FC2ブログ

毎日のこと、笑っちゃったこと、書いていきます。小説も覗いてね。安らぎのひとときを!ワンコ・ビションフリーゼも活躍中~

  面白いこと探そ!のナビゲーター   トップページ > 2013年10月  
RSS   |   Archives   |   

秋よこいこいワインで来い!

2013 - 10/01 [Tue] - 15:01


このブログを始めて、秋を迎えるのは
2回目~


我が家の秋を迎えるイベントやって来ましたあああ!!

それは、、

山梨赤ワインをダースで頼むうううう!

割れ物よ。


オードンドンパフパフどんどんぱふっ

というのも、我が家にはワインセラーつうものがない!
(ふつうはないって、持ってないって!、えっそうなの??)

なので、夏の暑い盛り、大量にワインを買っても、
温度が高くなるストレージルームで温存させることになり、
そうなると、ワインが酸化して、味がまずくなっちゃう!!

本当は夏真っ盛りの日々は、

キンキンに冷やした白ワインを、飲むのがいいんだろうけど、

わたしとしちゃああ、白ワインを好んで飲んだりしないんで、、

どうしても、あのルビーのように
艶のあるバーガンディー色の赤ワイン

常温で飲むのが好きなので、、、

とはいっても、暑い夏、

飲むとなると、どうしてもキンキンに冷やしたビールを飲むほうが多いんだよなあ。


つうことで、夏は、御店屋さんで、赤ワインをホソボソと買うってええのが習慣になってます。

だいたい1400円以内の赤ワインを物色して買う。
折角なら、山梨だけでなく、色々と試すことになり、

夏の間は、どうしてもフランス産とかを予算内におさめて買うパターンが増えるんであります。


だがしかし、最近の涼しさ~

おおおー秋の訪れ~~~ コンコンっ!いらっしゃあああいい。

つうことで、早速届いたあああ、

2013年秋~山梨ワイン!

2013年秋~

こうやってわたしは秋を感じていくのだああ。

ボーダーレスクッキング!

2013 - 10/02 [Wed] - 02:00

わたしの作る料理は、自己流で、

わたしの舌が美味しい!と思うような味付けをする。

得てして、男性に多いのが、食に関しては保守的な人が多く、
めちゃくちゃみんなラシストだよなああ、
などとため息などついてみるのだが、=3

人は、みな口々に叫ぶ。

いや、アンタガあまりにも自由人すぎる!


やることがtoo muchなんだよっ!!!


確かに、料理本を見ても、レシピを見ても、
結局原型を留めないくらいのアレンジをしてしまうことなど

そんなことなど日常茶飯事~~

料理に関しては基本を忠実に守る母は、
カレーも、基本、市販ルーで煮込みます。

だから、母のカレーは、昔なつかしのカレーの味~

だけどわたしはもっともっと辛いのが好き!

一度、わたしの 『俺のカレー』を馳走したら、
あまりの辛さに母は怒り爆発!ヽ(`⌒´♯)ノ ムッ

『アンタのカレーは辛いだけ!』

そう酷評されたのであります。ふんだ!
カレーなんだモン、辛くなくちゃねえ。

『俺様カレー』にはカレールー以外に、
わんさかわんさか辛いものいらっしゃあああい、

てなもんで辛さ大行進!色々と入れ込んで煮ちゃいます。ふんだ!

煮込みなど、色々なものいれて、いい味がでるんじゃないの?いやね。もう。

その上、わたしがメキシコ滞在が長かったせいで、

わたしの作る得たいの知れない料理は、
全て、メキシコ料理なのか?などとひどい誤解を受け、

日墨間の親交を揺るがす事態にもなりかねない。

いいかい?耳のアナ、かっぽじて聞きやがれ~

これは、日本料理なんです!

何度客人にそう言ったのかしらん?もうやあね、みんな誤解しちゃって。

いつだったか、わたしが作った八宝菜、

急遽、オットーの後輩が来ることになり、

あわてて台所にたつも、買い物に行く時間もなく、
結局、レギュラー八宝菜の野菜連中が冷蔵庫になくって、
(えっ?だったら、八宝菜作るなって?)

ほとんど、八宝菜としては補欠員の野菜たちを入れて作ったことがあって、

例えば、赤いパプリカと黄色のパプリカと、白菜は入れたけど、
あとは、カマボコと、ブロッコリーと、イカとえびとついでに牛肉も、レタスも、
ヒーカマというユリ根も、インゲンも、

そしたら、オットーの後輩に出してみたら、


『うわああああ、おいしいもんですねええ。
僕、生まれて初めてメキシコ料理を食べたんですよおおおっ』

なんて感激してくれてね?うふふ

って、アンタねえええっ?!
これは、八宝菜!!!なんだって!

しいていうなら、中華ですからねっ??!!

きいいいいいっ、、、

結局、わたしの料理は国境など関係ねえっ!!!的な?

メキシコ人に食べさせれば、

美味い日本料理であり、

日本人に食べさせれば、

異国情緒たっぷりの皿だ と感心される。

まあ、いいや、美味しけりゃ文句ないでしょ?ふんだ。

そして今日も、世界のレシピを見ながら、また献立に役立てるわけなのであります。ほほほ。

脳の老化現象、、かなし、、アゲアゲ

2013 - 10/02 [Wed] - 20:34

わたしはぐうたらなんですがね、だんな?

実は口から生まれたんではないかというくらい、

理屈やら、弁やら、言葉マシンガンつうくらい、すごいんですね。

オットーなどが、謝りもせず、
己を庇うため言い訳なんぞしようものなら、
もう、逃げ道がどこもないくらい、
全部扉を閉めて、バタン、バタン、てな調子で、

次から次へと言葉で追い詰めていくんです。
言い訳なんぞ、絶対に絶対に許さない!!!

うぬぬ、ぶった斬ってやるううう~~~

そうです、わたしは、オットーや身内に非常に厳しい。

そして、自分は?というと、

ぐうたらだけど、それは仮の姿、(嘘こけっ!)

いざとなったら、社会で通用するわたし==
そんじょそこらにいない、中年シニア!!なあんて思ったりしてたわけで、

ヲイッ!そこ座れっ?!!!

正座しろおおおおおおいっ!!!!!


ああああ、
もう穴があったら入りたい。
もううううう、穴があったら、どこ?どこ?

そんなおごりきった自分を、
穴の中に埋めてしまいたいいいいっ!!!


そうなんです。最近のわたし、自分の詰めが甘すぎて、
もう自己嫌悪っ orz

どんよりっ~~~

例えば、、、

電話でガス屋さんに電話する、、、
そのまま携帯のボタンを押して、番号確かめず会社かと思い、

『マルマルさんお願いします。』
『あ、、、、わたしですが??』

相手の怪訝そうな声、、そうだよ、その人の携帯に電話していたんだ。
注意不足、、、まったく、使えないやあつ。


まあ、こんなちっちゃなことはよくあるから(えっ?)いいんですけど、、


例えば、今日、ブックオ●に行く。

そうだ、今日こそ貯めているポイントで、ディスカウントをしてもらおう!
つうことで、携帯登録してあるポイントを、

1DAYフリー パスに変えてみる。

この兵器は、この日1日中、何冊買っても、
ずっと10%オフしてくれるというシロモノ。

ということは、ポイントをこの特典パスに変換した時点で、
何冊か買った方が得だという計算になる。

チン~ジャラジャラアア

そこで、1冊手にしてみる、
おおおお、BLラブ本~

これは買いだなああ、などと、遠い目をして、1冊目を掴み、

探す、物色中~物色中~~~~

ああ、だけど、こういうときには良い出物がない、、、ガクリ、、、

折角何冊か買って、
ディスカウントパスを使おうと思っていた思惑が、

ガチャリと崩れる、、orz

だがね、こちとら、タダじゃ帰れねえ。

そうだ! 別のオフに行こう!

折しも歩け歩け友の会を発足したばかり、
腰に下げた万歩計も(アンタは親父かい?腰にさげてんのかい?)

本日の歩数、未だ1万歩の声を聞かず、

ならば、別のオフへ行こう!

おーーっつ!

つうことで、歩け歩いて、ついに別オフに到着~~~

いらっしゃああああい~

あった!あった! 物色しつつ、ほしいものが2冊あった!

よっしゃああああ、

にんまり微笑みながら、レジへ。

お兄さんにちゃんと言うわよ。わたし。

『ポイントで、先ほど1DAYフリーパスに交換してあります。』

そう言って、携帯をチェック!
ピッ!

確かに、カード台が携帯に反応!

よっしゃああああああ!
レシートをもらう。

それでも、やっぱり、ディスカウントされたか確かめないと、、

ええと、、ええと、2冊買って、10%オフだから、

おそらく、、ええっと、、

そう思ってレシート見たら、合計800円なりいいい!
うん、そう、確か普通に買ってたら900円くらいしてたから
確かに割引なってる!

よっしゃあああああ!!!!

ひとり歩け歩け友の会は、

わっせ、わっせ、わっせと家路に急ぐ。

ただいまああああ~


という暇もなく、
さてさて、今日買った本をちょっと見てみようかしらん?

ひらり~

あら、レシートが、

床に落ちた、レシートを手にして愕然、そして愕然!!


