FC2ブログ
2020 / 06
≪ 2020 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2020 / 07 ≫

去勢手術後、メモ。

  • 2017/01/26(木) 11:10:00


さて忘れぬうちにメモ書きカキカキφ(.. )




長いブログです故、
興味ないかたはスルーしてください。
ご興味あったとしても、たいしてお役にたてないかも{汗









手術後2日目


朝ごはん後、

オットーの叫び声~



『すごいよおおおお~』



なんと、手術後の初んこ、
これが宿便でもだしたのか?というくらいの

それはそれは大きくてつやつやの
すんばらしいもので、


で、でも、
ビション一匹としては、
この大きさ、すごくね?


ってくらい長あああああくて
量も多く、尚且つ良便なのでありまして、
それを見たオットーの歓喜の悲鳴なのでございました。

食欲もあるけれど、終日眠たそう。
本日は大事をとって散歩なし。

傷口には動物用サージカルテープが貼られているんだけど、
そこから、古くなった血が一筋二筋とついている。

うん、これは、ノパールが手術したときにもあった
縫合した際の出血ですね。

この傷口から、新たなる出血が出なければ、
オケオケなので、これも要観察です。

薬も美味しくいただいているようで、
痛みも化膿もなし。


この日のミスタービーシー
なんとなく哀愁ある瞳~
afterOpe1stday.jpg

シッポが何故かチョンマゲのようになっております。




手術後3日目

朝ごはん完食後、

朝も、オットーの歓喜の声~

全部言うなかれ、前日同様、
おつうじ事情、
verygoodstamp.jpg
天気が少し小雨がぱらつき
道路が濡れている様子だったので、
散歩は大事をとっていきませんでした。

どうもミスタービーシー
終日デレデレ寝ているようです。
すっかりぐうたら生活ですか?
覇気がなくも見えます。
痛み止め、化膿止めの薬の余波ですかね?

サージカルテープも新たな出血なし。
ソフトエリカラを外しても
あまり患部を舐めることもなく、
ソファーで眠る。

夕飯は、食欲ありあり~でございます。




手術後4日目&5日目

朝ごはんあと、
手術後初のお外にでました。
ソフトエリカラ、長方形タイプをつけさせます。

広い場所で、んこ でもいかかざましょう?

ってな感じですかね、
早速、ミスタービーシー
いきなり、んこスタイルです。
BCbaniopose2.jpg



ひええええええ~

ノパールもびっくりです。
噂では聞いてましたけど、{オットーの悲鳴から
これほどご立派なものを排泄なさるとはああああ~

いやああ、ながああああああああく良きもの、
良便ですが、いかんせん量がびっくりです。

まあ、快便ですから

verygoodstamp.jpg


驚くことに、マーキングをしません。
ただ、久しぶりのお外だから、
くんくんくんと土の臭いを嗅ぐのに必死です。

本意気のオシッコを先ほど家でしましたので、
この日は外でオシッコなし。
トイレをすませたので、数分、家の周りを歩いて、
本日お散歩終了~~

翌日、
前日よりも長めのお散歩、15分。

ただ、リードの感触に違和感があります。
なんか、フラフラよそ見をしてるかと思うと、
急に足取りが遅くなったりと、

なんとなああく、いつもの感触と違います。

便は前日と同様の良便大量節でございました。




手術後5日目


本日は北本先生のとこに
術後の経過を見せに行く日です。
今日の結果次第で抜糸日が決まります。

はい!


相変わらず先生の手をナメナメしているビーシー。
先生も苦笑い。
先生は傷口に貼ってあるテープをみて
新たな出血もなさそうだし、
また、きちんとテープが剥がれずにちゃんとしてあるため
傷口の経過も良好、『大丈夫!』と判断され、

抜糸日が決定~vvv


少し気になっていたことを先生に言ってみます。


『快便だし、食欲もあるんですけど、
何か覇気がない気がするんですけど…』


すると名医はズバリ!こう、おっさった~


『多分ね、テープのせいですよ。
動いたりすると結構引っ張られたりしますから。』


傷口に張ったテープがミスタービーシーにとっては
違和感らしいのでございます。

なるほど~と思いました。

『テープを取ったら、また活発になりますよ。』

そうおっしゃっても下さり、
そんなもんかしら?と思って自宅に戻りました。





手術後6日~9日(抜糸)

あまり舐める様子も見せないので
エリカラを付ける機会がぐんと減りまして、

尚且つ、抜糸日も決まり安心したので、
BCの傷口テープも観察する機会も減りました。


ミスタービーシーは判で押したように、
先生に、『大丈夫』と言われてから、
安心してタガが外れたかのように、


まさに病院後、活動が活発になります。

前となんら変わりない、

いえ、何かにつけてクンクンと臭いを嗅いで
拾い食いをしようとする悪しき癖を新たに引っ提げて

ますます全開のオトコなのです。


ああ~よかった~

と思うと同時に、なんとなく不思議に思い、
久しぶりにビーシーの傷口を見てみようと思い、


よっこらせ~とミスタービーシーの足をあげれば、



ななななんと、

サージカルテープが剥がれて、
傷口丸出しで、
ただテープは成すすべもなく、
ただただ、後ろの粘着部分だけを頼りに
BCにぶら下がっておりまして…



愕然 orz



なあるほど~
テープが剥がれかかって
動きやすくなったんだね~
北本先生の言ったことは正しかった!

