FC2ブログ
2014 / 05
≪ 2014 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2014 / 06 ≫

だ、大丈夫か?ダイエット?!

  • 2014/05/26(月) 08:03:03

昨日にひき続き、ダイエットの話、、

とはいっても、ノスタルジー
昔々のメキシコでのこと。


わたしがシティにいたときの住居は、

最終的に、一人でアパートメント暮らしに落ち着くまで、

住居をテンテンと致しました。

ほとんど下宿という形をとり、
メキシコ人の大家さんのお部屋を間借りする、
そんな感じで暮らしていました。

で、大家さんにも色々で、
完全に、タナコの生活に干渉しない方式や、

時々、夕飯に招待してくれる大家さんや、

それからどっぷり友達大家さん、、

までおりました。

で、今回のダイエットの話は、この友達大家さんの話です。

彼女は、働いていたときの同僚で、
目の真ん丸な、ベビーフェイスの顔立ちの
お日様のように明るい子でした。

仮に名前を、ルシーナ と致しましょう。

このルシーナは、中肉中背の子なんですが、
出産後の、ぽっこりおなかを気にしており、

ある日、

『ノパール、ダイエットのクリニックに行くんだけど、
一緒に行かない?』

そんな風に声をかけられ、まあ、興味があったので、
ついていったんですが、、、、

メキシコも欧米と一緒で、
ダイエットっていうと、
怪しげだろうとなかろうと、とにかく、どこかクリニックの専門家の元で
ダイエットをするのが通常で、

わたしなど、独自のダイエットで、
その頃、日本から送られてきた週刊誌の情報で、
3日断食ダイエットとかいうのを、
実行していたら、

同僚たちが、

『ノー!ノパール!そんな独自ダイエット危険よ~』

と、みなさまから大異論を唱えられるくらい、
日本とアチラのダイエットに関する考え方が違うんですね。

そんな背景もあって、それなら、ちょいとばっかし
スペシャリストとは、どんなものかしら?
という興味もあいまって、ルシーナに同行することにしたのです。


クリニックは、ある古ぼけた建物の一画にあって、
部屋だけは明るかったのを覚えております。

スペシャリストは医師の資格があるのか
否かわかりませんが、
白衣を来た女性でした。

『どう調子は?』
『ええ、すごくいいです。』

などと軽い会話のあとですよ、おくさまあああ

いきなり取り出したる注射器~


それをいきなりルシーナの腹あたりにブス~~

ええええええ?!

注射器の記憶がすごくて
はっきりと覚えてないんだけど、
たぶん、腹に直接だったと、、、

で、それなんですかああ??

的な疑問が、、、

どうやら、パパイヤ注射だそうです。

成分にパパイヤ酵素が入っているとな。

なある、だから洗濯洗剤も、

酵素で油(脂)を分解!

って、体にも聞くんかい??


あまり詳しいことも聞かずに一緒についていったけど、
急にぞぞぞ~~となった、チキンノパール。

『ねえ、ノパールもここで診察していけば?』

わたしはただただ頭を横に振り、

オースペイン語わかりまっせええ~~ん!

的な感じで、

医療的用語はよく理解できないから、
やめとくね~~


みたいに、及び腰より、フェードアウトでございます。


そしてルシーナ、、、、

パパイヤ注射は、週1で通ったようですが、

途中、やっぱり、腹が張るようなり、
あえなく、中止~~~となりました。

なんとなく恐い話だけど、
でも一応、スペシャリストのところに通っているダイエットなので、

命には別状ないのでしょうが、やっぱり怖い!

ルシーナも止めてよかったよ

っていうか、彼女、シングルマザーで、お金なくて、
わたしの下宿代がかなり生活面助けていたようで、

アンタ、そんなダイエットどころじゃないでしょう!

てえのが、わたし的には思うところですが、
まあ、別段、わたしに迷惑がかかるわけでもないので、
わたしは口をつぐんでいたのです。

というのも、彼女には野望があったのでございます。

というルシーナの野望は、また明日~~~つづく~~~


  • | Edit