FC2ブログ
2014 / 03
≪ 2014 / 02 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2014 / 04 ≫

面白いってこういうこと!

  • 2014/03/18(火) 09:16:00

むかああし、ハマっていた、アメリカのシリーズものがあって、

これは、コロンビアのアミーガに教えてもらった、

優れもの超超オモロイドラマなのだが、、


デクスター シーズン1<トク選BOX> [DVD]デクスター シーズン1<トク選BOX> [DVD]
(2013/09/13)
マイケル・C・ホール、ジェニファー・カーペンター 他

商品詳細を見る



勿論、ドラマのストーリーも
想像を遥かに超えて、面白い!!

ただ、人をどんどん殺していくドラマなので、

それは、果たして正義か?

とか、

それは単なる偽善だ! などという

倫理観が頭をもたげるひとにはお奨めはいたしません。


わたしもご都合主義だけの

正義をかざすドラマは、

吐き気が おえええ=3 となるけど、

このデクスターに関しては、
エンターテイメントとして
楽しめて、超ご満悦~~

ありがとよ~友よ、教えてくれてvvv


このドラマのクールなのは、

タイトルバックのオープニングが

たまらず、クール!!!!

このセンス、たまらない~~~~


ドラマを見れば見るほど、
主人公デクスターの几帳面な性格がよくわかり、

タイトルバックのオープニングは、
かゆいところに手が届く的確さで、

何度見ても、たまらん~~vvv
超快感~~

ただ、目玉焼きにケッチャップかけて食べるのは、
わたしの味覚センスが許せませんが、

まあ、ビジュアル的には欠かせないので、
仕方がないのですが、、、(見てない人はわからない、ほほほ)


そして、この主人公の俳優さん、

Michael C.Hall氏、

すごく好きなのだ。

これもそれも、
全てはコロンビア アミーガが
やっぱり教えてくれた、

秀逸のテレビドラマシリーズ、

6 Feet Under
credited by HBO

という葬儀屋を舞台にした
テレビシリーズのDVD全巻を貸してくれて、
そのメインキャラの一人に、彼が出ていたのでございます。

このとき、初めて彼の名前を知ったのです。

『お初にお目にかかります!』という初対面。


わたしが生まれて初めて、ぶっとんだ話=3でもある。

葬儀屋の話だし、家族ドラマのヒューマンストーリーなのだが、

この葬儀屋ファミリーの家族模様も複雑で、

そして、何より、このマイケル氏の役どころが、

家族にカムアウトしてない、ゲイの役なのであります。
彼は、町の信頼厚い葬儀屋の次男で、

教会の助祭として、神に奉仕し、

完璧な模範の息子であり、
真面目で、どこにだしても恥ずかしくない男、

ところが、その実情は、、ホモセクシュアルであり、

そんな自分に嫌悪しつつ、
それでもやめられないサガに苦悩するという役どころなのです。


そして、生まれて初めて、

ビジュアルで、

ゲイ同志の絡みを見たときに、

思わず、コロンビアゲイ友に、

『あれって、リアル?』

って聞いたことがあるわたしであり、
今から思うと、まったく、

なんてやつだ!って感じですが、

疑問はどうしても放っておけない性格で、

友人がいいやつで本当によかったよ。

彼は怒りもせず、

『まあ、なかなか考えさせられるね。』

とドラマを見た彼もおっしゃっておりました。
彼も複雑だったのかもしれませんが、、


勿論、テレビで流す絡みですから、

日本でいうこところの土曜ワイ●などで見かける程度の

シーンと同じくらいですが、

それでも当時のわたしは、
びっくりして、ひえええええ、と思ったのであります。

さすがアメリカ、進んでるなと。
このシーンがお茶の間を流れるのかと、

そうびっくりおののいたのでございます。


さてさて、
デクスターの話から6 FEET UNDER の話になりましたが、

この俳優さんの出てるテレビドラマの共通点は
なかなかヒューマンドラマとしてもすごく面白く、
すごく才能にあふるる俳優さんだなあ、と思うのです。


ただ残念なことに、
日本では、『6 FEET UNDER』 は発売されていないようで、、、
残念でございます。


つうことで、レンタル返却日が迫りくる『デクスター』

まだみおわっていないため、

これから、オフへともぐります。

早く見なくっちゃあああvvvv

  • | Edit