FC2ブログ
2014 / 10
≪ 2014 / 09 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2014 / 11 ≫

はあ~~リラックスvvv

  • 2014/10/25(土) 10:03:01


昨日は久々に、

ぐうたら学生生活~~~的に、

もうすっきなことしてデレデレ致しまして、

かなりの録画番組を消化し、
映画も見ましたvvv。


そして、結構な感じでおもしろかったのが、



See No Evil (1971) /見えない恐怖 [Import] [DVD]See No Evil (1971) /見えない恐怖 [Import] [DVD]
()
Mia Farrow、Dorothy Alison 他

商品詳細を見る



ミア ファーローさん主演のサイコドラマミステリー


お話はいたって簡単で、

落馬事故で盲目になってしまったミアファーローさんが
金持ちの叔父夫婦のところで暮らすことになる。

ところが、叔父夫婦は、
変なカルトにかぶれている犯人の
些細な逆鱗に触れてしまい、惨殺。


ただ、主人公は暗闇の世界で生きているために、
おじさんたちがなくなったことを知らず、

死体のすぐそばで、普通に朝を迎え、
昼を迎えって、、、


何といってもこの映画の恐怖は、心理の恐怖

ジワリジワリと忍び込んでくるカメラワーク。

見てるわたしたちは
おじさんたちが亡くなったことを
知っているんだけど、
カメラがミアファーロー女史の視線のため、
犯人や、死体などが視覚としてはいってこない。

けれど、カット、カットで、
まるで家具の一部のように
血だらけの残虐な顔がうつったりと、
ショッキングな映像に、恐怖がわいてくるんですね。

また、ずっと足元しかうつらない犯人の陰にも
見てる側には恐怖をおぼえる。

そして、ついに主人公が、
犯人に追い詰められていくのも恐怖なんですね。


さまざまな恐怖を覚えながら、話がタンタンと進んでいく。
とにかくカメラワークの勝利という映画でございました。

期待してなかっただけに、
とてもドキドキしながら面白かったなという印象。



ただ、少しだけ不満が残ったのは、

あの女優さんの盲目の演技です。


ミアファーローさんといえば、
演技はの素敵な女優さんで、
この映画でもじわりじわりと
忍び寄る恐怖におののく演技は
すばらしいのですが、


ただ、はしばしの所作や仕草で、

それ、目見えてるじゃん!って

つっこんじゃう。

せっかく、壁づたいに手さぐりで2階にあがっていって、

だけど、紅茶カップを無造作に
ベッドわきのナイトテーブルとかに置いちゃう。

あれは、絶対見えてるからこその
置き方だったな、、、と思うと、
すこしばかり、
恐怖が遠のき

映画に没頭できないのが残念でした。



そう思うと、

わたしが感動すら覚えた、
盲目の初老役を演じた、

アル パチーノ氏の秀逸な演技を思い出し、

いやああ、
あれは本当に素晴らしかったと思うのでございます。

アルパチーノ氏というと、
それまではあまり彼の作品を見たことなく、
ついつい、偏見で、
色男もしくはドンパチアクション俳優なんて
思っていたけど、

あの作品で、わたしの評価がガラリと変わった!!!!

素敵な素敵な作品でした。



セント・オブ・ウーマン/夢の香り [DVD]セント・オブ・ウーマン/夢の香り [DVD]
(2012/04/13)
アル・パチーノ、クリス・オドネル 他

商品詳細を見る



セント オブ ウーマンは、今でも
わたしの大大大好きな映画です。

エンディングはちょっとやっぱりハリウッドっぽいけれど、、
でもでも、それでもアルパチーノ氏の演技が
それを跳ね返すくらいの強さがあります。vv


あのダンスのシーンは、本当にうっとりです。vvv

  • | Edit