レシートには、無残にも、何一つ割引された後がない。

えっ?だって、わたし確かめたジャン???

そう思い、よくレシートを見て見る。


ええええええええ??!!

結局、単価自体、2冊で800円だった。

わたしは勘違いして、900円だと思ってたから、
約10%オフとして、800円って勝手に思ってたよおお、

ああああ、何故、
その場でレシートをちゃんと見て確かめなかった?えっ?
どうして勝手に、単価900円って思っちゃった?えっ?

あああ、だから詰めが甘いんだよおおおっ!!

ああああ、もおお、明日また行かなくちゃ!

そして極めつけが、、、、


榎田尤利先生のサイン会の応募、、、、、

アニメイ●で、本を注文予約して、
応募券もらったのまではよかったけど、、、、


その応募券、ハガキに貼って、
投函しちゃったあああ、うわあああん、

だって、ハガキに貼ればいいってお店の人言ったもん!

なのに、、、orz,,,

応募方法見たら、ネットでアニメイ●会員登録してから
手順に従って、応募って、え?えええええ????


ど、どうしてくれんのおおお?
わたしの応募用紙、応募番号、、
もう、郵便屋さんがあああああ、、、

大ショック!

もう、だめだ、だめだ、だめだ、だめだ、

永遠に先生に会えないっ!

さようならああああ~~~~~~ (´;ω;`)

『ちょい、ちょい、ノパールさん?』

いつの間にか会社から帰宅していたオットー
彼の手に持っていたのは、、、

え?え?ええええええ????

燦然と光り輝くハガキ~~

きゃあああ~~

きゃあああああ、当選よおおっ!

つうか、ハガキ応募もありだったのねえ、

もうわたしったら早とちりなんだから!!!

こんなボケボケ中年が、
サイン会に行っても大丈夫かしらん??

ちょいと早いけど、こうなりゃ、冥土の土産よ!

そうよ!開き直ったシニアは強い!

今日の一言:結局、自分にあまいっ!脳内の老化が何さっ!ふんだ!

わたしだけえ??

2013 - 10/03 [Thu] - 20:45


最近季節なのか、何気に、

ヒガンバナを道端で、ヒトサマのお庭で、などと目に致します。
あの真っ赤なヒガンバナ、、

別名 曼珠沙華~~

何となく、意味ありな雰囲気がするのはわたしだけでしょうか??

歌にもなっていたしねええ、

山口百●ちゃん、歌声もよかったしねええ、

仏教と縁ある花で、天界の花と呼ばれてるし、、

あの真っ赤な色は、血の色をいとも容易く連想しちゃう
推理小説なんかでも使われたりする題材だから、、、

でもだからといって、わたしの中で、何故、ヒガンバナがひっかかるのかしらん?

胸の琴線に触れるというかああ、

何でしょう、、、BLに近いところにあるような、、、

わたしの中で、男x男 のラブ、

これをビジュアルで表すと、何となく、これ!

ヒガンバナってなんかミステリー

なんでかわからんが、頭の中で思い浮かぶ花が、

まんじゅしゃか~~~

そう思っていたら、同人誌でも活躍されているネットのBL漫画家さんの本、
表紙が、見事に美しいマンジュシャカ~~~ で嬉しかったのであります。

秋の夜長に

2013 - 10/04 [Fri] - 15:39



何やら回文のようですが、
知ってる方は知っている、

つうか有名なBL小説作家さんでございます。

BLコーナーにいけば、必ず目につくところに本が置いてあるし、

ブックオ●のような中古書店でも、
かなりの作品が出回っているところをみれば

新刊出版部数もそれなりの数を誇るということがわかります。
いわゆる売れっ子作家さまなのでありましょう。


わたしはこの方のお名前を初めて存じ上げたとき、

とにかく、お名前が全く頭に入らない。
今でこそ、この方のお名前は本屋でもすぐに目に付くと言うのに、

わたしには、

わかちか ゆか(すでに1文字増えてるし、、)

とか

ちかた わか  とか

ちかやま わか とか 

とにかくもう原型すらも留めないくらい、
ただ、ひらかなの名前だけしか記憶になかった。

ひちわゆか
今ならすんなり~~~ あっと記憶貯蔵庫でございます。

で、この方の本が実は、わたしの本棚のナンバー2を飾っているんです。

本棚には、ほとんどの数で、榎田尤利先生の本で

うわあああああと占められている。

また、純文に感銘を受けた木原音瀬先生の本もあるんですけど、
実は、わたしは、木原先生の本、それほど持っていないんです。


それで、さっき見たら、

ひちわゆかさん、
6冊もあった!!その上、同じものが2冊!
これは、同じタイトルでも中のおさめられている作品が違うため、
同じものを買ったと言う経緯。

ということで、今日の感想はコチラ。

ネタバレといいますか勝手な感想ですので、
それでもよければと言う方のみどうぞ。

続きを読む »

やっぱり素通り出来ない、、、

2013 - 10/04 [Fri] - 22:50

今日のYAHOO!USAの記事に
わたしの脳がヒットしたのは、コチラ。

父の切なる願いcredited by Yahoo!shine

こちらは、娘にカツを飛ばす父親の手紙です。

でも内容が本当に素晴らしいの。

この娘さんには、息子さんがいらっしゃいます。
でもね、最近カムアウトしてゲイだということがわかった。

娘さんは激怒します。母親ですから、自分の息子がゲイだなんて、受け入れられることができない。

アンタは、家の恥だ!出てお行き!

心の底からの叫びではないのでしょうが、気がついたら息子を追い出していた、、

お父上が手紙を書く背景には娘さん一家のそんな事情があるのです。

お父上は胸が痛みました。
孫がゲイだったことも衝撃でしょう、、

けれど、娘のとった行動に悲しみが広がります。

そこでお父上は手紙を書きます。

人が生まれながらに左利きなのは、しょうがないことで、
ゲイだからといって、何故、孫を責められようか?

家の恥だと言ったキミは確かに正しい。
けれど、誤解してはいけないよ。

恥なのは、キミが自分の息子をゲイだからと言う理由で勘当したこと、、

とまあ、お父上の葛藤と孫に対する愛情が偲ばれます。


手紙の冒頭が、

わたしはキミという娘を持って実にがっかりしたよ。

という一文から始まって、最後は、

キミという娘を失ったとしても、
わたしたちは素晴らしい孫を育てることが出来る。
今は、キミに悪態をついているヒマはないんだ。

けれど、、、

もし、キミの心が後悔と切なさでいっぱいになったなら、
そのときは、連絡してくれ。

そう手紙は終わっています。

まあ、わたしの意訳ですからねえええ、奥さまああああ。

でも、アメリカってやっぱ広いよなあと思う。

色々な意味で差別もあるけれど、

こうやって、
問題に直面したときに
きちんと対峙する勇気を持っている人々もいるんだよなあ。

おじいちゃんの孫に対する気持ちは複雑だけろうけど、

でも、母親に否定され拒絶された”彼”の気持ちを思うと、

このおじいちゃんの言葉で彼はどんなに救われただろう、、、


くうううううう、、、

たまりません、、、

でもお孫さんは、少なくともこんなにも心強いよき理解者がいる、
幸せなことだと思います。

こういう記事は、本当にたまらなく切ない気持ちになります。
秋のせいでしょうか??

初めての遭遇~~

2013 - 10/05 [Sat] - 19:55

安全靴~~っ

聞いたことはあったが、
果たしてどんなものなのか?

何となくごっついものを想像していた。

どうやら、オットーの仕事の関係で工場訪問のサイ、
安全靴着用~というお達しが社から出たのか、(自腹だよおおお、くうう(涙)

オットーが意気揚々と見せてくれた。

おお、普通のスニーカ?


な、なんと、超普通っぽい

つうかその辺にあるスニーカーっぽい。

ところがですよ?
合わせて5KG弱のアレーをのせてみる。

お、おおおおおおっ?!!

びくともしない安定感!

ビクともしない!わかるかなああ?
特に先端、ガードしてます。

こちらでわたしのスニーカと比較してみましょう。わっかるかなあ?

わかるかなあああ?特に先端がつぶれてるの。

先端へこんでるの


重さをどかしてからも、先端はつぶれたままああああ!


おおお、耐久選手権、

安全靴大勝利いいいいいいいっつ!!!

これならわたしがのっても平気なのよ。ほほほ。

つうか怪しかったよ、
危なかったよ、
一応 頑張ってわたしの体重に耐えた!


安全靴の弁。

『つらっかったす!マジ、ヤバかったす。
けれど、頑張りました。
王者を守ることができましたああああっ
みなさまあ、ありがとうございます!』


うるへえええ、ぼけっ!

敵わないねえ。

2013 - 10/07 [Mon] - 14:40


歩け歩け友の会としては、
昨日も、

週末だけの補欠部員、オットーともに
わっせ、わっせ、と歩き続けておりましたが、、


ふと、ふとですね?


向こうから母と息子 という二人連れが
歩いてきたのでございます。


年はというと、、息子ちゃん、幼稚園の年中組?くらいかしらん?


わたしとオットーとすれ違うときに、


息子の声が響いた。可愛い声でね。


『ねえ?知ってる?

僕ねえ、世界中でママが一番好きなの!



ああ、そうかい、そうかい
わたしがそう思った瞬間、


オットーがクスリと笑いを漏らした。| ̄m ̄) クスリ

え?ええええ?