さすが名医!






いや、ちがあああう!
今はそんなことで感心してる場合ではない!
と、あわてて、人間用のソフトタイプの
サージカルテープで、補助する意味で
剥がれそうなテープの上に装着。


でも毛にあんまりくっついてもいけないと思い、
あまりきっちりつけられなかったので、
結局、補助のためのテープの
なんか無用の長物のようで役にたってないようです。


おかげ様で、傷口自体は
それほど舐めてなかったようなので、
傷の回復も良好のようですから、
抜糸日の延長はなさそうです。



ともあれ、活発さが戻ってきて、

ノパールの言うことも聞かないいつものビーシーで

ノパールの怒号も戻ってきました。





そして、なんの問題もなく抜糸日を迎えますvv





『テープね、剥がすときイタイと思いますよ。』


北本先生がおっさいました。

ノパールもなんとなく、わかってました。

スネ毛に張った湿布薬を剥がすような感じでしょ?

{あらやだ、おくさまあ、ノパールはすね毛はないざますよ、ほほほ





『さあ、とりますよ』


と先生の声とともに、


きゃひいいいん~ Uo;ェ;oU


ミスタービーシーの泣きが入ります。
北本先生は優しく、ミスタービーシーを撫でながら、
優しく剥がされたようで、

結局、泣きは2回ほどで無事剥がれました~vv


そして抜糸!パチパチパチ (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ





これで、正真正銘のタマナシオトコの完成でございます。








BCafterOpeopinion.jpg 





余談ですが、

あんなにすごおおおい大量の便ですが、
何故か、いつのまにか、普通便に戻りました。

なんでしょうか?
薬ですかね?
手術によるホルモンバランスの崩れ?

まあ、いずれにしても普通の快便なのでございます。

  • | Edit
  • 去勢のその後のその後~

    • 2017/03/29(水) 10:17:00


    ずっと記録したかったのですが、

    なんやかやとデレデレしておりまして

    今日となってしまいました。



    1月初旬に去勢手術をしたオトコ~



    今日で、あともう少し丸3か月に足をかけるところ~



    さてさて、ミスタービーシーの変化です。







    まず、食欲が抑えられません。

    まあ、これは犬本来の本能ですから、

    その辺はノパールがキチンと管理していけば、

    肥満は抑えられる。

    己に甘くとも他人に厳しいノパール、
    これは難なくクリア~と思われます




    次に、マーキングしない問題。

    確かにマーキングはしませんが、

    とにかくお散歩出てからの

    クンクン症状が、ひどすぎる~のでございます。


    めちゃくちゃめちゃくちゃ嗅ぐくせに、
    何も起こらない!
    {前はオシッコちゃ~でクンクンは潔く諦めたのですが、


    今は、マーキングしない限りに、
    永遠に嗅ぎ続ける勢いです。

    そして、何を嗅いでるのか、
    何にそこまで情熱を注いでいるのか、
    今一つわからないノパールです。



    幼ながえり~

    興奮してヒトにマウンティングしたり、
    ヘコヘコしたりすることはなくなりましたが、

    なんかじゃれ方が執拗で幼い。
    甘噛み的な感じでじゃれたりします。




    まあ、この辺は想定内だから
    いいのですけれど、





    ちょっと想定外だったのは、

    感情の起伏の激しさです。



    とにかくビションブリッツが激しい!

    ノパールに遊ぼうと吠えまくる~

    そして散歩での
    いきなり走りだしたり、
    突然ガウガウ言い出したりとする感情の波~



    トリマーさんのところでは

    今まで、

    ”ヒトなつっこいビーシーちゃん~”


    だったのに、


    去勢後では、


    爪切りの際、
    生意気にも唸る~的なことをしたらしく、


    でもトリマーさん曰く、

    『歯をむき出してなくて
    喉で唸る感じだから、

    ”足先、触るのやめてくださいよ~”

    的な友好的な感じです~』



    と、言っていただいて、

    飼い主としてはトリマーさんに平謝りと
    同時に、感謝で頭を垂れる。


    そのとき、


    ちっちゃなころからミスタービーシーをトリミングしている
    ベテラン担当トリマーさんが、こんなことをおっしゃりました。


    『ビーシーちゃん、
    何だか、感情が不安定ですね。』





    そう、そうなんです。


    まさにわたしが散歩するにあたり、思っていたことを

    ドンピシャリと言ってくださいました。


    そして、


    もしかしたら、

    『去勢して、
    ホルモンバランスが不安定なのかもしれませんね?』



    なんとなくこの言葉に、すと~んって

    喉につかえていた骨が取れたように

    すっきり~しました。




    ノパールも

    ホットフラッシュのお年頃
    その上、
    甲状腺、副腎と

    ホルモンに関係する病気などを

    軽いながらにも持病として持っているので、


    ホルモンバランス~


    よくわかるのです。


    意味もなく、

    やけにオットーにイライラすることあります!

