはいえ、これ元はネクタイだったって考えると、


これ、ネクタイの模様としてワイシャツにしめていたら
ちょっと毒がなさすぎで、
いささか、つまんなあいいい~かも~~?!
{おいおい、悪口かい?
おいおい、ネクタイの趣味がわりいってディスってんのかい??

本当に個人の意見でございますわよ~
いやよ、奥さま~本気になさっちゃあああ




それどころか




ほうらあ~

こんな風にカワイク生まれ変わっちゃったのですから~








画像、カモ~ン アゲ~~イン




BCneckless.jpg



アンタ、臭いんだよっ!

2015 - 10/18 [Sun] - 11:09



8種ワクチン後、

家に戻り、

ハイテンションで駆け巡り、
ごはんももらって幸せ度マックスのときは、


どうやらアドレナリンのお陰か、

白い弾丸のように飛び跳ねて狂い踊っていたのが、







気が付いて、



落ち着きを取り戻したら、







じ~~~~ん



おそらく、ミスタービーシー、
傷みの記憶が蘇ったらしく、



急に、急に、重い足取りで、

イタイ!いたい!痛い!をアピールしていたボーイ。




まあ、よろよろよろ~歩き、

わたしも少しは心配になったけれど、

ワクチン後は、痛がるワンコが多いらしく、
まあ、副作用でないならば、様子見ってことで、



翌日の今日~



はい、復帰!
もう復帰!ガジガジガジガジ甘噛みしては、

こら!
ジャラ~ン!


の大声及びペットボトルタンバリンが
鳴り響く我が家の朝です。






それてにしても、ぷううう~~~~~ん!


臭う!臭い!臭い!臭い!


我が家に来てから、
未ワクチンだったため、
まだ一度もシャンプーしてない!

やっとワクチンしたと思ったら、

先生が、

『数日間はシャンプーは控えてください。』


と言われ、がっかり~~




我が家のスグレモノ空気清浄機も
大忙しだわさ~~



当の臭さの元は、
益々臭さに拍車をかけるがごとく、
大好きなオットーの足元で
うっとり~







BCfavores.jpg

画像下、BCの足元にちょこっと映ってるのは
レイのPC簡易テーブルの脚~
{未だにかじる~

そして、大好きなファイバースリッパ

そして、大大大好きな、オットーの臭い~~





早くシャンプーさせてくれえええっ!!
。・・(≧0≦)・・。ウェーン 。





にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

今夜は白ワイン~

2015 - 10/19 [Mon] - 00:05


今夜はとっても良い出会いがありました。


ワインショップでサポートしていただいたソムリエの方が

わたし好みのワインをドンピシャリと選んでくださる~

気持ちのよいくらい、無駄のない動き、
そしてワインテイストの説明も的を射て、
信頼100%~の芽が生まれ、

いつもの山梨赤ワインとは別の味を楽しみたく

2000円以下でご依頼したら、

すぐさま、迷うことなく選んでくれて、




よし、わかった!


と、ばかりに
赤ワイン2本をお買い上げ~




そうして、我が家では珍しく
白ワインのご相談。


というのも、今夜は、
前々から残っているアンチョビを使って
パスタにしようと思っていたので、


アンチョビに合う白を~注文します。



わたしたちは、滅多に白は飲みませんが
ブドウとしてはリースリングのドライなものが好きなので

その好みを伝えると、


すぐにさあああ~ってイタリアワインを薦めてくれます。



ワイン通でもないわたしには初めてのご対面のGAVIワイン。

でも、2000円を出せば、そこそこにはお釣りも来る価格~

うん!気にいった!

これもお買い上げです。



ノパールは、とにかく気にいった人を
とことん信用して買うので、

時折、その人は素晴らしくても

家に帰って食べたり飲んでみたりしたら
ちょっと期待はずれ~ってことも

なきにしもあらず。


けれど、その人を信じた信用買いなので、
そういった場合はあまり損した気にはならないのであります。






さてさて、白ワインはこちら。
お味はどうでしょう~~??





whitewinegavi2014.jpg



これ、当たりでした!
2014年の新しいものなのに、

しっかりとした品のよいドライな口当たり。


安い白だと、さっぱりしすぎて水っぽく感じてしまうのだけれど、

このGAVI VINE 畑で作られたワインは
ほどよいブドウの香りとお口の中をころがっていく
バランスよい酸味とすっきり感がうまく調和して


アンチョビパスタにもバッチグー~~



今宵も美味しゅうございました。~

とってもソラオソロシイ妄想が~

2015 - 10/19 [Mon] - 08:27


ミスタービーシはすでに3か月と20日になったんですが、

ワクチン打ちに行った際、体重測定があって、


すでに3KGもあるんですよおおおお!!!!



ドッグフードの袋には
小型犬の場合の1日の食事量は
ドッグフード170gとなっていました。




でも今は、散歩ができないので、
1日120gを3回に分けて
あげてるんだけど、


どうも体がデカい!

色々なビションちゃんのブログへと
お邪魔してるんですが、



3か月の子犬ちゃんと比べても、


うちの、なんか、もう5,6か月じゃね?

くらいにでかい~~~





ペットショップにいる子たちが
あまりに小さすぎてこわかったから、

あえて、しっかりめの体格を選んで、
買ったから、まあ、平均よりは頑丈かしら?

程度に思っていたものの、

ミスタービーシーと暮らしてもうすぐ1か月。



アンタ、ペットショップで
年齢詐称されちゃったんじゃね?


あるいは、実は、ビションフリーゼと秋田犬とかの
超でかい系~のミックスじゃね?