オットーにしては珍しいことでございます。

わたしは、普段から、電車に乗っても、カフェで隣になっても
とにかく、ネタ集め、もしくは小説のインスピレーションのためにも、ヒトを観察するし、話も耳を傾けちゃう。


しかあし、この男、
まったく、周りのことに興味がない男で、

『ねえねえ、今のヒト、ちょっと変な顔だよねええ?』

などとわたしが言っても、

『え?どの人?』

何てことを言う。

ええ??

明らかに、この場でういてただろうがああああ、


何故気がつかんん??!!!

なんてことザラなんですのよ、奥さまああああ、


それなのに、今、アンタ、笑ったね? 
クスリと笑ったね?| ̄m ̄) ウププッ


『ねえ、今笑ったでしょ?何で?何で笑ったの??』

思ったことは口に出さないと気がすまない、
思わずすぐに質問っ!

『えっ?』
『笑ったじゃん?』

『いや、何か、カワイイナぁ、と思って。』

えっ?父性愛ってやつですかい?

うちは子供いないしねえ、
オットーもあまり子供と接する機会もなかったし
あんまり気にしなかったけど、

アンタにそんな父性愛あったのねえええ、

わたしはちょいと考え深いものあがったよ。
そうかい、そうかい、あんたにも父性愛っつうのがねええ、

『自分の子供ほしかった?いたらよかったって思った??』

今まで一度も聞いたことがなかったけど、とりあえず聞いてみる。

オットーは考える。

『んんんんん、、どうだろう??

だけど、あんなふうに言われてかわいいけど、
実際、自分だったら、

おいっ?お父さんの立場はあああ??って思ったかもなあ?』


確かに。

はた目からみたら何て愛らしいのかしらん?って思うけど、
だけど、、お父さんはどうなるのおおお?? みたいな。


『ボク、お父さんのことは宇宙一、好き。大好き~~~

何て答えるのかい?えっ??

今日の一言: 子供はタラシだ、しかも天然のたらしだね。ふんだ!

F小説の苦しみ~~~

2013 - 10/09 [Wed] - 12:01


何の前触れもなく、いきなり、
またファンタジー小説の連載を開始してるんですが、、、


前にも色々話したことのある

ファンタジー長編小説R15.

8月に第2部完結となって、ほおおーと小休止をうっていた。

わたしの中では3部でこの話は完結するので、とりあえず充電しつつ(聞こえはいいが、単に休んでるだけ)つうことで予定では秋から開始しまあす、などとノンキにほざいていたわけです。

8月の真っ盛りからすれば、あなた、
秋なんて、遥か遠いかなたですもの。

と、ところが、どうよ?

気がつけば、もう秋っ!!!

オーマイガッ!!!


とはいっても、ファンタジー小説に関しては

自分の中で、

更新は出来る限り毎日、あるいは頻繁を心がける

(何て無謀な?!)

つう目標をたててるので、この連載が始まると結構なプレッシャーになる。

つうんで、デレデレと

明日から、、

なんつって、連載を伸ばしに伸ばしてきたわけですが、、、


ついに、男、いや腐っても女ノパール、立ち上がった!

これじゃいけねえぜ、おっかさん!

つうことで、急遽、いきなり連載開始。

きゃあああああ、もうやめてえええええ!


何が大変って、このファンタジーだけはストックを持っていない。
毎日、毎日、その日のための更新をその日考えるってことです。

話の流れは大まかにきまっているけど、

会話などの細かいシチュなどは、その日に決めながら書いていく。

確かにハラハラして面白いんだけど、

現在、18Rの連載を抱えてる今、この方法だとちと面倒臭い。


相変わらず、自分の首絞める種を蒔くのがお上手で、ほほほ。
というわけで、ちょっとばかし後悔しつつ、

だが、始めた以上、前を向く!



今日こそ更新しなきゃ!!!
ばんばるぞおおおお!!!


よろしければ、15Rサイトもおヒマなら
覗いてみてくださいませ。

えっ?ヒマじゃない?って??ふんだ!

屈辱っ!

2013 - 10/09 [Wed] - 21:16

実家では、塗り箸をよく使います。

家族のものは勿論、長期にわたって滞在したメキシコの親戚の人たちのとか
みんなそれぞれの塗り箸があって、いつ戻ってきてもいいように保存されている。

その他のお客人には、割り箸を使う、

おいおい、地球にもっと優しくねええ~~って

まあ、置いといて。

母は使わない塗り箸を、それぞれカテゴリーごとに輪ゴムでくくってしまいます。

たとえば、オットーとわたし、輪ゴムで一緒くたにされる。
姉とその息子(甥っ子)イッショクタ。
メヒコの仲良し従妹とオバサン、一緒の輪ゴム。

この間来た、メヒコの3人家族が実家に滞在したときは、
彼等の為に塗り箸を買って、最後は土産に持たせるという、

粋なハカライ~~~

ふと、この間、実家に遊びに行ったとき、
塗り箸がしまってあるところに、

おやああ?

すでに父が使っていた塗り箸があああ。

入院しているからって、サッサカしまう、すごい!

と思いきや、おやああ??

何故か、いつもしまわれているわたしのお箸が、
シンクの洗浄器に、どうどうと立てられており、

毎度毎度忙しいくらい使われてまあああす。

みたいな繁盛を漂わせているわたしのお箸。

むむむ、と思い、

再び塗り箸たちがしまわれている引出しをあければ、

ああ、やっぱり!

オットーの箸ともに輪ゴムでイッショクタされているのは母の箸。

やっちゃったね?
アンタ、やっちゃったねええ??

つまり母は、何かのヒョウシで、自分の箸とわたしの箸を取り違えたまま、
それに気がつかず、ずっと使っているらしい。

おえええええ、おえええ、

わたしはおもむろに己の箸を必死に洗う!

ぜってええ許さん!

そこへ、母、何もしらずノーテンキに登場~~ 

『ちょっと、お母さん、
やめてよねえ!もおおっ!!!』


『な、なに?』

『わたしの箸、ずっと使ってたね。』

『えっ?ウソっ?!』

アンタはJKかい?えっ?
母の顔も驚愕。わたしはすかさず文句をたれる。

『もう、げえええ、げえ、==
今、何度も何度も洗ったわ。
わたしの箸をお母さんが使ってたと思うと、げええ、げええ。』

言ってやった!言ってやった!

するとどうだろう。母は言う。

『こっちこそ、げー、げえええーーーげえええーだわっ!』

って、アンタ、わたしよりゲエェェが一回多いからっ!!

つうか、わたしゃ、アンタから生まれてきてんですからねっ!?ふんだ!!!


くつじょっくうう!!


どうも、母には未だ勝てず、、、仁義なき戦い、、、つづく、、、永遠にね。ふんだ!

ほーほー X線がねえ、、

2013 - 10/11 [Fri] - 07:38

朝チョロリとYAHOO!USAを覗いたら
故マリリンモンローさんの
レントゲン写真がオークションへ!

(リソース元CNN via Yahoo!USA)

そんな見出しを読んだ。

えっ?レントゲン写真買うヒトがいるのおお?

と言う驚愕のもと、
記事はアメリカ国民も実は
同様に驚いているらしい、と、ほッ、国民性の違いではないのね。そうね。

そうだよねえ、普通の庶民の感覚なら、レントゲンにお金払うか?
どんな大好きな人のものでもレントゲン写真、買う?

だいたい今までのレントゲンオークションの相場は

20000-30000ドルくらいって、

ひいいいい約190万ー290万円って
(Yahoo!finance japan7:30am oct112013)

買うヒトって何のためえええええ???

わたしってもともと
どんなに好きなスターのものでも、
金を出して買いたい!と思ったことがないわけで、

大金を出してまで買うコレクターの気持ちが
わたしには、わからないですなあ。

いや、コレクターの気持ちはわかる。

自分もスポンジボブスクエアパンツ(nickelodeon)大好きだから、

こういうもののグッズには目がない!
そういうコレクターならわかる。

けどさああ、例えば、

人が身につけていたものや
その人の持ち物とかがほしい!!!!

って、大金を積む、よくわからん世界だわ。
トワイライトゾーン~~

つまり、人のものに執着して
大金をつむ、ここがポイントだね。

じゃあ、大金じゃなければ理解できるか?
『おばちゃん、それ、いくら?』
『300円だよ。』
『じゃあ、チョウダイ。』

まあ、そうでしょうねえ。そのくらいならねえ。

レントゲン写真、額に飾って、毎夜毎夜、酒など飲んで
うっとり~~ とかしてたら、ちょっと怖い。ゾゾ~~

まあ、色々なヒトがいるから、
自分のモノサシばかりで計ってはいけませんけど、

でも、やっぱ、
マリリンさんのレントゲンに関しては、やっぱ特殊ケースなんだろう。

それだけ魅力的ってえやつだ。

36歳の若さで永眠で、亡くなってからすでに50年以上の月日が流れる。

今生きてたら、、と思うと、

あの若くて、一番セクシーな時代で時間がストップしてるからこそ、

ファンは熱狂するのだろうか、、、

まあ、とりあえず、わたしのレントゲン写真は、
しっかり病院とかで保管され、

やがて、月日とともに処分される
一生、日のメの出ない写真なのは間違いない!ふんだ。

頼むっ!服のせいだと言ってくれ~

2013 - 10/11 [Fri] - 18:33

久しぶりの青い空、
雲ひとつない晴天!

