FC2ブログ
2014 / 07
≪ 2014 / 06 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2014 / 08 ≫

なぜだろう・なぜかしら??

  • 2014/07/29(火) 12:15:53

こんなのを買ってみた。



HEART(初回限定盤1)(DVD付)HEART(初回限定盤1)(DVD付)
(2014/07/16)
TOKIO

商品詳細を見る



わたしのは、すでに出遅れたのか、DVD付ではないが、


何故かしら、衝動買いだった!


嫌いじゃないけど、別に大ファンでもなく、

まあ、20年間の軌跡だから、、、、


本当は、EGO-WRAPPIN'

アルバムを買いに行ったんだけど、

まだ ニューアルバムがでていなくて、


それで、何となく、手に取ってしまったのが、


TOKIOなのであります。


不思議だ、何て不思議だ。


ジャニーズ系のアルバムは、


急にほしくなるから不思議です。


過去にも、SMA●・キンキKID●・少●隊

もっとさかのぼればヒロミG● など、

アルバムを、それこそ、1枚くらい買ったりしているのであります。


どうも、こういう自分の買いたいというサイクルが

己でもよくわかりません。


果たして、このアルバムのお陰で、

お話のストックがサクサク進むのか否かは

神のみぞ知る~~~~ {逃避かい?


以外にも、TOKIOの歌って知ってる曲があるもんだわ。


今年の夏は、リーダーがあの過酷なマラソンをするから心配。
大丈夫???

そういえば、オットーは、長瀬智●ファンなんだよね。
男にモテル男らしく、

長瀬智●氏が出演するドラマは、
のきなみ、録画して見たがります。

不思議でございます。



でも、どのメンバーの皆さんも、
年と共に、いい男に、育ってらっしゃると思います。{上目線かい??

王道ロマンスでは、どの方も、
みんな主人公をはれるタイプだと思います。

BLだと、、、、、ないかなあああ?
わかりませんが、、、、

まあ、わたしの妄想をそそるのは、

色白なインテリタイプだからなあああ

って、じゃ、インテリタイプが誰一人いないみたいじゃん?!

いやいや、そういうことではなくてよ、おくさまああ!

個人の意見ですからね~~~~

これを書きながら、今も聞いております。vvv

  • | Edit
  • 最近のノパールBL事情

    • 2014/07/29(火) 12:51:10



    ちょっと嬉しい。vvv


    最近買ったBL本、3冊。

    今のところ、2冊とも大当たり。


    残る1冊は、未読ですが、木原先生なので、
    おそらく大丈夫~~~的な余裕なので、


    今回恐らく、3発3中、大当たりのBL本。

    己で調べて買ってみて、

    なかなかのシロモノ。

    前回の和泉桂さんあたりから、

    やはり時代物に手を出しているんですが、、、


    やはり、時代物のほうが、

    自分と同じ時空でないということから、
    すら~~~と、心に入り込んでいくんですね。


    現代物だと、単なる男と男のラブだと、
    わたしとしては、少しだけ現実味を感じたいの。

    エロだけを追求したり、
    ノンケ同士が理由もなく恋愛したり、

    何だか、それって、ファンタジーすぎるって

    思っちゃうんですね。


    勿論、BLワールドは、ファンタジーが基本だけど、

    わたしが萌えるためには、

    そのファンタジーに、リアルエッセンスを少しだけ匂わせてもらいたいのであります。


    なので、現代物で萌えるためには、

    ある程度のわたしのハードルがあって、

    それを超えていかないお話は、

    やっぱり、ふううん、、、で終わっちゃうの。


    でわたしの中の王道が、


    もう榎田尤利先生と木原音瀬先生の作品で、

    たぶん、これは、文句なくウマがあうのです。

    文体が好きなんだと思うし、
    この二人の先生の作品なら、
    安心出来て読めてしまう。


    特に榎田先生は、

    随所に散りばめられた、会話のキャッチボールが
    わたし好みで、

    出来れば、榎田先生のエンターテインメントBLわーるどを

    ずっとずっと楽しんでいたいの。


    とにかく、理屈ではなく、

    先生の作品が好きだ!

    ということで、現代物作品とわたしは繋がっているので、
    安心して読めるんですね。


    かたや、木原音瀬先生は、

    痛くても、悲しくても、切なくても、

    その美しい文章に魅了されてしまう。
    人間の嫌な面や葛藤などの心情も、手に取るようにわかるし、

    けれど、どの人の心の中にも

    純粋さは持っているわけで、、、


    そんなキャラたちの心の葛藤に目が放せないのであります。



    なので、わたしの中では2大巨匠が確立されてきちゃってるから、

    別の方々の作品で、萌えるというのは、なかなかに難しいわけで、、、



    まあ、好みですから、しかたがありません。
    人それぞれの趣味嗜好、萌えどころ~~~

    が、あるわけなので、


    でも、榎田先生の作品で、
    あと、読みたい~~と思う話が、数冊しかなくなっちゃって、、、

    そして、新刊も、ここのところ、亀のような歩みのため、
    ちょっと、悲しい毎日でございます。

    心のロマンスが、枯渇気味~~~です。


    なので、ちまちまと、
    新地を開拓していく地道な努力中なのであります。



    そこで最近になって、

    気になるのが、歴史ものなんですね。

    これは、BLに限らず、ドラマでも、年のせいか、

    面白い時代劇とかにはまってしまう。



    で、BLにも、時代物というか過去の時代限定で探してみて、

    見つけて買ってみて、(前回の和泉桂作品)

    気持ちが、すすすす~~と入っていけて、
    面白くはまったので、

    そのまま、今回も時代物をキーワードに
    買ってみたのが、大当たりだった2冊なのです。


    それでは、何を買ったのか???

    感想も書きたいので、明日につづく~~~


    えええ、続くのおおお?

    いやあね、気を持たせちゃって、んもおお!

    すんません。vvvv

  • | Edit