などと、ペットショップ屋さんを
まるで悪徳店かのように
疑っているノパールです。
ごめんよお~ペット屋さん。




まあ、例えビション100でなくとも
平均値よりも大幅にデカく(肥満とかでなくね)なっても


我らのBCはBCなので、いいんですけど、




あまりデカくなりすぎてしまうと、




『嘘つきましたね?
ここは小型犬以外は禁止ですぞぉ?!』



などとボス/レ/ーのような口調で
{知らないお友達はスルーで~

わたしが住んでる集合住宅の
管理組合からやり玉にあげられ、

退去~~なんてことになったら、
どうしましょおおおお???

二人と1匹で露頭に迷う家なき子~~
困る!困る!それは絶対に困る!

ズームアウトだと小っちゃく見えるから、
なんとかなるかしら??
{ってなんねえよ!

BCsleepingagain.jpg







わたしの腹に顔を寄せているところを
上から撮ったどおおお!



BCzoom.jpg


寝る子は育つ!とはよくいったもので、


とにかくよく寝てるBC




ガウガウしてるか{ハイテンション
ガツガツしてるか{お食事中~

そして寝ているか



ここで思い当たるふしも。


寝る子はよく育つ~

ってえのも、そうなんですが、


飼い犬は、飼い主に似る~~




まさに、アンタの生活スタイルは、
このぐうたらノパールそのものなんだよっ!!

おそろしや~~


とにかく散歩が始まったら、
飼い主ともども、体を引き締めるわよ~





にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

すごわざ キューじーん(cuisine)

2015 - 10/19 [Mon] - 19:41



いやあ、頼れるオカズ~

それは、大好きな煮豆なのでございます。


前に天草に行ったとき、
市場で大豆が売っていて、

本当にうつくしか~っていうくらいで

それを煮ても、その輝きは失せることはありません。







madrebeans.jpg




つぶぞろいのまるで琥珀かトパーズか?
{それほどには、みえないけど?って?? ふんだ!~3





で、これ、いつものように、いつものごとく
実家の母に頼み込んで煮てもらったシロモノ~
{またかい?



だって、母の煮ものは美味しいんですもの~
{頼み込むのは煮物だけではなかったよね?

ビュン=====





でね、話変えますけど{強引にね?!


この大豆の煮豆、

結構硬めで

すごく薄味で煮てくれてますので、

勿論、そのまま酒のツマミで食べてもよし~



けれど、ここからが、スゴワザ~{人のふんどしでな?!



おとといは、べジカレーに
この煮豆を大量に投入し、


すると、お出しがカレーにふんわりでてきて、

また、豆もふんわり柔らかくなって、

べジカレーとは思えぬ、

肉肉しい味わいとなったのでございます。





また今日は、この煮豆を軽くつぶし、
山葵マヨとあえて、

たっぷりの野菜を一緒に、

マフィンバーガーでいただき~

中には、たった2本のミニウィンナーしか
入っていないのに、、

この肉肉しいゴージャス感はどこからくるの~


って、肉肉しいけれど、ホンモノの肉ははいってない。
己で言ってて、悲しくないかい?



ふん!わたしは豆がすきなのよっ!

勿論肉も好きだけどね!ふんだ!






というわけで、いつものように
カメラにおさまる前に、
胃袋に~~~


でも、山ほど作ってもらった煮豆も、

残すところ、もう、冒頭の残量のみ~



ああああ~~~  Orz




こうなったら又大豆買ってきて
作ってもらおう~っとvvvv









senioraruaru.jpg



世の中への密やかな反逆!{オーバーな!

2015 - 10/19 [Mon] - 21:53


ドコ●携帯電話の更新で、

機種変更しに行ってきたノパール。


え?/i/Phone/6s かって?



奥さま、わたしを誰だと思ってらしゃるのん?


こうみえて{いや、そう見えますって!
生粋のぐうたら主腐ざます。


家でゴロゴロしてるか、
PCプチオタクのわたしに、

スマホなんて必要だと思われます?



スマホを使う利点は、
手軽なネット環境によるアプリの進化

どこでも外でもどんなとこでも

使える気軽さざましょ?


だからこそパケ放題~などと
わっしょいわっしょいパッケージで、
機種自体のお高さも、

この便利性で帳消しになるというシステム。


でもね、家でネットをしているわたしには、

スマホなんぞ必要ありませんからっ?!
{使えないとかじゃありませんからねっ?!ふんだ!

notbusiness.jpg
(画像は不適切な画像のため
加工処理をほどこしてございます)




家のPCでネット~やり放題~

たまに外に出てガラケイメール


これで完璧なんです!!






あああ~ところが、世の中は

わたしのライフスタイルとは
確実に逆行していて、



ガラケイ機種の数の少なさよ。



これは、絶滅機種という由々しき事態なのでございます。



まあ、いいです。いいんです。

メールと電話さえできれば。



今日の一言: 次回更新時、選べるガラケイは
         ラクラクホーンのみかも??

そ、それは、ちょっと勘弁してほしい~(涙)

はい、パチリン~

2015 - 10/19 [Mon] - 22:48


変えた携帯カメラの性能を
確かめたく、

ミスタービーシーを被写体に
撮ってみたものの、

己の腕にほれぼれ~~


なんてかわいくとれたのかしらん???


って、モデルがいいからって?かい?ふんだ!




BCcute191015.jpg










にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

 | HOME |  »

ランキングに参加しています。

プロフィール

ノパール

Author:ノパール
パトロン付きの毎日を満喫している自由人でございます。これ、きちんと訳しますと、勝手気ままに生きている専業主婦でございます。
年齢言いたがらない?これってかなり年だと思われます。でも心はいつでも年齢5チャイ!おいっ!

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
321位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

wow