秋の夏晴れ??

つうか10月だけど、夏の空じゃん、みたいな。

まあ、歩け歩け友の会としては、これじゃ歩かずばなるまい!

オー!゚ガンバレ━ヾ(`・д・´◎)ノ゙━!

でもね、だんな、

わたしってええやつはですね、
何となく、これから歩きます!走ります!

的な、格好がちょいとばかし恥ずかしい。

なので、いつも、買い物ですけど、それが何か?

みたいな感じのラフな服とリュックで、
足元だけはスニーカーで歩くわけです。

そして今日の服装、、、

わっせ、わっせ


ちょいとキツイ、けど、もうこれでいいや的な、

ローライズジーンズ、

本来はお尻ではくのに、わたしの場合、
もうモモピッチンピッチンつう感じで、

足がキツキツで、何とも歩くにはちょいと歩きにくい。

きっつううう

でもいい!もうはいちゃったし、これで良し!


天気もいいし、ゴーゴー!

歩け歩け友の会としては、
歩数、だいたい、1万5千歩を目安にしております。

でも歩けないときもある。

でも今日は、頑張るぞおおおっ!

つうわけで、ひたすら、
えっさほいっさ、

ゴルフ練習場超えて、
あら、スーパーお買い得~~

やだ、コンビニにジュース飲みたいし、
こんなとこに、丼屋さん、ぷうん、いいにおい、

とにかく誘惑に打ち勝つ!ガンバ、

えっさほいっさ、

て、すると、1時間半近く歩き続けたときでございます。

スニーカーの底が、アスファルトにザッ、ザッ
と何回か引っかかる。

つまりは、段々足が上がらずに、道路面を引っ掛けちゃう感じですね。

こいつはいけねえ、疲れてきてるんだね、

てえんで、足を意識的にあげるように微調整して、
歩き始めた、その瞬間、


完全に何かに引っかかった、

いや、事実は、何もない、
つまり平面なのに、足を引っ掛けて、バランスを崩す~~


きゃあああ、転ぶ、

オーマイガッひいっ

そのとき、何とか頭では体を立て直そうと瞬間思う!

だが、


足が開かない!
金縛りのように、思うように開かない

のおおおおおおっ

そして必然、、、

だずげでえええええ~~~

ブザマに、アスファルトの前に手をつく、
そして、ボールのようにコロンと転がる、、、

ドスン!

この一連の動作が、スローモーションのようで
運動神経の鈍いオバチャンという感じで

赤っ恥~~(∀`*ゞ)エヘヘ

本来なら防げる事故を(大げさな!)

ヒトサマにしてみれば、

あ、年寄りだからね、バランス崩しちゃったのね

みたいな、同情を一身に浴び、、

ち、ちがあああああう!!

ローライズジーンズのせいなのおおおお~~~

わたしはそう叫びたかった!!

だが、しかし、果たしてジーンズのせいなのだろうか?
真実は、、、

今日の一言:真実はいつだって闇の彼方! ふんだ!

朝からどっとヅガレダ~~

2013 - 10/13 [Sun] - 11:47

ちょっと格好が違うけど、わたしはこのギャグ好きだ。


今朝、なんと、メキシコに行っている夢を見た。
なんともあわただしい忙しさで、

案の定、目覚めたら、どっと疲れてたよ。orz


といいますのも、多分、最近の母の言葉が発端なのでしょうか?

『わたしね、メキシコに行こうと思うのよ。
ちゃんと、みんなとお別れしてきたいのよ!』

この間、そんなことを言っていた。


母は老老介護を始めてから、

己の欲
というものが全くなくなり、

悟りきった坊主のようで、

『誕生日何がほしい?』
『何もいらない。気持ちだけでありがたい。』

『何処そこに旅行に行くけど、何かほしいものある?』
『いや、何もいらない。気をつけて行ってらっしゃい。』

てな感じ、

これが父の場合だと、

『誕生日何がいい?』
『そうだな、何か美味しいもの食べたいな?』

『何処そこに旅行行くけど?』
『ああ、あそこは●●が名物だったな?
買ってきてくれ!』

てなもんですぜ、だんな、

父は体調悪くても、
多少まだらボケでも
妄想幻覚がチョイチョイ出てきても、

この食欲というものにはかなりの意欲満々!

けど、母は反比例のように、
己の欲が失せていく、、

『あの世に持っていけないし、、、』

的なことが生きる信条となっているような。

ところが、ダンナ、

父が入院してから、ほぼ1ヶ月近く、
お陰さまで父の病状も安定して、

幻覚もかなりおさまって
睡眠もしっかりとれるようになってるらしく、

父の世話から少しばかり手が離れてきて
母にもココロの余裕~~が戻ってきたらしいの。

そこで冒頭の、

『わたしメキシコ行きたいわ!』

という言葉が出てきたわけです。


何をかくそう、(いや、隠してないし)

父がまだ元気な頃、
母と父は、毎年のようにメキシコに遊びに行っていた。
面倒見の良い、親戚がいるからね、

でもここ10年ほど、メキシコとはご無沙汰
勿論、その間、
メヒコの親戚はこっちに遊びにきたりもしてくれるが、

母と父としては、メキシコにさよならも言わず、
何だかフェードアウトになちゃった。

向こうの親戚も結構なお年のみなさんで
父や母と同じようなお年頃なのですね。

だから、本当はちゃんと今生の別れをしたかった

というのが母の本音なのでしょう。
こんな風にフェードアウトしてしまうことを
考えてなくて、

だから現に、メキシコに、自分のゴルフ道具もおいてきてあるし、
また来年くるんだから、的な、でも結局ずっと行けなくて、
10年と言う月日がすでにたっている、、、

まあ、わたしとしても母に欲が戻ったこと

いいことですよ。

人間、何らかの欲が、生きる支えになりますからね。

わたしとしても、永遠のライバルには
少しでも元気で長生きしてもらいたい!
とは思ってるんですがね、

だがね、ダンナ

アノ言葉、

『わたしメキシコに行ってこようと思うのよ。』

この言葉には枕詞と下の句が隠れていやがる。

枕詞とは、おそらく、

『父が無事ご昇天なさったら、』

これが省略されております。

ええ、ええ、これは道理でございます。
母のお気持ちよくわかります。

けどね、下の句がいけませんや、だんな、

隠れてる下の句っつうのはね、

『わたしメキシコ行こうとおもうんだけれど、

悪いけどノパールも一緒についてきてくれる?』

これでさあああ、だんな、

この大切な下の句がぬけてるんでさあああっ!!!

きいいいいっ!!

母がメヒコに行く= 同行者はノパール

この公式ってことですね。

腐ってもわたしはメキシコに滞在してましたから、
何かとわたしが行くと便利でありましょうし、

だけどね、アンタ、ものには順番つうものがありますわな?えっ?

どうも母は自分勝手でいけません。

『わたしメキシコ行こうと思うんだけど?』

じゃなくてまず、

真っ先にわたしに言うことがあるだろおおおがあああっ??!!

ココロの狭い女、ノパールは
その抜けた下の句にきいいいいっヽ(`⌒´)ノ となるわけです。
ふんだ!

といいますのも、母のお供で一緒に行くと、
とにかく自分どころじゃなくなるわけです。

スリから身を守らなきゃイケないし、
安全に目を配らないといけない、

母のペースに合わせないといけないし、、

ここに行こう!と計画をたてたのにもかかわらず、
急にドタキャンして、あっちがいいとか言ってみたり、、


きゃあああああ、

それが、今朝の夢になって現れたのでしょうか?
案の定、欲の戻った母は
デパートで血眼になって、
大好きなお帽子を物色中、

ほら、ノパールこれいくらか聞いてみて?

ノパール、この色違いはないのかしら?
あらこの柄はいいんだけど、
ここに金糸が入っているものはないの?

とかとかとか、
夢にしては妙にリアル。

挙句に持ってきたお金を使ったから、
また銀行にお金を換えにいかなきゃ

などと勝手に銀行に行こうしている始末。

あああああああ、もおおおお~~


と夢の中でも翻弄されているノパールは
ひいいいとなりながら母の後を追いかける。

目が覚めたら、疲れてるはずだよ、アンタ!

何て夢だっ!リアルすぎるだろオオオがっ!!!



答えてみんしゃい~

おやまあ、季節はずれの春~~

2013 - 10/14 [Mon] - 00:57

『博士っ!歩け歩け友の会より、報告がございます、』

『うむ、発言を許そう。』

『はい、実は本日、信じられないことに
さ、さ、桜が咲いておりましたっ!』

『ほほおお、狂い咲きじゃな?』

『狂い咲きですか?』

『そうだ、オッチョコチョイのやろうたちが
春とまちがえておるのだよ。』

『なるほどおおお。』

ということでパチリ!
秋!桜満開~えっ?


ウィキの女としては、
先ほど、秋、狂い咲き、桜で検索~

うちの近所だけではなく、
桜咲く~という事象がネットでも報告されておりました。

まあ、そうだよね、一時期ちょっと寒くなって、
また暖かくなったんだもんねえ、
間違えることもあるさ

今日の一言:繁殖の狂い咲きは、是非とも植物だけで。
盛りのついた猫とか、春と間違えたアカツキにはうるさくてかないませんし、、、ね~?

