FC2ブログ
2015 / 01
≪ 2014 / 12 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2015 / 02 ≫

普通の日々が戻って行く。

  • 2015/01/05(月) 13:22:03


今日から仕事始めのかたが
多いと思われます。

勿論、年始年末なんてねえよ!

なんつっているご多忙な方々にいたっては
頭がさがる思い、

その中で、唯一休み癖がおさまらず、
ぼーっとデレデレしているノパール!


唯一の頼みの綱であった、インフルちゃんも、
もはや発症することもなく、、、

だって、インフルちゃんなら、
{未だお床で
でれでれしていてもいいわけじゃない? ヲイッ!!


結局5000円の安心料
無駄に終わった~~~悲しや~~


そして、わたしの歯にはアナがあいたまま。


よくぞ年末年始と逃げ切った~


今年もまたギリギリ綱渡りで生きていく、
いわゆる、ギリギリにならないと
やらない、余裕のない人生~~



今日の一言:人間ってそうそうには変われない、、、


  • | Edit
  • 勝沼ワイン散歩 序章

    • 2015/01/05(月) 17:38:34


    わたしは基本、ご飯と嗜むワインが好きなので、

    食卓に合う、
    普段のおかずをちゃんとひきたててくれる赤が、
    わたしの普段のベストフレンドなのです。


    何度も言っているのですが、

    高ければ、ワインは美味い
    {よっぽど管理が悪くない限り

    それは当たり前のことだと思っています。


    なので、1000円くらいから1200,1300円くらいの
    予算で、我が家の好みにあったワインを
    日々探していて、


    その結果、山梨のとある酒造の赤ワインが
    我が家の食卓に並ぶのは、もう4,5年前からの通例。


    結局お安いワインで、自分好みのワインを見つけるのって
    結構なほどに難しくて、

    それで、ほとほと疲れ果て、
    ならば、もうその山梨ワインとの出会いだけで
    十分ではないかい?と

    つうことで、
    それ以来は、
    わたしのベストフレンズは
    山梨のある赤ワインで
    ずっと二人三脚。

    オットーの手、友情出演!



    ところが2014年、
    去年、ワイン祭りに出かけ
    知り合った南アフリカ産が
    1300円くらいの予算で、

    なかなかに味わい深く、

    我が家の食卓に
    ニューフェースがやってきて、

    これで、山梨と南フランスツートップの図が
    出来上がったのでございます。



    そうなると余裕ぶっこきで、

    じゃあ、ちょっくら、本場の勝沼にでも
    行ってみるべ?



    ってことで、去年年末、

    1泊で勝沼に行って、

    ワイン三昧の散歩をしてまいりました。



    で、なんで今頃、その話???




    そうでしょう、そうでしょう、

    年が明けた輝かしき2015年に
    何で、今更去年の年末の話?


    それはね、


    去年、ブログに書こうと思っていたのに、

    オットーのインフルで、

    バタバタとなり、

    勝沼の話どころでなくなってしまったからなのです。


    ですから、おくさま?

    わたしのせいじゃなく、

    すべての元凶はオットーなのでございます。



    ということで、勝沼ワインの話は
    明日へ続く~~~

  • | Edit
  • 勝沼ワイン、未知との遭遇

    • 2015/01/05(月) 22:14:49


    勝沼ビギナーとしては、
    ここは、ガイドブックの言う通りってえんで、

    初心者として真摯な態度で
    勝沼の地へと向かいます。

    そして、ふどうの郷で降りたちます。

    k_station (500x334)


    勝沼の空は、K_skyblue.jpg

    どこまでもどこまでも青く続きます。

    さあ、いざいかん!


    わたしたちが今回一泊だけの拠点として
    選んだのは、ここ、ぶどうの丘~


    ここは、初・勝沼としては
    なかなかで、

    まずは、勝沼各種の大手酒造店などの
    ワインが200銘柄を有料試飲で呑める。
    勝沼ワインのことは、全くわからないから、
    ここの地下カーブで、まずはあたりをつけてみよう!

    試飲料1100円(2014年末現在)で
    置いてあるワインが飲み放題~~~

    K_winnery (500x352) 

    樽を横にした断面を上手く使って
    ワインボトルインテリアデコレーションが
    ボトルの蓋の色を上手く使って、なかなか素敵!

    K_winnery2 (500x425)


    夏のシーズン中はしらないが、
    とりあえず冬場は、
    地下カーブでの時間制限もなく、

    とにかく1100円払っちまえば、
    何度も出はいりできるし(当日のみ有効)
    じっくりと腰を据えて味わえる。


    もう、飲み放題~~~なの。


    わたしの場合は、すでに
    自分の好み、赤ワイン、フルボトル
    っていうのが決まっているので、


    全部試飲するまでもなく、


    気に入ったワインを見つけて
    飲み比べして、がばがば飲めば、

    試飲料1100円など、あっというまに
    取り返せましたわ。vvvvほほほ。


    ただ、わたしは、人と話すのが好きなので、


    ソムリエや、係りの方がついてないぶん、
    質問が出来なくて、ちょっと残念。



    でもここは、本当に、ワインが初めての方で
    どんなものが自分に合うのかわからない~~

    何て言う方々にはお奨めです。
    じっくりと、試飲をして、
    自分好みのワインを見つける感じ、

    そんな第一歩としては、
    ぶどうの丘は最高の場所だと思いました。


    そしてロケーションも素晴らしいのです。

    何て言っても、丘と銘打つだけあって
    見晴しがいい。

    K_winnery3 (500x334)


    それにぶどうの丘という敷地内に、


    宿泊施設、

    展望露天風呂施設、

    お土産物屋さん、地下室カーブ

    レストランなどが点在しており、

    どこにも行かなくても
    そこでゆっくりと過ごせる。


    レストランのメニューも美味しいけれど、
    何より嬉しいのは、地下室カーブに置いてなかった
    ワインなども頼めるし、

    また、店内フロアーの
    勝沼ワインを熟知しているレストランの方と
    話せるのも、とても楽しい~~vv


    まさにわたしの好みの旅宿~




    ただ、ワイン試飲を目的とする場合、
    我が家では、レンタルカーなどもせず、
    交通機関に頼ることになるのだが、


    この周辺を走っている周辺バスが、
    1時間に1本とか、2時間に1本とか
    (特に冬場だからなのか?)
    とにかくバスにお目にかかることは
    奇跡に近く、結局タクシーで動くことになるので、
    ちょっと割高感はいなめない。

    それでも、色々なワイナリーを回って
    好きな味を見つける楽しさに勝るものは
    ないのでございます。vvv



    今回は本当に本当に勝沼初めてだったので、

    ぶどうの丘の地下室で試飲したワインを頼りに、

    なんとなく、2、3、ワイナリーを選んでみて、

    翌日、ワイナリー巡りをして帰路へと着くことに

    オットーとの2399回家族会議で決定!


    すべては翌日のワイナリー巡りを楽しみに
    その夜は更けていくのだが、、、


  • | Edit