FC2ブログ
2015 / 01
≪ 2014 / 12 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2015 / 02 ≫

味方は誰もナシ。

  • 2015/01/31(土) 10:45:24

朝起きて、

チルドの中に鯵が二枚残ってるのを思い出し

食べなきゃ!



土曜日の朝は、
デレデレして過ごすわたしにとって

こういう言葉はすんなり口をついてでる。


『鯵食べたい?』


この言葉は我が家にとっての
釣りのところのルアー。


すると食いつくオットー。


『うん!vvv』

ほら釣れた!すかさず

『じゃ焼いて~』

すかさず有無を言わさず
オットー鯵を焼く係り~~



わたしは魚を焼くのが苦手というか
面倒くさい。

大概は焦がしてしまう。

ナマが怖いから焼き過ぎちゃうってえのもあるけど、
実は、あまり心をいれてグリルの様子をみず、
別の仕事に取りかかってる間に、

気がつけば、


あああああ、焦げた Orz、、、

って感じ。


なので、土曜の朝から鯵はたべたいけど
土曜の朝から魚を焼くのは面倒だ。

そしてたまには、オットーだって
魚を焼く手間というものを
思いしるがよい!



しばしネットサーフィンの海に浸っていたら、

『焼けたよ~~vvv』



ほんわか~ほわほわ
{写真割愛、失礼あそばせ~

見れば、程よく焦げを背につけた
焼き具合の按配がバランスがもうもう、天才かい?って
そんくらい、美味そうな焼き具合。

くるりとひっくり返せば、
うっすらと茶色く光沢のある下を
ほぐせば、

ほわああ~~と湯気が立って、
ふわふわの白い身が顔を出す。

む、この男、、、ただものではない。

『いっただきまあああすvvv』


うまい!vvv



久方ぶりに我が家で食べた
こんなうますぎる鯵のひらき~

おお、アンタもここまで完璧に焼かれれば、
本望だろう!



パクパクと無になって食べれば、
鯵はいつしかなくなる。
どんなに美味くたって、
なくなってまだ腹のひもじいことに気がつく女。


ならば、ウィンナーとイングリッシュマフィンなどで
腹を満たそう!


やおら、本格主腐、{ダレ? が腰をあげ、
マフィンをグリルで焼くことに~~~~










突然、、



『グリルが熱くなっています
消化しました。』







レイの声が聞こえる。




あああああ!!!


そうだよ、マフィン焼いてたっけ!!!


またもや、マフィンを焼きながら
別のことやってたら、

ひいいい、放置プレイだあああ!



あわてて、グリルの扉をあければ、




そこには、

炭のような真っ黒な表面のマフィンが
ふたつ、チョコンと固くなっており、、、




Orz.....Orz...


やっちまった。



すかさずオットーの声が聞こえた。



『お料理というのはですね、
丁寧に手間をかけてあげて
初めて美味しくなるってもんです。』



ふん!オットーは先ほど己が焼いた鯵のひらきが
ことのほか上手くやけたことにご満悦であり、

そこで、上目線からの発言となる。


うっせーうっせー
こちとら、やることがあって、
たまあああああにしかやらない人と違って、
そんなにひとつのことに
かまけてはいられないんだ!!!!



そう言おうと思った瞬間に、




ぐおおおおおおおおーーーーーーっ!!




すごい音をたてて、我が家の空気清浄機が
唸りをあげた。

見れば、臭いマックス、赤ランプ!


aircleanerR (500x400)



清浄機、お前まで、、、



そうです、

部屋を充満した焦げの臭いに
抗議の声をあげたのです。


わたしは、もうオットーに反撃する力もなくなり、



真っ黒になったマフィンの焦げを、
ガサガサとナイフで落とし、

一人寂しく食べたのでございます。
・・(≧0≦)・・。ウェーン





今日の一言:どんなになっても食べ物は無駄にしない!
        人としての鑑だね!ほーほほほっvvv



って、焦がさなきゃよかった話だよっ!

  • | Edit