借金してないはず!

2013 - 10/14 [Mon] - 13:42

ダメだ、いかん、、

カキンコキンと音がするようだ。

夜明けの寒さからなのか、
体を縮こまらせて眠ったようで、

首の筋を寝違えちまったああああっ!!

昔のホームドラマに出てた
下町のオバチャンのように、

今、湿布薬を首筋に張っているのだが、、、


『ノパールさあああん、!』

『はああい、、、アツっ!』
(o○>Å<)o痛いっ

呼ばれたところで首が回らん、
体全体でターンする、

体のカタイわたしは、
ガキゴキと歩く、、、ガキゴキとな、

誰かどうにかしてくれええええっ!

ガキゴキガキゴキ

いや、しかも、最新ロボットの音じゃない
すっかりオンボロボット

今日の一言: こんにちは、音暮 ノパール ロボットです。
ヲイッ?!またパクリだね?======

ココロ落ち着かせたく

2013 - 10/16 [Wed] - 11:41

昨夜は夜中の3時近くまで
漫画を読んでいて、

雨足、風が強く、すごかった。

結局オットーがいないことに
朝寝坊、そしてテレビをつけて悲惨な画像ばかりが目に飛び込む。

皆様のところは大丈夫でしょうか?
自然の怖さです。


少しばかり、ヒーリング。

癒されたくて、美しい風景、で検索してみました。

自然のもうひとつの顔

今ツボっているCM

2013 - 10/16 [Wed] - 22:18

わたしが今テレビで、

ぷっと笑っちゃうCMが

ロト7!

ギバちゃ●と妻夫●ちゃんとのコラボ。

社会に出て働いていたりすると、

まああ、コニクラシイ上司とか、
調子よい上司とか、
人のせいにする上司とかいるけど、

このCMは清々しいくらい
上司役のギバちゃ●がばっくれる!! (* ̄m ̄)プッ

ここまで堂々としてると、部下としてももう何も言えん!

ロト7公式サイト
残念ながらわたしの大好きなバージョンの方ではない。
わたしはギ●ちゃんが最初からばっくれるやあつが好きなんですが、、


『好きなようにやりたまえ。
責任はわたしが全部とろう!』

なかなか言えることではありませんから。

せめて、会議の弁当を選ぶにあたって、、

『課長!実は、松花堂弁当なんですが、40個は無理と言われました。』

『それで?』

『はい、松花堂が30個でぎりで、
あとは、鮭弁とかオムライス弁当しか残ってないそうです。』

『わかった。しかたがないね。』
『それでは残りは鮭弁でいいですか。』

『ああ、残りの10個はキミの采配に任せるよ。
オムライス弁当をいれてもいいし、
それは、キミの好きにしたまえ!
責任はわたしが全てとるから安心したまえ。』

『かちょお~~~』

をいっ!それはあまりにケツの穴、小さすぎだって課長!!!

今日の一言:いやあ、色々課長も大変なんだよ、わかってやってくれ~~

愉快な仲間たち~

2013 - 10/17 [Thu] - 09:17

メキシコ人というのは、基本、ジョークが大好き。
もう、3人以上集まれば、絶対最後はこの定番の笑いが始まる。


よくさあああ、アメリカのコメディーショーとかあるでしょ?
コメディアンがマイクの前で一人でしゃべって、

会場が映ると、場内爆笑、てやあつ。

わたしはこのコメディーショーを見てていつも腹立たしいのは、


オチの手前までは、何となく、何となく、
コメディアンの言っていることがニュアンス的にわかるんだけど、

いざ、オチ~ ってなるとき

????

って必ずなる。そして周りは大爆笑!!ヾ(≧▽≦)ノあははは!
(*ノ∀`)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ぽつねん~ orz
そしてわたし、一人寂しく残される、、(_ _。)・・・シュン.

勿論、メキシコのジョークも一緒で、
オチとか今ひとつよくわからないことがたくさんある。

オチは場合的に、

掛け言葉だったり、
(ほら、日本でも、謎かけとかさ、
落語でも、隣の塀ができたってねえ? へええ みたいな。)

あるいは、隠語を使われたりとか、

わからないんだけど、
でも、わからないんだけど、
なんだか、しゃべり手のリアクションに、つい、つい、笑ってしまう。

アイツラ、ご陽気でめちゃ楽しいんだよ。
話してる本人すらも、もうオチが言いたくて可笑しくて、みたいな、
聞き手も、知ってるオチでも、
早くそれを聞きたくて必死にこらえてる、みたいな

早く笑いたい~~


なので場内が、オチをいうことで、

ぷはあああ~

一斉に堪えてた笑いが、一斉に堪えていた緊張が解き放たれ、
何だか妙に可笑しく思える。

これがオチがわかってもわからなくても
わたしがいつもお腹を抱えてわらっちゃう原因。

また自虐ネタも多く、
わかり易いジョークだと、



例えば、みんなでピザを頼もうとなると、


わたしはマルガリータが好き!

そこにいるのは4人で、
もし全員アメリカ人なら、単に4等分して食べるのさ。


だけど、もしドイツ人だったら、
定規と分度器で、正確に4等分にするんだぜ。
ピザなんか冷めちまうだろう。

これが、イタリア人だったら、

まず何のピザを頼むかでもめちまって
いっこうに口になんか入らない。


でな、メキシコ人だったらさ、、、

ここで、落語調になり、
落語でお馴染みの はっつあんが、
メキシコだとぺぺという名前になるんです。

『なあ、これだと一人1枚しか食えないよな?』

ぺぺはアメリカ式を取り上げようとしたんですが
どうも納得がいかない。

『俺考えたんだけどもよお?』

『なんだい、なんだい、ぺぺ、いい考えでもあるのかい?』

『ピザを16個に分けりゃあ、
一人、4枚は食えるぜ?え?』

「「「おお、そりゃぺぺ名案だ!!!!」」」


ヲイッ!!って突っ込みが入りましょうが、
いいんです!

このオチで、みんながどっと笑う!
とにかく笑いたいんだから!!


わたしが今までに一番面白かったジョークは、
内容がというよりも、

とてもいかめしい顔をしたメキシコ人の社長が
スペイン語の出来ないわたしの上司のために、

パーティ会場で、盛り上がっているジョークを
必死に英語で説明してあげてる様子が
めちゃくちゃ笑えた。

だって、いつも怖い冷静な社長が、
必死になって説明しているの、

もう身振り手振り入るから、
滑稽ったらありゃしない。
あれは可笑しかったああああ~~


うちの親戚も勿論、このジョークが大好き。

なので、必ず親戚が集まると最後はこれが始まる。

必ず、ジョークのしゃべりの上手いヒトってえのがいて、
この人に、みんなせがむの。

あの話、してええ!って。

せがむ人は当然オチを知ってるけど、

とにかく笑いたいから、
必死になってオチまで我慢して、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

最後は、どっ~~と笑う。

いつものパターン、でも鉄板でございます。

ちなみに、メキシコでは、こういう笑い小話を

chiste チステ と言います。

へたれのブタ ブヒッ!

2013 - 10/18 [Fri] - 08:49


世の中には『ヘタレわんこ』などという言葉があったり、

まあ、いわゆる言葉通りのヘタレな犬ってことでもあ~り、

ただ、BL本なんか読んでると、

大型犬タイプの男子=わんこ
尚且つ、へたれなやあつ を総称してヘタレわんこなどと表現したり

わたしはこの大型犬タイプのわんこ尚且つへたれ キャラが好きだったり、、

まあそれは置いといて、
って今日はBLワールドの話ではなくて、


わたしっていうやあつを
客観的にみると、

まさにヘタレすぎるのですよ。

歩け歩け友の会発足、早、数週間、

雨があり、台風があり、怠惰な日あり、
ってことで、まあ、多くて週3回、、

とりあえず、
1日、1万5000歩を目指して歩いて参りましたが、、

ここ2日、朝起きて、


あああああ、さむっ~

自慢じゃないが、(自慢でもなんでもないしっ?!)

わたしの体内を飾るこの素晴らしき脂肪たち、
実はめちゃくちゃ寒さに弱いヤツラなのだ!

って、だてじゃん!その脂肪、単なるダテじゃん

おっしゃるとおりっ!その通り!(故児玉清さんに敬意を表してアタッ● チャア~~ンス!!)


だから、寒くて、ああああ、外行きたくねえ歩きたくねえ、、と
現在、家の中で丸まっているブタでございます。

これから寒くなる昨今、
じゃあ、歩け歩け友の会、しばしの休止なんですかい??

さみいんだよっ!

今日の一言:だってしょうがないじゃない、へたれなんだもの。

お笑いを一席

2013 - 10/19 [Sat] - 18:53

え~、なんと申しましょうか、

前回、メキシコ笑い小話的なのをチステと申しましたがね、だんな、

その中でわたしが一番笑った小話が、
話の内容よりも、

その話を訳してくれた人に
大笑いをしたわけでありやすね。(それも書いたし)

で、本日はその小話を再現してみようと思ったわけでございやす。

ぺぺというのは、もともとホセという愛称なんです。

なので、大概、ホセは、
みんなからぺぺと呼ばれます。(例外なくね)

そしてスペイン語の特筆することは、

かわいい、ちいさいものラブリ~
にも愛称をつけて呼ぶんです。

それは、語尾に『イート』をつけるんです。

例えば、、、

ノパールの小さくてかわいいやあつ
(わたしかい?わたしのことかい?ボカッ!

