FC2ブログ
2014 / 06
≪ 2014 / 05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2014 / 07 ≫

W杯、ブラジルでいよいよ、さあ始まった!

  • 2014/06/13(金) 07:31:22

いよいよ始まりました。

サッカー未亡人のみなさまも大勢いらっしゃるかと、、、

ちなみに、世のダンナたちが
スポーツ観戦に夢中になってしまい
心ココあらず、家族を置いてけぼりで
自己中にも、観戦にのめりこんでいく~~

というようなことを、こう呼ぶらしく、

アメリカでは、多くのアメフト未亡人が
誕生しているらしいのですが、、、


まあ、トリビアは置いといて(トリビアなのかい?)


サッカーですよ、おくさまあああ、

わたしは別段、サッカーに興味はなかった人間ですが、

ドイツに住んでた時、友人の(POKE仲間)から、

ドイツに住んでサッカーに興味がないって?
ふん!それじゃあ、ドイツに馴染めないよ。
まずは、サッカーを好きにならないと!

そう忠告されましたの。

わたしってやあつは、そこに住んだら、
その場所に絶対に馴染んで現地の友人を作りたい!

っというやあつなもんですから、

あ、そう!とあっさり、そのS氏のアドバイスをしっかり受け止め、

丁度、あのときもW杯が、くしくもやっていて、
それで、観戦するようなったのです。


するとどうよ、超イケメンぞろい~~~じゃない?

当時は、ドイツの監督のファンで、
地元ということもあり、ドイツを応援していたんですが、、

まあ、そんなことから、サッカーの国際試合には、
少しずつ馴染んでいったんですね。

だから、やっぱり、
W杯とか、オリンピックとか、コンフェデとか、
見れる限り、見てしまうのでありますね。

こうやって祖国にもどって見るサッカーは、
また感慨もひとしおです。

というのも、、、、

日本とあたる対戦国を通して、
ついつい友人や思い出が蘇ってくるんですね。

たとえば、今回、

コートジボワール・ギリシャ・コロンビア


コートジ(勝手に訳すなああ!)は
生憎、まったく思い入れもないですけど(ないんかい?!)

例えば、ギリシャ~~  ギリシャカラー


(注;国旗ではなくお国のカラーのイメージです。)

ああああ、アテネに行ったとき、

国会議事堂すぐそばで行われる
衛兵の交代式

すでに観光客に馴染みの風景。
衛兵士たちも、制服着てて、イケメン揃いなのですが、

わたしは、衛兵交代を少し離れて監視している、
教官に目が

これが絶世のイケメン~~

写真を撮ってもらったんだけど、
教官のびっくりマナコの目が忘れられないわ~

そりゃそうだろうよ、観光客は
みんな衛兵士にパチパチ、シャッターやら
記念写真やらとるのに、

教官と一緒に写真にうつるって
前代未聞だったんでしょうよ。

ああああ、だけど、あの教官、
わたしが脳内保存している中の
イケメンリストのトップ3には入るのであります。


なんてことを、思い出し、
あれええ?あのギリシャのデジフォト
どこだっけええ??

などとダラシナイ女はあせるわけですね。

そして、コロンビア戦!

ご存じ(有名かい?)、わたしのゲイ友の祖国! コロンビアカラー


おそらく、彼だって、

日本VSコロンビア戦のとき、
わたしが彼を思い出すように、
ヤツだって、きっとわたしのことを思い出すに違いない。

そんなことを思います。


お蔭さまで、わたしは、結構色々な国の人と
知り合いになったりしてたから、

その国の名前を耳にすると、

その人間を思い出す機会が増えます。

特にサッカーのW杯みたいなのは、

メジャーな試合だし、世界中の多くの人たちが熱狂熱中するので、

試合で勝つと、

おめでとうメールを出したり、もらったりするのです。

長い間音信不通でも、

こういうきっかけで、また友と、
近況報告が出来るきっかけになるのは

本当に嬉しいかぎりでございます。vvv

今朝はブラジルVSクロアチア。

ブラジルカラー さすがのブラジルでしたが、



クロアチアも善戦してたよね?

クロアチアといえば、クロアチアカラー



お調子者のM男、元気だろうか?


ドイツでは、あの辺の人種、元ユーゴスラビアからの独立
クロアチア、ボスニア、の人たちとも知り合いになって、

クロアチアやボスニアなんて、
NH●ドキュメンタリーでしか知らなくて、

当時、色々と内戦が続いている大変な国というイメージしかなかったんだけど、

このM男、
まあああ、チャラ男~~でして、

明るくて優しいバカ息子のようでしたが、
本当にチャラ男でした。

そして愛しきバカ息子は、

わたしのNZゲイ友とも
何の偏見も持たず、仲良くしていて、
いいやつだなあああ、と思ったものです。

こういう思い出は尽きないわけで、

W杯開催中、友人に思いを馳せて思い出へとトリップ出来る
そういう意味でもわたしは
楽しみなのです。vvv

  • | Edit