FC2ブログ
2015 / 01
≪ 2014 / 12 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2015 / 02 ≫

くたびれもうけ~=3

  • 2015/01/27(火) 13:58:32


わたっしってえやつは、やることが早い!

これ、自慢じゃなくて、

落ち着きがないと言う代名詞。

はたまた、考えてるくらいだったら、
やっちゃえええ!
という無謀さ。

面倒くさいからやっちゃえ!!
というモノグサだ。


とくにこの迅速実行が始動されるのは、


ことが、マイナスのときによく発動。



嫌なことは後にまわすのはいやあっ!


たとえば働いていた時、
顧客に謝りの電話いれるとか、
もう、今すぐかけて、早く終わらせたい!



健康診断の結果を
後日郵送か、あるいは、
その日のうちに聞くという選択の場合、
たとえ何時間待ってもいいから、
その日のうち、結果は聞いておきたい!


とか。


これが、何かを食べるために
長蛇の列に並ぶとなれば、
もういいよ、別の店に行こう!

ってすぐ、へたっちゃうけど、


とにかくイヤなことは絶対に
先延ばしにしたくないので、
とにかく早く済ませよう!


そんな風に長い人生 生きてきた女なのでございます。









ついこの間のことです。


買い物から帰って腹が空いたので
すぐパンを食べて、それから、

携帯がないことに気がついた



いや、待て、あるはず。
さっき買い物したときに、
メールしたりしていたから、
そうだよ、バッグの中だよ~~



え? 

な、ない!?


こういうときわたしんち不便なのが、
わたし、家電、つまり固定電話ないので、
普段、家に一人の場合、携帯がないと
なくなった携帯にかけることもできないので、
しばし途方にくれる。


丁度昼時だから、
最後の手段としてオットーに
連絡する。


【携帯ない!鳴らしてみてくれ!(・ω・`人).☆】

己のPCからオットーの携帯メールに
打ってみる。



するとどうだろう?
タイミングの悪い男なはずなのに
{いつもは頼りになるココ一番で
メールに気がつかないこと多し!

そんな男から即返信あり!

丁度昼のタイミングも功を奏す!


ピッ

PC画面に返信あり!
キタ──ヽ('∀')ノ──!!


【今、鳴らしてる。】


耳をすましてみても、
何の音もしない。


ガクン Orz

大ショック!

携帯紛失、決定!

なくした~ 100%決定!!!!!




この時点でわたしの頭が
フル回転しだす!
{アンタ、頭からけむりが~~って
普段使ってないからね?ふんだ!


携帯をなくしたことによっての
限りなく起こるべくわたしへの災難、


幸い、財布携帯として使用してなかったので
悪用されるとすれば


海外への通話は不可としているので
国内長距離かけまくり、

あるいは、
犯罪に悪用される

あるいは、最悪、
データーを盗まれ
知人などの個人情報で悪用。


一番、わたしが恐れているのは、
この個人情報を悪用されることで

知人の電話番号に
オレオレ詐欺がかかってきたら~~?


と真っ青になる!


それと同時に、

買い物での携帯の記憶をたどる。

あそこではまだあった。
じゃあ、あそこでは?


記憶をたどるうちに、
もう老化は記憶貯蔵庫すらも
ショートをおこし、


まったく、どこで落としたのか?なんていう
記憶すらもない!
どのへんがあやしいのか?
という見当すらつかない!



買い物先は、駅から電車に乗って数駅先なので、

とりあえず、最寄り駅から自宅までの
帰路を思い出す。


最寄り駅から我が家までには、
小さなモールがあって、

わたしはそこで、パンと薬を買ったのだ。


ならば、とりあえず家を飛び出し
モールへと直行!


『す、すんません、携帯落として無かったですか?』

指をクロスして朗報を祈るが、
薬屋の店員さんからは、悲しくも、、

『今日は一個もありません。』

ガクリと肩を落とすもパン屋へ向かう。
以前、このパン屋で忘れ物をしたことがあり{又忘れたのかい?
そのとき、すぐ数分後に戻ったけれど、
店員さんたちは迅速なマニュアル通りの正しい対応で
即、忘れ物係りに届けることをしていた。
というのもモールの中のパン屋のすぐ隣が
忘れ物置き場案内のため、
パン屋で忘れた場合は、即座にそこに持っていかれるらしい。


前回、それで学習したわたしは、

急いで、忘れ物係りへと直行。


『す、すみません、、、携帯を落としたんですが、、、』


受付のお姉さんに声をかけ、、、


『ちょっとお待ちください。』


お姉さんはノートをめくり調べ中~
その間、祈るような思いで待つこと数秒。

『今日はまだ届いてないようです。』


が、ガーーーン
大ショック!
終ったーーーーーーーー おわたーーーーーーーーーーーー



肩を落とし、家路に急ぐ。
とりあえず、もう一度何とか作戦を練ろう。


落ち着いて家路に戻り、

我が集合住宅の管理事務所で
電話を借りて、

今度は、駅から数駅先の
買い物をしていたデパートへ電話する。

<ございません!>


管理事務所が親切な方がたで
ついでに警察の落し物係りの部署の
電話番号も調べてくれたので、そこにも電話。

<ないっすね!>



大ショック!