ノパリート となるわけです。

それで、落語でいうところの八っつぁんつうのが
メヒコのぺぺということでしたが、

この小話に出てくる愛すべきぺぺは、

やはり、ぺピートなどという愛称で呼ばれています。
それを踏まえて、

ノパール、大笑いした劇場から


さてさて、始まり始まり~~~


ある会社のパーティの席でした。
わたしは日本人上司のお供でついていったのですが、

そこの社長が、わたしの上司にとても親切で、
スペイン語が出来ないわたしの上司を不憫に思ってか、

随時英語で訳してくれていたのです。

わたしは通訳で連れて行かれたのに
結局出番なし、

ならば、食うしかなかろう、などと思い、

どんどん、メキシコ人が集まる中へと入っていった。

すると一際盛り上がってる集団がいる。
ふと耳をすませば、あなた、例のchisteチステが始まってやがる。

ほー、聞いてやろうじゃないかい。

そうこうするうちに、この集団が
結局パーティの中心になり始め、

気がつけば、出席者全員 このチステに耳を傾けている。


そこでその集団のホープが話し始めました。



ある学校で、先生が社会授業の一貫で、
何か子供達に面白く興味を持ってもらえることは
出来ないだろうかと、考えた。

そこで、生徒達にこういうわけでさあ。

さて良い週末を!と言う前に、
皆さん、どうか、この週末、家の中をよく観察してみてください。

そして、おやああ?もしかしたら、これって、
他の家にないんじゃないのかなああ?

というようなものを探してください。

あるいは、皆さんが興味を持った品物でもいいです。

そしてそれを来週の月曜日に持ってきて発表をしてもらいます。

『はああああい!』

そうやって、子供達は、家の中をじっと観察するってわけだ。
これは、変わった品物だろうか?
おや、これはいったいなんだろう?とか、
そうやって、何かに興味を持ち始める。


さてはて、月曜日が来るわけです。

1

みんな一斉に手を上げて
先生に見せたがるわけです。

2

なるほどこいつは、なかなかないシロモンだ。
みんな興味シンシンなわけです。

ならば、我も我もと手を上げて
次から次へと見せるわけで、、

3


そこで一際大きな声があがった。

おや?先生はおどろくわけでさあ。
算数なんぞの時間のときは
いつもハナクソなんぞをほじってるぺぺだっつうのに、

今日は威勢がいいわけで、、

4

するってえとどうでしょう?

黒く光るテカテカのものを出してきた。

5


なにやら重そうで、ミニタンクのような形で、

確かに時計らしきものもついている、、
するってええと、ペピートはなにやら出しやがる

6

透明のながあああああいストローのような
まあ、いわゆる管ってえんですかい?

そして、もうひとつ大切なものを
後からだしやがる、、、
7

それは、よく病院で見かける
鼻に入れる管のような、、

えええええええ、
先生がまっさおだ。

その頃ペピートの家では、


8


ギャハハハハハハっ!!!∵ゞ(≧ε≦o)ぶ!
(;゚;ж;゚; )ブッ 。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !! o_ _)ノ彡☆ ...

パーティ会場笑いの渦、

そのときわたしは、ハッとなった。
だって、上司一人おいてきちゃって
この笑いの中、
何が何だかわからなくてかわいそう!
孤独だああ、

と思い、振り返れば、

例の社長が通訳してくれていたんですが、

英語の通訳なので、時差が出ており、
今まさに、オチを訳そうとせんと欲す、てなもんで、


社長は、

自分の首をしめ、実に苦しそうに、
息も絶え絶え、

英語で、

『オキシジ~~~~ン oxygen~~』

と、もう片方の手を伸ばし、
丁度ペピートのおじいさんの真似をしていた。

え?ちょっと待って、あのカタブツの社長がああ??

(;゚;ж;゚; )ブッ

そう思ったら、

わたしは超おかしくなってしまった。

ということでわたしも時差で、
大笑いしたのでございます。


メキシコ人も色々苦労が絶えませんが、
それでもクヨクヨしても仕方がない

という精神が、わたしのココロの底をゆすぶっているのです。

だから、ビバ、メヒコ!メキシコ万歳!

と唱えてしまうノパールなのです。

やっぱショックなんだよ。

2013 - 10/21 [Mon] - 14:42

朝鏡を見た。
ふうん

え?

そして2度見っ!

きゃあああああああっ


げげげっ



ええええええええ??

なんじゃこりゃあああああっ??!!


黒点ふたつ、、、な、なんじゃこりゃあああああっ


顔に、汚点があああ、

し、シミ、ひいええええええええ




大ショック!

終わった、何もかも、終わった、、はああああ、

かなり大きなのが右頬に、
そしてシミのやろうは
キリスト教の教えをちゃんとお守りになっているがごとく

ミギのホッペにアレバああ 左のホオニモオオオ

と言わんばかりに、対で、
まあ、左はオシルシ程度ではあるが、、、

がん、ガガン

おそらく思い当たる。
アレだ、きっとアレだ!

おととい、オリーブオイルとアンチョビを炒め、
一人こっそりパスタを作った。

そのときだ。うん。そのときだな。

油がパッチン、パチパチ と島木譲●さんのように跳ねた!
そうはねた。

あっちいいいいっってんで
顔にもかかった、、、ような気がする。うん。
今となっては定かではない。

現場では、パスタを食べたいがために
必死に油いためと戦っていて、

多少油がはねたからといってその場で
いきなり鏡に見に行くほど、

わたしは女優!   ではないのだ。

まああ、いいか、、とも思うが、、、

これから年を取るシニアとしては、
段々ウスギタンクなっちまうんだろうから
(今だって、おくさまああ、
薄汚いんですから、
マスマスなっちゃったら目もあてられませんって。)


せめてシミくらいは回避しといたほうがああ、って思うんだけど、、

まあ、しょうがない。

あとでクリームを塗っておこう。
気休めとしても、、まあ塗っておこう。

今日の一言:やっぱり一人こっそりパスタは美味かった。ほほほ

本当に家庭で作ってるんだろうか?

2013 - 10/22 [Tue] - 02:08

いよいよハロウィンが来週31日に迫ってきてますが、

だからなんだって?ダンナ、そうおっしゃる?

いやね、わたしはね、
あのデカイカボチャで作るジャックオーランタンが
よく庭の先々で飾ってあるのを見ると、

ここの家は作ってたんだろうか?
はたまた、既製品カボチャなのかしらん?

また作り方の理論は
何となく頭の中で思い浮かべますけど、

果たして、あんなふうに上手く作れるモンなんでスカイ?


つうことでウィキの女、ネット徘徊中。
見つけました。

もしお作りになりたければ、どうぞこちらから。(誰がっ?!)

カービングと呼ばれる作業も面倒臭そうだけど、

カボチャの中を照らすライトも面倒くさそうだ。

あれって、懐中電灯とかいれといちゃだめなんでしょうかねえ?

まあ、なんとなく懐中電灯だと一点集中光攻撃で、
暗い、ものすご~く暗いランタンになっちゃうかも。

そういえば、かわいかったのが、

どっかのイメージ画像で、
どなたさまかが、
スイカでランタン作ってたけど

あれは実に可愛かった。

目とか口とかの穴からスイカの肉の赤が目立ち、
とってもかわいらしかった~

credited by Yahoo!shine via Yahoo!usa
ジャックOランタンの作り方

歩け歩け友の会レポ!

2013 - 10/23 [Wed] - 17:53

歩いてるとさあ、

こんなところにお店がっ?とか
きゃあああ、かわいい店だよね?

みたいな発見の多い、
歩け歩け友の会
勝手に一人活動の会長、ノパールです。



あるいてて、マジおどろくのが、

えっ?こ、こういう店って?だ、誰が入るの?
だ、誰が買うのおおお?

みたいな、SMのお店がひっそりととか

コスプレかい?みたいな、お店とか、

ボンテージってアンタ、的な、、ものを横目に

歩け歩けのペースが落ちるわけです。

きゃあ、あれが最新のボンテージかしらん?

夜になると、ゾロゾロそれ系の人が入っていくのだろうか?
ちょっとみて見たい~

とかいいつつ、

ある夜、オットーがこっそり入っていたら、、
きゃあああああああ、=====

だいたいさああ、
人間、いつ、何にめざめるかわかんないもんねえ。

このわたしだって、この年で(えっ?)
よもやBLワールドに足をいれるなんざああ、

お釈迦様でもってやあつ、ですよ。

なので、オットーがいつ、何にめざめるかなんつうのは、

おーnobody knows!


買うのかい?

今日の一言:小さな秋ならぬ、小さな店、秘密の店、みいつけたっ!

さらば!わたしの片腕よ!

2013 - 10/24 [Thu] - 12:05

ヒョウショウジョーっ!