    かなりあります!

    断然あります!
    {これはもしかしたら
    ホルモンバランスと関係ないイライラでは?
    ただただオットーに
    イライラするっ!!!だけ~



    ですからトリマーさんの言葉に、

    ミスタービーシーのイライラが

    手にとるようにわかってきたのです。





    すこしずつすこしずつ、

    ミスタービーシーの感情も安定してきているのは、

    家族のノパールとオットーがよくわかっているのですね。




    そうだよね。

    タマタマとっちゃったんだものね。


    感情もイライラすることあるよね~



    そう思うと、

    ますます、同志よ!と
    ミスタービーシーが
    身近に感じられたノパールでございます。







    BCtouch.jpg 



    いとうあさこさま~申し訳~
    パクって申し訳~~~m(__)m


  • | Edit
  • 去勢のその後のその後のその後の話

    • 2017/05/16(火) 09:38:00

    果して去勢したからなのか、



    最近のミスタービーシーは、

    家の中で、
    自らトイレに行く~というよりは、


    お腹がパンパンになっても、
    尿意をもよおさないのか?


    漏らすまで、トイレに行かない的な現象があります。


    ミスタービーシーは去勢前、
    外でも家でも、あまり関係なくトイレする仔でした。

    けれど、最近、家だとあまりトイレへの自覚がない様子。

    勿論、その前に散歩に行っちゃうので、

    そういう現象は、散歩行っちゃえば、
    家で漏らすことはないのですが…



    前に、こんなことがあったことを書きました。

    それ以来、よくよく見ていると、

    んこ に関しては、さすがにしたくなったら
    外でも家でも行く~ワンコなのですが、


    オシッコに関しては、

    家ではあまり尿意をもよおさない。
    いや、あまり行きたいと思わず、
    でも、生理現象ですから
    ちゃくちゃくと、オシッコタンクには尿がたまっていく~


    で、そのタンクの許容範囲が超えちゃって、
    まだ、お散歩行けてないと、

    気が付いたら、出ちゃう~
    ちゃああ~的な…





    chaaaa.jpg 





    なので、午前中に散歩行ければ問題ないのですが、

    色々あって午後に散歩がもつれ込むときは、

    こやつ、家で漏らすんじゃね?


    と気が気でありません。






    なので、最近ではオシッコ促し作戦をしています。



    まず、朝、オットーが出勤前にしなければ、

    わたしが起き出して、


    パピ―時代にやっていた 
    バーニョ!バーニョ!作戦を実行します。


    ノパールんちには 
    ミスタービーシー用バーニョ音頭といいますか、

    トイレ促し号令がございます。




    トレーナーのトモコさんのアドバイスや、

    また、ワンコ育成本など、
    仔犬のトイレのしつけで、


    『オシッコを促す合図を作って
    その号令にあわせてトイレをさせましょう~』


    ということでしたので、



    ノパールの家では、


    『バーニョ!バーニョ!』連呼
    {オットーがトイレ!という掛け声は
    外だと他人にばれちゃうから、
    バーニョ!(スペイン語でトイレ)に、しよう!
    と言って以来、バーニョ!お囃子ができました。



    なので、パピ―時代からずっとバーニョ音頭で
    やってきたのですが、


    途中、ミスタービーシーの成長過程で、


    この音頭をすると、
    何もせずトイレから出てきてしまうという

    ミスタービーシー反抗期時代に入り、

    彼の自主性に任せ、
    いつからか、
    バーニョ音頭は廃れていったのでございますが…







    ここにきてバーニョ音頭の復活!でございます。



    ということで、

    朝、

    ミスタービーシーがトイレに行く様子がないときは、


    バーニョ!音頭で促します。
    『バーニョ!バーニョ!バーニョ!それバーニョ!』

    また夜も、寝る前にも、このバーニョ!音頭で促します。


    パピ―時代の記憶はすごく、
    100発100中の確率で、
    オシッコに至っている今日この頃です。



    とにかく、ミスタービーシーのおシモ関係には、
    色々苦労しますよ~まったく~3

    食糞問題は、積極的にはしなくなりましたが、
    気が付かずに放置してあると、
    未だに、かじったりするので気が抜けません!




    けれど、こういったおシモ関連も、


    ミスタービーシーとつきあっていくと、

    いつ頃したくなるのかということが

    なんとなく読めてくるので、

    こちらも先回りして、トラブル防止という策で

    未然に防いでいるという現状でございます。








    BCpatientpi.jpg 








    パピ―返りしているコノオトコに
    励ましのポチリを~vv



    にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
    にほんブログ村

  • | Edit