FC2ブログ
2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

ヒトの振り見て、我が振り、、、

  • 2013/11/27(水) 10:22:14

年相応という言葉がございます。

としそうおう

服装などでみますと、

ちょっとお出かけ~のとき、

シニア・中高年の方々の定番は、こんなんが主流でございましょうか。

これ定番

ボレロ丈に長めのスカート。


入学式は黒のボレロワンピを良く見る。
もう少し若い奥さまがたの必須カッチリアイテム仕様は、こんな感じでしょうか?

わたしの母の外出着はいつもワンピースでした。
とてもお洒落な感じで、
雑誌ミセスなんとか、とか、主婦のなんちゃらにでてくるような出で立ち。

で、わたしは??

わたしだって、そんなお年頃。
我が家は子供がいないので、
入学式的行事などは一切なく、

なので、外出着アイテムといっても、

カジュアルファッション、お出かけ用と言う感じ。

普段、着慣れてないから、ワンピースなど着ると、
自分じゃなくなっていく気がする。
すごく似合わないんです、わかんないけど、、

いいんですよ、年相応なんて、他人が決めるんだから、

自分は自分、好きな格好でって!

ヲイッ、ちょっと待て!!!!

わたしの頭にあることが蘇ってきました。

それは、高校時代、
いつもの駅で、いつもの時間

いつもすれ違う女のヒトのことがああああ。

今でも一緒に出かける大親友は、高校時代からも大親友で、
そして通学の友でもありました。

朝、いつも見かけるその女性を、わたしと大親友は、
見かけるたびに、

『『あっ!』』(毎朝見てるくせに、ちっとも慣れないオバカな二人、、)

と互いに心の中で叫びあい、やがて、わたしと友は目配せをする。


あのお姿はああ?


その人は通勤の途中なのでしょうが、
今でいう、ゴスロリファッションに身を包んでいた。
確かに痩せ型スキニーでよくお似合いそうですが、、

しかも、真っ白なものばかり。

毎朝、ゴスロリ真っ白ファッションでご通勤のご様子。

そして、もっとおどろくべきことは、、、

。。。。

老婆といいますか、シワだらけでした。

きゃあああ、

今思えば、50歳とか60歳だったのかもしれませんが、

当時のわたしたちの目には老婆としか映りませんでした。


わたしたちは、いつも彼女のことをスワンと呼んでいました。
だっていつも白いお洋服ばかり、ときどき、うすうううい水色も着ていた気が、

しかし1年、365日、ゴスロリ、ほとんど白、ですよ!おくさまあああ、


当時のわたしたちには、誰かが教えてくれたわけでもなく

ただスワンをみる度に、

『年取っても、若ぶって
逆に顔がういてしまうファッションだけはお互いにやめようね。』

そうわたしと大親友は誓い合ったのです。

今でもわたしたちは、服を買うたびに、ちょっと若めのファッションだと、

『ね、ね、大丈夫?これってスワンにならない?』

などと互いにアドバイスを求め、

求められた方は、『大丈夫だよ!』としっかり相槌を打つ。

だが、しかし、わたしたちも中高年~

もう公平な瞳で見れないわけよ。
だって、相手が老けた!と認めることは、
己にも老けが宿っているってことでしょう?
(いや、あんた達が認め合わなくても世間が認めてるからっ!!って、ふんだ!)

つうことで、何だか、今では傷の舐めあいのように
スワンを思い出し、己たちを自戒するのであります。

今日の一言:ショーウィンドーに映る己の姿に、時折スワンの陰が見え隠れする。

あああ、わたしも若ぶるファッションなのかい?そうなのかい?

  • | Edit