アナタはいつでも力強く、ワタシを支えてくれました!
使ってすぐでも、マックス力発進!であり、

なおかつ、長時間にわたるときは、

それなりの力をだし、

わたしとオットーの為に頑張りました。

使いすぎたのか、わたしの統率力不足故、
昨今では、かなり酷使する羽目になり、

中がボロボロに焼きただれ、
外側にも、天敵ドロドロ野郎に攻撃されております。

よって、ここにアナタの長年の功労を称え
感謝いたします。

あーざああああっす!

追記:最近の若手の活力に、わたしの気持ちが動き、
慈悲深い(??)オットーの制止をふりきって、
(いや、単に出費を避けたね、アンタ!)

わたしの暴走により、浮気してごめんよおおおおお、

あああ、どうか、ガスコンロ 安らかにいい~~
ごめんよおお、新機種の誘惑に勝てないんだよおおお。
料理もしなくせにっ!ってふんだ!

R.I.P

一見綺麗なのにいいい。

ううん、もうごてごて油がベトベトなの。

一見綺麗じゃん

その上、わたしはよく鍋をふきこぼす。
その度に中を掃除するんだけど、
結局水滴とかって、ガス台の奥へと落ちていくんだよ。
また、中の鉄皿がもう焼け焦げて使い物ナラン!

ああ、焼けちゃってる、、


つうことで、
今日、わたしたちは、ぼくたちは、
あなたから卒業しまああああす!!

長い間ありがとおお!ほほほ。

赤ちゃんもびっくり!

2013 - 10/25 [Fri] - 07:49


今朝も、本場アメリカのハロウィンの衣装から。

いやあ、さすがアメリカ!

こんなん、ママ着てたら、
ポップすぎて



赤ちゃん、ポ~ン!って出てきそう。

で、出る!Σ(゚◇゚;) ゲッゲッ

でも子供だけじゃないハロウィンナイト、
いいねえ!(←いいねボタンじゃねえじゃねえかっ!!)

マタニティハロインコスプレ
(credited by Yahoo!shine via Yahoo!usa)

人は見かけによらぬもの。

2013 - 10/25 [Fri] - 15:05

前の前の記事で、

こんなところにあらお店?
そしてボンテージ~
どんなヒトが買うのおお?

みたいなこと書いたけど、

実は、昔、OLを辞めた直後、
アルバイトで、輸入下着屋さんで
働いていたことがあります。

そこは個人経営で、
おっとりしてそうなんだけど、
超太っ腹な、女社長さんが
自分の眼で見て、触り、つけ心地を試して、

品物を置いていく自慢の下着ばかり。

勿論ボンテージはございませんでしたが、

本当に、信じられないくらいの
美しいレースをふんだんに使った、
着心地の良い、ブラとか、
ショーツとか、

刺繍がとっても綺麗だったり、
シルクのかわいらしいデザインショーツとか、

本当に小さな二階建てのお店で
でも中に入れば、
あふれんばかりの信じられないくらいの品揃え。

これもまた夢の国~に誘う感じですね。

わたしが色々仕事してきた中では、

この下着屋さんでの労働は、

労働というよりも、夢見る素敵なヒトトキ

そんな感じでございました。

なんていっても、昔からの高級住宅地、
(成金さんではなく、
もうむかあああし、からそこに住んでらっしゃる奥様がたばかり)

その閑静な高級住宅街の入り口に、ポツンと、
この下着屋さんがありました。

売ってるものは、やはりハンパなくお高いのです。

すぐに万札が飛んでいく~~

なので、お得意様は皆様、
顔見知りのお金持ちの方々。

本当のお金持ちさんの奥様って意外とおっとりなさってる。

わたしなんぞ、何回お釣間違えたことかああ、
でもその度に、笑って、許してくださった。

『あら~やだ~、わたしも気がつかなかったわ~』

『あら、得した気分!』

とか言ってくださる。
ありがたや、ありがたやああでございます。

やはり高い下着を買っていく、
綺麗で美しいものを身につけたい、、

そういう方々って意外と
着てらっしゃるものは
仕立ての良いものは着てらしたけど
デザインはどちらかというと地味、、

いたってシンプル、

けれど下着はセクシー系やら
かわいいヒラヒラレースやら、
人は本当に見かけによりません。はい。

そんな奥方様が、
新作が出たからと、顔を出して、

買っていってくださる。
幸せそうなそのお顔は、
みなさん、夢見る少女のようでした。

教授の奥方様もいらっしゃいました。
ご主人の趣味だからといって、
いつもとてもセクシーな上下を買われる。

フライトアテンダンス、スッチーのお姉さんもいたっけ。
彼女のバディ~、もう完璧でした。

輸入下着つうのは、デザインも豪華で贅沢なんだけど、
グラマラスな方がつけたほうが、
そのデザインもより美しく際立つのでございます。

そのスッチーはお上品で、綺麗で、ナイスバディ!!!

でもちっとも嫌らしくないの、媚びてないつうのか
すごく清楚で、気だてもよろしいお姉さまでした。
お育ちがいいのね。

でもゲセワなわたくしは、
こういう清楚な女性が

こおおおんなランジェリーで

と想像しちゃうと、、

ブヒブヒ、男性たちを言わせてんだろうなあと
ちょびっとだけヨコシマな思いを胸に、
わたしはいつも試着を手伝っておりました。


あるお昼過ぎ、、


社長はちょいとお昼へっていうんで
店番はわたし一人でした。

カランカラン

いきなり扉が開くや否や

でかい
、ガタイのいい男性が
入ってきて、

小さな店が急に益々小さく感じる。

わたしがバイトして
初めての男性のお客さまです。

よく、社長からは、
ホワイトデー近くになると、
女性にお返しなさる男性客も
稀にいらっしゃるとか、

またお誕生日とかのプレゼントを
送られることもあるとか、、

そんな話は聞いてたけど、

め、目の前の男性は

わたしの

『いらっしゃいませええ~』

という言葉に目もくれないように、

ショーツがひしめきあってる
棚へ行き、

次から次へ物色

あろうことか、

商品をあやとり状態で、
大きさを確かめるすごさ。

あやとりする??

わたしは、初めてのことで目が点、

そのかたはどんどん、物色し、

どんどん、どんどん

あやとりでサイズを確かめる。

そして挙句に、

『もっと大きいのあるかな?』

とのたまった。

『あ、は、はい、、、』

その頃のわたしはまだまだ青い蕾、
経験値がまったくたりません。

シドロモドロで汗かきつつ、

あああ、神は見すてなかったああ!!


『ただいまあ』

社長が昼から帰ってきたのです。
店に入るや否や、
少しばかり緊張モード漂う雰囲気に
社長も何かを感じ取ったように、

すぐにその男性に、

『何かお探しですか?』

声がかかった瞬間、

その男性は、逃げるように、スススッと帰っていった。


あああ、こ、怖かったよおおお~

わたしは社長に泣きついた。
もし、万引きとか、なんかだったらどうしよおお

だけど、結局その男性は、普通に(?)
ショーツの大きさを確かめただけで、
ただのお客さんだと判明したが、、


何だったんだろう??


彼の恋人が、超メガおデブで、
既成のショーツじゃ入らない?

だから、彼が、

『よし、俺がヨシコのために
世界一ステキなショーツ探して来てやる!』

『無理だあ、オラの体にあうパンツなんぞ
所詮は、フクス●印しかねえんだ。
無理だ、道夫さん、無理しねえでくんろっ』

何故か、道夫さんの彼女は
国民的主人公、おし● みたいな口ぶり、(オイッ!?)

わたしの妄想とはヨソに、


その翌日の夕方です。

閉店間際です。
わたし一人で留守番でした。

カランカラン

ゲッ!

わたしの立ちはだかる大きな影、、、

あなたはもしや??

その方は迷うことなく
ショーツの棚へ直行し、

昨日アヤトリしてサイズを測った
ショーツを二枚むんずと掴みとり、
お買い上げくださったのでございます。

『ま、毎度、ありがとうございます~

はああああ、疲れたよおおお、=3

後から思うに、

あの方は、オカマさんとかではなく、
いわゆる女装趣味の嗜好の方だと
わたくしは確信しております。


今日の一言:嗜好は十人十色、この世には色々なコトが満ち溢れておりますです。

あ~~ 夢見心地~~

2013 - 10/26 [Sat] - 20:59

今日は、

榎田尤利先生のサイン会でした!

ノパール坊主台風退散っ!

の願いあったのか、
サイン会は中止にならず、
雨もすっかりやみ、よかったよおおお!


ということでレポでございます。ドキドキ

とにかくこの大年増まで、サイン会なんて自慢じゃないが
一度も行ったこともないノパール!

その上、超方向音痴のノパールに、オタクの聖地、
池袋アニメイト本店など行けるわけもなく、

頼むよ、オットー


というわけで、オットーにナビされつうつ、
行って参りました!!!!


どうやら、若者ばっかりに
ポツポツ、マイナーなオバサン(ノパール含む)
及び男性チラホラ、、、、

若者は待つことになれてんだねええええ。
おばさんはセッカチで困る!!!!
会場時間から、ほとんど約40分以上待たされても、
何も文句も出ず!
おばさん、もう先生に会う前に疲れちまったよ~~


そしてやっと、


それでは入場開始でえええす!