もう道はない!おわたーーーーー




ならば一刻の猶予も出来ない。

とにかく携帯のこれ以上の被害を
くいとめるために、
{現時点での被害は知らんが、
とにかく焦る女は妄想が膨らんでいる

携帯会社へ行こう!


駅前に携帯ショップがあったのを
思い出し、そこで、携帯の休止と
また遠隔で自動ロックをかけてもらうことを
依頼する。

携帯ショップのお姉さんは
とても慣れた様子でキーボードを叩く。

そうだろうよ、わたしにとっちゃ携帯なくすなんてこと
あってはいいはずがないが、
お姉さんにとっては日常茶飯事の作業で
とてもスムースで手慣れている。


『はい、休止完了です。
また自動ロックもかかったようです。』


とりあえずほっと胸をなでおろす。


『ただし、休止するまでの間に発生した
何らかの被害については、お客様負担に
なります。』


そうかい、そうかい、
あとは、神に祈るだけ。

そうかい、そうかい
この世は悪ばかり。

どこにも携帯の届け出がないということは、

どっかのギャングに拾われ、

只今悪用中。

ギャングといえども、親だっているだろう。

遠い道北の街へ、今頃電話しているかもしれない。

『あ、かあちゃん?ひさしぶりだなあ~~?』

などと母親に電話しているかもしれない。

『あ?金のことなんて心配するな~。
今日はとことん母ちゃんとしゃべりたいんだあ~な~』

{只今脳内妄想エセ北海道弁発動中~~

などと千春節満載で
母ちゃんとしゃべってるかもしれない。

いや、待て。もしかしたら南出身かもしれない。


『はいさぃーー、おばあか?ひさしぶりさー
元気さーー ええよー
今日は、しゃべってもかまわないさー』

 {只今脳内妄想劇場エセ沖縄弁発動中~


などと被害額を思い浮かべながら、
この世のはびこる悪を憎む!
罪を憎み人を憎まず、

んにゃ、勝手に人の携帯使うなあああっ!!!!



まあとにかく被害がでてても

ざっと多くてここ3時間以内の
被害となっているであろう。

すると携帯ショップのお姉さんは、

『警察で紛失届をだしておいてくださいね。
それから、駅にも行って聞かれると
いいかもしれませんよ~~?』

と長年の経験に基づくアドバイスをくれたのだ。
ふむふむ

わたしは礼を言い、

その足で駅の交番、
それから駅の窓口で
手続きを取り、

どちらも現時点でわたしの該当携帯の情報もなく、

その後、わたしは電車に乗り、
買い物をしていたデパートへ向かい、
そこでも情報ナッシングの言葉をもらい、

再び肩を落とし家路に向かったのであります。





とりあえず、携帯は休止したものの、

おそらく、携帯がこの先も届けられることは
ないだろう、、

と思う。

なんてセチガライ世の中なんだよ!
この世は本当に悪ばかり。


肩を落としながら
木枯らしに吹かれ
切ない想いを胸に秘め、
家路へとトボトボと歩く。


めんどうくさい、、、

万が一、携帯が出てこなかったら、
新しい携帯契約をしなくてはならない。


また新しい携帯に
一からデータを入れ込まねばならんし、
知人にも電話が変わったことを言わないといけない。



もう一度、モールで聞いてみるか?
さっき聞いてからゆうに1時間以上は経っている。

とはいえ、まだ1時間しかたってないから、
シフト交代はしてないだろうから
同じ落し物係りの人に
また聞くのもちょいと恥ずかしい。


わたしにも恥ずかしさはあるのだ。



ならば、ダメ元で、パン屋にでもよって
聞いてみるか?


トボトボとした足元で
ガクリと肩を落とした女は、
パン屋のお姉さんに言葉をかける。


『あの、、携帯の落し物』
『ああ、猫ちゃんバックのですか?』
『え?』


お姉さんはわたしの言葉にかぶせるように
嬉々とした声でそう言った。

『え?』

『今までずっとお預かりしていたんですが、
ついさっき隣の落し物係りに届けたんですよ~』

『え?ええ?えええええ??』



じゃあ、何?

さっきわたしが落し物係で聞いていた時、
わたしの携帯はこのパン屋にあったのかい?


え?ええ?ええええええ??




なんで、あのときパン屋にまで足をのばさなかったの?
ダメ元でいけばよかったのいいいいいい?!!!!



家から出てクスリ屋→ 落し物係り→ 家→
管理事務所→ 携帯ショップ→ 交番 →
駅のみどりの窓口→ 電車に乗ってデパートへ→
現在デパートからの
往復の帰途中パン屋在



えええええええ???


これなら、
最初のクスリ屋→ 落し物係り→ パン屋→ゴール!

こんな図だったのに、、、

なんてこったああああ ガビィーン(||li`ω゚∞)

_| ̄|○ガックシ _| ̄|○ガックシ _| ̄|○ガックシ



携帯は見つかったのは嬉しいが、



休止となってしまった今、
また携帯ショップで休止の解除をしなくてはならない。






わたしってやる事が早いけど

結局それって実になることが少ないのか?
単に考えるより先に、行動してしまうあさはかさ!
そしてつめの甘さ!!!!!
何かやることが不毛だ!!!

不毛だああああ~~~

まさに絵にかたいような
骨折り損のくたびれもうけっ!!!!!



今日の一言:
たまには頭で考えてから行動にうつせ!


yelling.jpg


  • | Edit