の声にテンションあがりまくり~~


サイン会なんてさあ
テレビのAK●のドキュメンタリーしか知らないわたし。

だから、いきなり、ブースが設けられて、
そこに著名人がいらっさる、みたいな、、、


ところが、榎田先生サイン会は違いました。
いきなり席が設けられていたのでございます。
年寄りにはありがたや~ ありがたや~~~


決まってる席に座る。
ババアはとにかく落ち着きがないわあけ。

キョロキョロ挙動不審だよ。

きゃあああ、花などが飾られ、
どうやら同業者のBL作家さんからの
花が贈られていたああああ!!!!

なんとなく、席につくとテンションあがりまくり

そしておじちゃんのようなおばちゃんは、
早速隣に座ったカワイイ女の子に
ターゲットを絞り話しかける。

彼女も榎田先生のサイン会は初めてらしく、
もう、過去吸寸前、卒倒寸前、涙目だよおおお。
カワイイ彼女と、ちょとしたBL情報をげっとしているうちに、


アナウンス~~

では、いよいよ榎田尤利先生の登場でございまああああす!!



ぎょへええええええ!!

ギイイイイイなどと音はしないが、扉があく!


えええええええええええ??!!



超超超超綺麗!!!!!



先生、なああん、超かっこいいんですけどおおおお??


わたしの想像とは違うのでありました。
昔モデルで一斉を風靡してましたあああ!
という感じで、背も、お高かったのでございまああす。

そんな先生を前にしてわたしは、もうハイテンション。
このババアがハイテンションならば、

お隣の可愛い彼女、涙目、過呼吸激!
思わず、背中をトントン叩いてさしあげました。


先生のご挨拶は、

ファンのわたしたちへの感謝の言葉と、(アリガタヤ~)
そして嬉しいお言葉は、

『100冊出しても、終わった感がしないので、
これからも書き続けて行きます!』 

という力強いお言葉をいただき
満場一致の大拍手の渦でございました。


サイン会開催でございます。
5人ずつ、サインの為に並びます。


先生ったら、ファンの一人ひとりと
懇切丁寧・真心第一・一生懸命・全身全霊
臨んでくださってます。


そして、とても人柄が純真なのがわかります。
だって、ファンが感激して泣くと、
一緒にもらい泣きなさってます。

なんて人だっ!!


きゃああああああああ

わたしの隣の彼女が先生の前に行きました!
わたしの順番はつ、次でえええす!

可愛い彼女は、先生の前で泣いていました。


そ、そ、そして、わ、あたしの番ダッチューノッ!!!



開口一番、


『わたし本日のTOP3にはいる、
老体でございます!!』


そう申し上げましたんですの。
そうしたら、先生、大人、超、大人っ!!!!

『大丈夫ですよ~~』


なんていう、大人の優しい嘘をおっしゃって下さいました。


『先生、超綺麗すぎて、信じられません!イメージと違いました。』

と申しますと、

『えっ?どんなイメージ?』

と問われ、わたくし、正直に答えます。

『作家さんは不規則っぽい感じなので、
体が、ナンザマショ、こう、柔らかな、
ぷく~って感じですかね?』

と申しました。すると、

『うちは、猫がいるので、5時に起こされ、
とても意外に規則正しいんですよ。』

とおっしゃられ、もうわたしは夢見心地でございます。
そういえば、愛猫家先生のサインはネコちゃんを書いて下さってます。

編集の方におうかがいをたてたら、
サインはブログNGということだったので、
残念ながらのっけられませんでした。

あっというまのサイン会、


夢見心地のまま、酔っ払い、超よい気分~

なんて日だっ!
ハッピーすぎるぜえええ!!

あああ、そういえば先生自らお作りになられた、
ワイン、買いたんですけどおおお!!!


シャイ文庫大洋図書出版者様、
どうかネットで売り出してくんなましいいいいいい~~~



こうしてわたしの儚い夢が終っていったのでございます。


先生これからもついてきまああああす!!



楽チン~~

2013 - 10/28 [Mon] - 01:46

もう思い切って本日美容院へ、
ついでに天気もよかったので、

歩け歩け友の会としては、
歩いて美容院へええ。

わたしの美容院は大学のときから
ずっと同じヒトにやってもらってるので、

美容院は実家のソバなんです。

結婚したら新しいとこ開拓してもよかったんだけど、

とにかく、担当が(すでに2店舗を持つオーナさん)
完全な同級生って感じで、気心も知れてるので、
変える気がサラサラないのであります。

とまあ、ツーカー的な関係で、
わたしの好みも知ってる。vvv

そしてわたしの気まぐれも知っている。

チョイチョイヘアースタイルは変えたりするが、
そうだよ、去年の今頃はメドゥーサの女っ!だったっけ、、

今わたしのお気に入りは、

女芸人さん、森三●の、オオシ●さんか、
はたま、バナナマ●のヒム●さん、か、もしくは蛍ちゃ●!!

あれは実にいい。
ちょっと艶のない髪でもサラサラ~~~だし、
お手入れも超楽チン!!!

前回、美容院にカット行ったときから、
このヘアスタイルにして、

今回も、

『もうイッチョ!』

と、わたしが言う前に、担当さん、

『どうせ、アレでしょ?』

おやまあ、さすがに旧友だよ、アンタ
よくわかってるね、ってなもんです。


あっというまに切ってくれて、

出来上がり~~~

天使のわ~


『おっ!カワイイ、丸いお顔が益々まん丸に!』

鏡を見ながら担当さん、言う言う。

オイッ!それ褒めてねえからっ!!

そうなの、完全に悪友的な担当さんなので、
いつも互いにイジメ合う仲なのであります。

まあ、なんともサラサラ気分で気持ちがいい!

担当さんは、わたしの髪質を実に良く知っているので、
まず、失敗がないのです。

飽きっぽいわたしは、とにかくイメチェンを
といいつつ、スタイルブックを見て、
こんな感じ~~ でもここはあんな感じ~~

無謀にも可愛いモデルさんたちのヘアカット集を指差し、
ワクワクしていても、

『よっしゃ!』

といいつつ、それなりに仕上げてくれる!

過去に数回、わたしの無謀すぎるチャレンジに、

さすがに、NGがでて、

んにゃ、それにすると、こうなるよ?

具体的な出来上がり図を言われ、
悲惨な絵が浮かび、断念することはあったが、

まあ確かにアレはわたしには似合わなかったのだが、、、

まあ、それはおいといて、
こういう美容師さんがいると超助かる。

ただし、同じ年なので、

コッチがヨイヨイになったら、
向こうもヨイヨイだし、ハサミ震えてたら怖いよ。


今日の一言;お互い色々あったよね、と、まるで戦友のようだよ。(例えが古いだろおおお~)
つうか、こういう言葉のチョイスも、分かり合えるんだよ、同・級・生!

うえええええ

2013 - 10/29 [Tue] - 07:41


久しぶりに記憶がもやああっとなるくらい、
飲んだのか、、、

昨日のことが、断片的で、、、


ぎゃあああああああ、、、、


こういうときにさ、
朝起きて、

『だ、誰?あなた?』

かっこいいイケメン君が隣に寝てたり、
のちの御曹司、、(ロマンス導入部)

あるいは、

『きゃあああああ、、、』

と悲鳴をあげ、血のスプラッタに卒倒!
(ミステリー導入部)

とか、

『朝起きて、あれ?お尻が痛い!』(オイッ!)
(BL導入部、オイッ??!!)


つうか、
朝起きても、そこに
見慣れた顔、オットーしかいなかったよ、、、ふんだ!


断片的な記憶をかき集めて、
よくぞ無事に帰って来たもんだ~

『ね、ねえ、
どうやって昨日帰って来たんだっけ?』

昨夜の同行者、オットーに聞いてみた。


『。。。。。。』


しばし無言のオットー、、
ああ、ごめんよ、、呆れてる??

オットーが無言のあと口を開く。

『んにゃ、覚えてない、、』


って、オットー、お前もかああああっ!!??

今日の一言:まあ、いいっかあ、楽しかったから。

そう、楽しい記憶だけは残ってるのだああああ。

復活~

2013 - 10/31 [Thu] - 17:22


昨日は久しぶりに熱が出た。

原因は、風邪か?
知恵熱か?
やる気満々熱か??

これについては次回の記事に書くとして、

とりあえず、
昨日はボーっとすごし、

珍しく、自分のサイトは一切に触らず、

お気に入りサイトさまに、
ねっとサーフィンをチョロリとしたあと、

テレビと、録画と、本で、
1日を過ごしたの何て、何年ぶり??


まじに、PCに座ってる率が少なかった。


つうことで、よくわからない熱で、
とりあえず、風邪薬を一回飲んだら、

すっかりアゲアゲ


今日は大親友との恒例のおしゃべり、

もうすっかり本調子~~~~~

ああああ、今夜から、
小説のストックも進めて行かないと、、、、
やばそうだよおおおおおお。


今日の一言:本日絶好調で、1万8千歩~ 復活~~

 | HOME |  »

ランキングに参加しています。

プロフィール

ノパール

Author:ノパール
パトロン付きの毎日を満喫している自由人でございます。これ、きちんと訳しますと、勝手気ままに生きている専業主婦でございます。
年齢言いたがらない?これってかなり年だと思われます。でも心はいつでも年齢5チャイ!おいっ!

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
321位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

wow